この週末、釧路市内のとある場所にたくさんの人が集まりました。

ここです。
S_DSCF7509.jpg
といってもわからないですよね。

千代ノ浦マリンパークです。

9年ぶりに釧路にやってきた流氷が海岸を埋め尽くしていました。
S_DSCF7507.jpg

白糠の波に流される風景とはまたぜんぜん違った趣で、水に浮かぶ氷がきれいなブルーに見えました。
S_17757531_10207816748851431_299961560175392564_n.jpg

S_17776623_747220472118055_1340364209_o.jpg

岸に上がっている大きな氷は人が乗ってもびくともしない大きさで、たくさんの人が氷に乗って記念撮影をしていました。
S_dsc_1783a.jpg

まさに束の間の観光地です。
S_DSCF7511.jpg
ここまで大きな氷が埋め尽くしている景色は過去ほとんどなかったとか。

貴重な景色を楽しむことができました。

地元の警察の方が、氷に上がるのを制止するわけでもなく、見守り警備をしていたのもなんだかいいなぁと思いました。
(その後、立ち入り禁止になったようです)

2011年5月1日から白糠町地域おこし協力隊として、ほぼ6年務めてまいりましたが、このたびこの肩書きを離れることになりました。

が、4月からも立場を替えて白糠町でお世話になります。詳細は今後、ご報告させていただきます。

ということで、引き続き応援いただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

いつもはこんな風に漁船が浮かぶ恋問海岸の水平線
DSCF7020_20170324100839ab0.jpg

それが不思議な光景に・・・
DSCF7401_20170324100845e7c.jpg
ややっ!?

「9年ぶりに釧路に流氷が来ました」とニュースになった翌日、その流氷が恋問海岸に接岸したのです。

動画です。(最後に聞こえるのは真上を飛んでいたヘリの音です)



DSCF7407.jpg
大きな氷が波に揺られながらどんどんと近づいてくる。すごい迫力です。

白糠の町の方向の海岸線を見ると、砂浜に流氷が敷き詰められたようになっていました。
DSCF7438_2017032410124557a.jpg

DSCF7436_20170324100845e1f.jpg
分厚い流氷がたくさん

DSCF7444.jpg
青く見えるのもあります。

波の音も低く重々しいのですが、ずっと眺めていたい気分になりました。
DSCF7442.jpg

DSCF7432_20170324100846a27.jpg

昔は毎年のように接岸していたと聞きますが、これも温暖化の影響なのでしょうか。

とある午後、庶路学園の建設現場から役場に戻る途中、国道38号線沿いの刺牛海岸でオジロワシを見つけました。

オジロワシは時々見かけるのですが、今回はつがい。
DSCF7373.jpg
仲良く海を眺めているではありませんか。

道路わきに車を止め、背後から近づく私。

DSCF7370.jpg

ちょっと進んでいくと・・・

振り返った
DSCF7395.jpg
「こっち来んな」

あまり近づくと飛び去ってしまうので、距離を保って眺めました。

オジロワシはほとんど天敵がいないせいか、あわてて逃げるようなことはしません。

この2羽はこのあともゆったりと海を眺めていたようです。

もう春ですね・・・。


2月24日にクロスホテル札幌で開催した「しらぬかグルメのワインの夕べ」のご報告をしましたが、これがなんと!このたび白糠でも開催されました!!
17309757_10207703767946979_4486117105333758599_n.jpg
札幌でのイベントでは料理監修をしていただいている「レストランはまなす」の谷口シェフ自らが調理をしてくださるというレアな企画です!

3年間、札幌開催ではスタッフとして動いていたため、お料理を口にすることが出来なかったので、やっとあのお料理たちが食べられる!と喜び勇んで参加しました。

今回の開催は谷口シェフがお客様から「白糠でもやらないの?」と言われたのがきっかけで3月14日ホワイトデーの開催に至ったということです。

17351995_10207703767586970_8912233299163127720_n.jpg
お料理は札幌とほぼ同じ。私にとっては「同じ」ことが嬉しかったのです。これをゆっくりとお客さんとして味わえるわけですから♪

一皿め。アンティパスト~白糠の自然の恵みの盛り合わせ~
17264941_10207703767466967_5524213863356608178_n.jpg
中央:茶路・平賀さんのゴボウの冷製スープ~ゴボウのフリット添え
右上から時計回りに
・煮ツブのスモーク~ジェノベーゼソース
・茶路・高橋農園、放牧自然卵のクロスティーニ
・白糠酪恵舎・モッツァレッラのカプレーゼ
(スナップえんどう)
・長芋と真ダチのムニエル~バルサミコ・ソース
・柳ダコのカルパッチョ
・エゾ鹿肉とキノコのクロケット~トマトソース

このひとつひとつが全て白糠のもの。ゆっくりと味わいました。

二皿め。お魚~白糠の海の恵みのバスケット~
17309800_10207703767746974_8226475372341720905_n.jpg
・白糠産 鮭フライのバスケットと海の幸のクリームソース
・白糠産 ししゃものフリット
・和天別産 寒締めベビーリーフ~白糠酪恵舎チーズベースのシーザーサラダ仕立て

まわりにししゃもが泳いでいるようですよね。
バスケットのフタを開けると、鮭フライだということがわかります。
17218487_10207704012713098_4139662657443152598_o.jpg
これもすっごく美味しかったです。クリームソースには灯台つぶ、ほっき、毛がにが贅沢に使われていました。
食べ終わるのがもったいなくて、かなり時間をかけていただきました。

三皿目。お肉~白糠の大地の恵み~
17309773_10207703768306988_1890474329822335023_n.jpg
・庶路・馬木葉、松野さんのエゾ鹿肉と、茶路めん羊牧場・武藤さんのラム肉のロースト
・菜園風野菜と白糠酪恵舎チーズ3種添え(スカモルツァ/リコッタ・サルーテ/リコッタ・サラータ)

17309379_10207703768666997_2370791433525176570_n.jpg
上からリコッタ・サルーテ、ラム肉、スカモルツァ、エゾ鹿肉が重なっています。
炭火で焼き上げたというお肉は驚くほどやわらかくて思わず声が出ました。
特にシカ肉は今まで食べた中で一番やわらかいと思いました。

最後にデザート・プレート
17309459_10207703769067007_8576669227503797004_n.jpg
(中央上から時計回りに)
・リコッタ・パンナチーズのフルーツ・ムース
・長期熟成チーズ「タンタカ」のクラッシュ
・マスカルポーネチーズのティラミス
・上茶路産ブルーベリーの粒ジャム
・ロビオーラチーズの桜風味ジェラート

デザートは札幌よりもさらにアレンジされていましたが、この中で驚いたのがこれ!
17156248_10207703768827001_1550554113865325347_n.jpg
ロビオーラチーズの桜風味ジェラートです。
ロビオーラの塩気と桜の香り、ジェラートの甘みがマッチしていて、すぐに商品化してほしいくらいの美味しさでした!

そしてワインはスパークリング、白、赤の3種。
ソムリエ谷口シェフ選りすぐりの美味しいワインでした。

こんな贅沢なコースが白糠で食べられるなんて・・・。

今回は参加者10名ほどでしたが、白糠の皆さん、絶対に食べるべきです!!!
白糠の食材の素晴らしさに気づくはすです!!!

谷口シェフはまた季節を変えて開催したいとのことでしたので、ぜひぜひご参加ください。
これを食べないと白糠ライフの50%は損してると私は思います!
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ