ここ数日、役場の中に見慣れぬ若い女の子が3人いたので「あれ?新入職員ではないよなぁ~」と思っていたら、学生さんでした。

札幌の大学で管理栄養士を目指して学んでいる学生さんで、「公衆栄養学」の実習のため、役場の介護健康課にきていたのです。

この実習の目的は「地域における実践活動の場での課題発見、解決を通して、栄養評価・判定に基づく、適切なマネジメントを行なうために必要とされる専門知識および技術の統合を図り、権利栄養士として備えておくべき知識および技術を修得する。」

ということで、5日間のカリキュラムで白糠町内の施設をまわり、健康相談業務や健康増進計画、歯科教室、介護などについて現場を見ながら学習をしたということです。

そして、最終日に実習の成果を発表する場があるとのことで、私もおじゃまさせていただきました。
DSCF4890.jpg

DSCF4891.jpg
パワーポイントを使っての発表です。

日付別のカリキュラムについての考察を3人で分担し、発表していきます。
DSCF4896.jpg

DSCF4899.jpg

DSCF4902.jpg

最後には職員から感想や改善点などを聞きながら、学習のまとめを行なっていました。
DSCF4907.jpg

DSCF4908_20160613105635e6d.jpg
3人は「町の人と直接かかわることができ、町の人がみんな親しく話してくれるのが嬉しかった」と言っていました。

実習の場所は自分で選べるとのことだったので、白糠を選んだ理由を聞いてみたところ、3名それぞれの理由がありました。
・自分の出身も海のある町なので(古平町)似たような環境だと思ったから。
・まったく知らない町だったので。
・自分の出身の町と近かったから(音更町)

実際来てみて、白糠の人の温かさを感じたということだったので、今回の実習をきっかけにもっと興味を持ってもらえたらと思いました。

私もそうでしたが、学生時代の実習というのはいつまでも記憶に残るものです。

管理栄養士になったあかつきに、いつか白糠訪ねてくれるといいなぁ。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ