5月29日(日)に白糠町の社会福祉センターで第38回白糠町「少年の主張」中学生発表会がありました。
DSCF4698.jpg

DSCF4696_20160602144815ae8.jpg

DSCF4695_20160602144811483.jpg

DSCF4697_20160602144813145.jpg
第38回というこの会。実は私、見るのは初めてでした。

町内の5名の中学生が自分で選んだテーマで5分間の発表をします。

そして、この中から選ばれた1名が釧路総合振興局で開催される大会に進むんだそうです。

ということで始まりました。
DSCF4701_201606021448167f4.jpg
教育委員長から開会の挨拶

DSCF4708_201606021450596b1.jpg
副町長からの挨拶

このあと、審査員が紹介され、いよいよ発表の場となりました。
タイトルだけご紹介します。

「笑顔になるために」
DSCF4714_201606021451000f6.jpg

「一人で抱え込まなくてもいい」
DSCF4717_2016060214510212c.jpg

「震災から学んだこと」
DSCF4720_20160602145103902.jpg

「幸せなつながり」
IMG_3726_t.jpg

「配慮の権利」
DSCF4724_201606021451053d3.jpg

内容の詳細は省略しますが、5名それぞれの思いが伝わってくる、とてもよい主張でした。

そして、このあと1名を決める審査の時間に入るのですが、その間、30分の時間をいただき、私が「ふるさと白糠の宝探し」という表題で「中年の主張」をさせていただきました。
IMG_3804.jpg
白糠のよいところ、外から見た魅力などをお話しさせていただきました。

中学生の主張に比べたら、なんて説得力がないんだろうと反省。
そして、このあとの審査結果まで見届けたかったのですが、15分後のJRに飛び乗らねばならず、ダッシュで会場をあとにしました。

中学生の真剣な主張を聞いて、心洗われ、そのあとの仕事も頑張れた私です。

こういう機会も大切にしなければいけませんね。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ