茶路めん羊牧場の武藤さんから、「有名なパルマハム職人が白糠に来て、おいしい生ハムを食べる会をやるのでぜひ参加しませんか?」とお誘いをいただきました。

そんな美味しいお誘いを断る理由がありません!

ということで、茶路めん羊牧場へ。
DSCF3534_201604070930465a2.jpg

DSCF3537_20160407093049155.jpg

DSCF3536.jpg
牧草ロールにずぼっと頭を突っ込んで食べるこの姿、大好きです♪

さて、会場はFarm Restaurant Cuoreです。
DSCF3492_20160407093050730.jpg

DSCF3493.jpg
BON DABONという工房を立ち上げ、生ハム(ペルシュウ)を作っているのがこの多田さんです。

サイトはこちら→BON DABON

BON DABONは「とてもおいしい」という意味。
ペルシュウ(PÄRSÙT)というのは現地の方言で、特に職人は親しみを込めてパルマハムのことをこう呼ぶんだそうです。

食肉加工学を専攻していた大学時代にパルマハムを食べ、その美味しさに衝撃を受ける。その製法に大変な興味を持ち、パルマハム職人となることを決意。
イタリアでも有名なパルマハムの老舗に弟子入りし、8年間の修行を積んだ後に日本に戻り、パルマハムを作るために適した環境を探し続け、岐阜県関市の洞戸(ほらど)というところに工房を構え、仕込みを始めたのが2011年だそうです。

まさに「夢」に向かって邁進した結果がここにあるという感じですね。

今回、釧路地域を訪れたのは、高校時代の同級生が釧路で仕事をしていたのがきっかけだそうです。

ということで、いざ実食!

切るとすぐく乾燥が始まってしまうので、切りたてを食べなければいけない!ということでその場で切っていただきます。
DSCF3499_20160407094217a56.jpg

DSCF3500.jpg

DSCF3508.jpg
今回、食べられるのは17ヶ月熟成の銀ラベルと、24ヶ月塾生の金ラベル

7か月で何が違うの?

大きく違うんです。塩味や香り、熟成感がまったく違います。

17ヶ月は野菜などに合わせてもおいしい、24ヶ月はそのものだけで食べていたい味。

みんな、「うまい」とうなる。

DSCF3511.jpg
ガストーラの安藤シェフや白糠酪恵舎の井ノ口さんも興味津々でお話を聞いていました。

生ハムを食べた後は、Cuore漆崎シェフのお料理をいただきました。
DSCF3509_201604070959123dc.jpg

DSCF3514.jpg

DSCF3517_2016040709591470e.jpg

DSCF3521.jpg

DSCF3523_20160407095917341.jpg

DSCF3527_20160407095928309.jpg

冬期休業を終え、4月1日から営業を再開したCuore(クオーレ)さん、漆崎シェフはお店がお休みの間にいろいろ勉強を重ね、新たなメニューもたくさん登場するようです。

販売コーナーには羊のお菓子も。
S_DSCF3529.jpg
羊脂を使ったクラッカーやビスコッティなど。

毎年進化していくレストラン、というのも楽しみです。

帰る頃に日が沈みかけていたので、東山公園に上りました。
DSCF3544.jpg
白糠にもやっと春がきた感じです。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ