いつもはこんな風に漁船が浮かぶ恋問海岸の水平線
DSCF7020_20170324100839ab0.jpg

それが不思議な光景に・・・
DSCF7401_20170324100845e7c.jpg
ややっ!?

「9年ぶりに釧路に流氷が来ました」とニュースになった翌日、その流氷が恋問海岸に接岸したのです。

動画です。(最後に聞こえるのは真上を飛んでいたヘリの音です)



DSCF7407.jpg
大きな氷が波に揺られながらどんどんと近づいてくる。すごい迫力です。

白糠の町の方向の海岸線を見ると、砂浜に流氷が敷き詰められたようになっていました。
DSCF7438_2017032410124557a.jpg

DSCF7436_20170324100845e1f.jpg
分厚い流氷がたくさん

DSCF7444.jpg
青く見えるのもあります。

波の音も低く重々しいのですが、ずっと眺めていたい気分になりました。
DSCF7442.jpg

DSCF7432_20170324100846a27.jpg

昔は毎年のように接岸していたと聞きますが、これも温暖化の影響なのでしょうか。

とある午後、庶路学園の建設現場から役場に戻る途中、国道38号線沿いの刺牛海岸でオジロワシを見つけました。

オジロワシは時々見かけるのですが、今回はつがい。
DSCF7373.jpg
仲良く海を眺めているではありませんか。

道路わきに車を止め、背後から近づく私。

DSCF7370.jpg

ちょっと進んでいくと・・・

振り返った
DSCF7395.jpg
「こっち来んな」

あまり近づくと飛び去ってしまうので、距離を保って眺めました。

オジロワシはほとんど天敵がいないせいか、あわてて逃げるようなことはしません。

この2羽はこのあともゆったりと海を眺めていたようです。

もう春ですね・・・。


白糠を直撃した台風が去って約2ヶ月。

その後、復旧活動が行なわれていますが、自然の風景にもいろいろな驚きがあります。

塩害を受けた木はこのような姿になっていました。
14053685_10206183382778300_3195070240657937617_o.jpg
潮風が当たった半分だけが枯れました。

大木が倒された役場横
14067434_10206255207293868_8590948643440128712_n.jpg
すっかり茶色い冬の風景になりました。

しかし、自然の生命力というのはすごいもので、枯れたあとから新芽が次々と吹き出しているのです。
14263975_10206362094925992_8547154092181642078_n.jpg
枯れた芝生もこの通り

14344063_10206362095165998_4420894081924655230_n.jpg

14332984_10206362094645985_8513265066950539723_n.jpg
たんぽぽやすみれまで咲いています。

そして、まるで春のような不思議な光景も。
14368924_10206369931201894_4814278535588910248_n.jpg

14291639_10206369931681906_2824256000949823818_n.jpg
春に咲いて大きな実をつけているはまなすも咲いて、花と実が共存するというめずらしい光景が。

そして、なによりも驚いたのがこちら。
14212748_10206350216869048_7930296963556220388_n.jpg

14222152_10206348440664644_8289133371193494693_n.jpg

14264931_10206350215949025_73478309325802076_n.jpg
なんと、桜が咲いているのです。

半年の間に二度も桜が見られるなんて、、、本当に驚きです。

強い潮風にさらされ、寒い日々を過ごした植物が、突然やってきた数日の暖かさで芽を出したようです。

これが植物にとっていいことかどうかは不明ですが、自然のちからというのは本当にすごいものだなと実感させられました。

みなさんもご近所の風景に目を向けてみてくださいね。

8月16日、台風7号が白糠町にも直撃しました。

家が揺れるほどの暴風で、町じゅうにいろいろな被害が出ました。

屋根が飛び、物置が倒れ、長時間の停電が起きました。

畑ではビニールハウスが飛び、牛舎の屋根が飛んだり、畑の作物にも塩害が出ています。

今後の作物への影響も心配です。

停電により、酪農の仕事もストップしました。

飲食店でも、屋根が飛び、休業を余儀なくされているところもあります。

庶路中学校では屋根が飛んでしまう大きな被害がありました。
13988105_519291044932434_1125110207807670852_o.jpg

13987655_519291084932430_8867517588727208513_o.jpg
2日間休校して、応急処置をしています。

台風の直撃などめったにない北海道。

直撃がないことがどんなにありがたいことなのかを今回のことで実感しました。

まだまだ、町にはいろんな爪あとが残っています。

一日も早く、通常の生活に戻りますように。

DSCF4791_s.jpg
毎年、春から秋にかけて刺牛海岸に飛来するアオバトが今年も姿を見せるようになりました。

国道を挟んだ山から下りてきては岩礁で海水を飲むという不思議な鳥です。留め鳥らしいのですが、冬の間はまったく姿を見せないので、移動している可能性も高いです。

北海道では小樽市の鳥に制定されていて、小樽市張碓の岩礁で海水を飲む姿が確認されています。

本州では神奈川県の大磯町が有名で、観光スポットとなっているようです。

朝の活動することが多いので、朝方見に行くとたいてい確認できます。国道を横切って飛ぶのでとてもわかりやすいです。

ということで、今年のアオバトさんたちです。
DSCF4861_t_s.jpg

S_DSCF4793_s.jpg
なぜかテトラポットでくつろいでいて、あまり岩礁には下りていませんでした。

DSCF4833_s.jpg
カモメがジャマしているからか?

テトラポットのほうが近いので、私のカメラで撮るにはすごくありがたいです。
DSCF4835_s.jpg

DSCF4840_s.jpg

DSCF4852_s.jpg

DSCF4848_s.jpg
肩が赤いのがオスです。くちばしがターコイズブルーというのもキレイです。

まだ数は少ないですが、これから9月くらいまでどんどん増えていくそうです。

ご近所の方にきいたところおそらく400羽くらいになるだろうとのこと。

さらにアオバトの子供を狙うオジロワシやハヤブサ、ハイタカなども姿を見せるということです。

刺牛の岩礁だけに下りてくるというのもなんとも不思議ですよね。

今年はまめに見に行こうと思います。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ