DSCF4791_s.jpg
毎年、春から秋にかけて刺牛海岸に飛来するアオバトが今年も姿を見せるようになりました。

国道を挟んだ山から下りてきては岩礁で海水を飲むという不思議な鳥です。留め鳥らしいのですが、冬の間はまったく姿を見せないので、移動している可能性も高いです。

北海道では小樽市の鳥に制定されていて、小樽市張碓の岩礁で海水を飲む姿が確認されています。

本州では神奈川県の大磯町が有名で、観光スポットとなっているようです。

朝の活動することが多いので、朝方見に行くとたいてい確認できます。国道を横切って飛ぶのでとてもわかりやすいです。

ということで、今年のアオバトさんたちです。
DSCF4861_t_s.jpg

S_DSCF4793_s.jpg
なぜかテトラポットでくつろいでいて、あまり岩礁には下りていませんでした。

DSCF4833_s.jpg
カモメがジャマしているからか?

テトラポットのほうが近いので、私のカメラで撮るにはすごくありがたいです。
DSCF4835_s.jpg

DSCF4840_s.jpg

DSCF4852_s.jpg

DSCF4848_s.jpg
肩が赤いのがオスです。くちばしがターコイズブルーというのもキレイです。

まだ数は少ないですが、これから9月くらいまでどんどん増えていくそうです。

ご近所の方にきいたところおそらく400羽くらいになるだろうとのこと。

さらにアオバトの子供を狙うオジロワシやハヤブサ、ハイタカなども姿を見せるということです。

刺牛の岩礁だけに下りてくるというのもなんとも不思議ですよね。

今年はまめに見に行こうと思います。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ