白糠に来て6年、すぐ近所にあったのに、いつも煙突から上がる煙を見ていたのに足を踏み入れたことのない場所がありました。

(正確に言うと、「休憩室」にしか足を踏み入れたことのない場所」ですが)

このたび、私が潜入したのは・・・

「札鶴ベニヤ株式会社」の白糠工場と恋問工場です。

本社は斜里郡清里町にある会社の工場が白糠に2つもあるわけです。林業が盛んな町ならではですね。

実はこの札鶴ベニヤさんで作っている合板が庶路小中学校(仮称 庶路学園)で使われるという情報を耳にし、問合せたところ、たまたま取引先の工場見学の予定があるということで、私も同行させていただけることになったというのが経緯です。
DSCF7554.jpg

工場のそばを通るといつも見えるのは工場の建物と、このように積まれた木材
DSCF7592.jpg
それ以外、なにも知識のないまま、図々しくお邪魔しました。

これは木の表面を荒削りする機械だそうです。
IMG_1386_20170417095147db6.jpg
この時は動いていませんでした。

このきれいな丸太はなに?と思いながら、白糠工場の中へ
DSCF7557.jpg

IMG_1387.jpg

IMG_1388.jpg
早速、作業をしている方が。

一般的には角材を仕入れてベニヤ(単板)にし、合板を作る工場が多いそうですが、この工場では原木から完成品までの作ることの出来る、全国でも数少ない工場なんだそうです。

合板を作るにはかなりの工程数があるので、ダイジェストでご紹介します。

ここでは原木を大根のかつらむきのように削って薄い板にしていきます。
IMG_1394.jpg

ここで先ほど見た、木の芯の部分が出ます。
DSCF7557.jpg
これは材料としては使わないので、加工のための燃料となるそうです。

それを色あわせし、
DSCF7564_20170417095856d89.jpg

細いものはつなぎ合わせて決まった幅にします。
DSCF7568.jpg

それを芯材に貼り、
DSCF7570.jpg

プレスをかけると、
DSCF7571_2017041709590236a.jpg

DSCF7574.jpg
こうなります。

これのフチをキレイにカットして、やすりをかけ、
DSCF7586.jpg

最終チェックをして、よごれや傷があれば手作業で磨きます。
DSCF7581.jpg

こうして出来上がったものが、全国へと運ばれていきます。
DSCF7587.jpg

このほかにも、音楽室などで見るこれ!
DSCF7576_201704171023275ea.jpg

DSCF7575.jpg
有孔合板も作られていました。

DSCF7577.jpg
板の大きさが伝わるでしょうか。

さらに恋問工場では、塗装をかけた床材や壁材を作っています。
DSCF7618_20170417102803219.jpg

DSCF7641_201704171028061fd.jpg

DSCF7667.jpg

これを見るとイメージがわくでしょうか。
DSCF7654_20170417102808f6f.jpg
全国でもここでしか作れないという技術をたくさん持っていて、東京の有名な施設や高級マンションの材料などもここで開発し、製造しているそうです。

まさに日本の最先端技術が、白糠にあるということです。

ベニヤと聞くと、ただ木を薄くした1枚ものというイメージですが、ここで作っているのは合板(PLYWOOD プライウッド)で、しかも長い歴史の中で培った技術を駆使した最高級の商品だということがわかり、本当に驚きました。

すぐそばにこんな工場があったなんて知らぬかった!まさに白糠プライド!

そして、その合板が庶路小中学校で使われるというわけです。

ますます楽しみになってきました!

大人の工場見学、大大大満足でした。

相談をすれば見学は可能ということですので、ぜひ町の子供達にも見て欲しいなと思いました。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ