今日は北海道アイヌ協会白糠支部の三大祭りのひとつ「ふるさと祭(先祖供養祭)」が行われ、私も少しだけお手伝いさせていただきました。
DSCF2665.jpg

札幌ではなかなかアイヌ文化に触れる機会もなかったので、本格的なお祭りに参加するのは初めてです。
和天別坂の丘にあるウレシパチセでカムイノミ(神への祈り)の儀式が行われました。
DSCF2669.jpg

DSCF2666.jpg
トゥキと呼ばれる酒杯とトゥキパスイ(捧酒箸)

儀式が始まりました。
DSCF2706.jpg

DSCF2717.jpg

DSCF2753.jpg

DSCF2769.jpg

DSCF2780.jpg
祭司の掛け声によりシントコサンケ(利き酒/儀式で使用するトノト(御神酒)の品定め)のあと、アペフチカムイ(火の神)にトノトやヤナギで作ったイナウ(御幣)、塩、たばこなどを捧げ、感謝の意を表す儀式です。

このあと、東山公園のアイヌ弔魂碑広場に場所を移します。
DSCF2884.jpg

DSCF2808.jpg
東山には何度も行っていましたが、ここに広場があることは知りませんでした。
ここで、カムイにイナウを捧げる儀式が行われます。
DSCF2828.jpg

DSCF2857.jpg
これはイチャルパという儀式でフチ(おばあさん)たちが中心となりメノコ(女性)がイナウと供物を捧げてます。味見をしながらおいしいものを捧げるんだそうです。

このあと、古式舞踊の奉納がありました。
先に踊るのは帯広カムイトウウポポ保存会のみなさん
DSCF2895.jpg
弓矢の踊り
DSCF2905.jpg

そして白糠支部のみなさん
DSCF2924.jpg
弓矢の踊りでは今回が初舞台となるチビっこが頑張りました。
DSCF2943.jpg

DSCF2961.jpg
最後に全員で輪踊りが踊られました。
先日、白洋大学でアイヌ刺繍を習いましたが、みなさんの衣装の刺繍は本当にきれいでした。

このあと、再びウレシパチセに戻り、参加したみなさんの交流会が行われ、わたしもお邪魔しました。
DSCF2979.jpg
女性たちの手作りのお料理をいただきました。
ししゃもがまるごと入った「ししゃも汁」がとても美味しかったです。
支部長の奥様にアイヌについてのお話も伺えて、とても勉強になりました。

9月には「フンペ(鯨)祭」、11月には「ししゃも祭」があります。
またぜひ参加したいと思います。
関連記事
コメント:

懐かしい(/ _ ; )

白糠で生まれ育ち楽しい思いでと辛い日々を思い出します、祭り大好きだけどふるさと祭りは知らなかった(^^;;

フータンさま♪

コメントありがとうございます。
ふるさと祭りは意外に知られていないかもしれませんね。私もたまたま「こんなお祭りがあるよ」と前日に教えてもらって参加できたんです。
もっとたくさんの人に知ってもらいたいなと思います。
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ