5月から大切に育ててきたシソがいよいよ収穫の時期を迎えました。

8月はこうでした。
DSCF2547.jpg

そして今・・・赤は・・・
DSCF3336.jpg
青も・・・
DSCF3334.jpg

DSCF3335.jpg
ずいぶん立派になられて・・・母はうれしゅうございます/(T^T)うるうる

これをまずは道の駅での販売用に収穫します。
DSCF3338.jpg
株ごと刈り取り、手作業で葉を1枚1枚とっていきます。
DSCF3341.jpg
きれいな葉を選別しながら、もくもくと手作業を続けます。
ひたすらぷちぷちと葉っぱを取っては箱のなかへ・・・実に地道です。

家内性手工業という言葉を思い出しました。マニファクチュアですね。
でも工業ではないか・・・。

そしてこれをビニール袋に詰めて重さを量ります。
DSCF3343.jpg
これ一袋が400g、シソジュース2リットル分です。
2リットルといってもそのまま飲むのではなく、濃縮シロップと同じようにソーダや焼酎で割ったり、ソースにしたりといろいろ楽しめます。

この1袋分を取るのに3株ほど、2人で約1時間かかります。
1日で10袋程度です。けっこう大変です。

そして、これを畑からまっすぐ道の駅に納品します。
DSCF3348.jpg
このようにシソジュースのレシピつきで販売しています。
DSCF3349.jpg
400gで500円、けっこう人気があり、事前に予約という方もいるんですよ。

自分たちが作ったものが商品になるって不思議な感覚です。
でも、それを喜んでくれる人がいるのは嬉しいことですね。

今日から、大葉の販売もしています。
ぜひ、みなさん、私たちのシソをご賞味ください。


今日のオマケ

選別から外れた大葉を使って、パスタを作ってみました。
DSCF3353.jpg
シソぺペロンチーノです。とってもいい香りがしましたよ。


さらに今日はもうひとつオマケがあります(虫がニガテな人は見ない方がいいと思います)m(_ _)m
シソについていた珍しい毛虫です。
怒ってるナウ
鮮やかな黄色で背中にはモヒカンのような毛束がいくつかあり、お尻には角のようなオレンジの長い毛があります。
黒い部分は怒ったときに現れるんだそうです。

生まれて初めて見ました。毒があったら困るので触りはしませんでしたが、触ってみたいくらい、ほんとにきれいでした。

これを調べてみたら「リンゴドクガ」という蛾の幼虫だそうです。
「リンゴドクガ かわいい」という記事やイラストもありました。
成虫になると地味になるらしいのですが、毛虫の間はこんなにきれいなんですね。

そして、なんと!
「ドクガ」なのに毒はないそうです、なんかかわいそう(笑)

畑仕事には虫はつきものなので、ついつい珍しいものは観察したくなります。

都会にいると虫はめったに見ないので、たまに見かけるとワーキャーと騒いでいたものですが、すっかり虫にも慣れました(^^)

また珍しいものを見つけたらレポートしたいと思います。
関連記事
コメント:

リンゴドクガ( ̄ー ̄?)おいしそう・・!?
失礼!シソぺペロンチーノでした( ̄◇ ̄;)

我が家のシソもだいぶ大きくなったので、
今年はシソジュースに挑戦してみようかな~
^^v
完成したシソジュースってどれくらい日持ちする
んですか?
あと、保存方法とかも教えてください<(_ _)>

>SNKさん

シソジュースはシソを煮て作るので、冷蔵庫だと1週間くらいでしょうか。
長期保存の場合は消毒したペットボトルなどに入れて冷凍するといいそうですよ。
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ