白糠のこの時期は春サケ定置網でトキシラズが揚がります。

しかし、ここ数年、海流の変化なのか水温の上昇なのか、これまで白糠で揚がらなかった魚種がかかっています。

それがブリとマグロです。

特にブリはメインのトキシラズを超える水揚げだそうです。

白糠漁協さんの写真をお借りしました。
S_19667524_741699279325384_8111811169749721091_o.jpg

S_19780380_742670765894902_8373645784963870053_o.jpg

S_19693685_742670735894905_8290935684298735442_o.jpg
ブリだらけです!ブリは英語でYellow Tailというそうですが、まさに尾が黄色いですよね。

ただし、冬のブリと違って脂のノリが少ないため、高値にはならないそうです。

ということでお刺身を食べてみたのですが・・・
S_20139620_10208579188311941_8743617049030923692_n.jpg
冬のブリを想像して口に運ぶと、、、驚くほどさっぱりしています。脂の乗ったブリが苦手という人はこちらをオススメします。

そして、マグロ!白糠で揚がるのはクロマグロの幼魚(3歳以下)のメジマグロです。
S_19801024_10208577050458496_6296244904454734877_o.jpg
市場で見つけた白糠産メジマグロを買ってみました。

実は昨年も同じ時期にお刺身でいただきましたが・・・
S_20155719_10208577048218440_1227314052332023242_n.jpg
やっぱり美味しい!ほどよい赤身と脂の乗り加減が絶妙です!食べ飽きしない味!

これはお酒がすすんで仕方がない・・・

実はこの前後にも食べていまして・・・

「魚介とワインK」さんで白糠出身の今シェフの「まぐろのうに和え」
S_20228574_10208577045498372_156917253158327753_n.jpg
贅沢なメニューです。

「ガストーラ」さんで、「トーン バスケーズ(まぐろのバスク風)」
S_20156104_10208577045578374_5269536457599527727_n.jpg
さっと火を通したマグロに辛味のあるトマトソースと唐辛子が効いていました。

白糠産マグロ三昧で「海の日」を過ごしました。

地元のものを味わえる幸せ、これを超えるものはないだろうなとしみじみ思います。

ああ、幸せ♪
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ