旧国鉄白糠線とは・・・
白糠線(しらぬかせん)は、1964年(昭和39年)から1983年(昭和58年)まで日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線(地方交通線)である。
北海道白糠郡白糠町に所在する根室本線白糠駅から分岐し、同町二股地区の北進駅までを結んでいたが、1980年(昭和55年)の日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)施行を受け、特定地方交通線廃止の第1号として、1983年(昭和58年)に廃止された。(Wikipediaより)


この白糠線の跡をたどる廃線ウォークが、かみちゃろ駅を敷地内に有する「驚きの森プロジェクト」の主催で行なわれました。
実は昨年も企画していたのですが、雨天中止となっていたため、今年がはじめての開催となりました。

JR白糠駅横の町営バスターミナルを集合場所とし、ここからバスで出発です。
DSCF2405_201511021101416f9.jpg
この日の参加者は23名。

このツアーのガイドを務めるのは釧路臨港鉄道の会代表として、数々の鉄道関連のイベントを主催され、鉄道に造詣が深い、釧路新聞社の星 匠さんです。
DSCF2408_20151102110144ba7.jpg

まず、向かったのは南大曲にある縫別トンネル。
茶路地区の線路跡を車窓から眺めながら、星さんの説明を聞き、素人の私でも興味が高まりました。
DSCF2410.jpg

ここから約2キロの行程を歩くということで、ここで準備運動をします。
DSCF2411_201511021101446c8.jpg

いざ出発!
DSCF2414_20151102110146aa4.jpg

トンネル前に到着し、星さんの解説を受けてからトンネルの中へ吸い込まれていきます。
DSCF2415_20151102110147479.jpg

DSCF2420.jpg

トンネル内には明かりがありませんので、各自懐中電灯を持参。
DSCF2423_2015110211093078d.jpg

DSCF2424.jpg
暗い暗いトンネルの中で線路の名残をいろいろ発見します。

約560mのトンネルを抜け・・・写真をパチリ。
DSCF2427.jpg

ここからすぐのところに田口牧場さんがあり、乳牛さんに迎えられました。
DSCF2438.jpg

そこで搾りたての牛乳をいただきながら、子供の頃に白糠線を使っていたという田口さんから当時のいろいろなエピソードを聞かせていただきました。
DSCF2431.jpg

DSCF2435.jpg
トンネル内を歩いていたら汽車がやってきたという映画「スタンドバイミー」のようなエピソードも。

次はここから続く鉄橋へと向かいます。
DSCF2437.jpg

DSCF2441.jpg

鉄橋を渡る。
IMG_3776.jpg

DSCF2446.jpg

そして橋のたもとにある当時の工事の銘板を発見。
DSCF2450.jpg

DSCF2452_2015110213095007a.jpg

DSCF2451.jpg
こういうものには「萌える」のが鉄道ファンらしいです。

さて、このあとはバスに乗り、第2の鉄橋がある上茶路へと移動しました。

国道からすぐのところでバスを下りるとそこが鉄橋の始まり
DSCF2458_201511021324295c7.jpg

IMG_3814.jpg

DSCF2459_20151102131422743.jpg

DSCF2467.jpg

鉄橋から見る景色
DSCF2466.jpg
「国道から見えるこの橋を、一度渡ってみたかったんですよ~」と感動している方もいました。

この鉄橋から上茶路駅までは近い、ということで歩いていきます。
DSCF2475_2015110213242661e.jpg

紅葉も終わりましたね~。
DSCF2477.jpg
こういう黄色もステキです。

国道を渡ると、そこが上茶路の青少年旅行村の敷地です。
DSCF2481_20151102132900b1a.jpg
ここを上がると・・・

線路です。
DSCF2482.jpg

DSCF2486.jpg

進んでいくと、「かみちゃろ」のホームが見えてきました。
DSCF2487.jpg

IMG_3831.jpg

今日のゴールはここ。
DSCF2489.jpg

DSCF2492.jpg

DSCF2502.jpg
ここでの最後の説明のあと、昼食を取りながらホームに座って、いろいろな話で盛り上がっていたようです。

最後は、管理人の横田さんの案内で驚きの森を散策し、野鳥観察のハイドやツリーハウスの見学をしてイベントが終了しました。
DSCF2504_201511021332410ec.jpg

DSCF2506_20151102133240744.jpg

DSCF2510_20151102134226a66.jpg

DSCF2517.jpg

DSCF2518_20151102134224860.jpg

廃線後の設備がこれだけ残っているのは、実はその当時、撤去するお金も不足していたという歴史もあったとのこと。

今回の参加者の半分以上はいわゆる「鉄道ファン」ではない方で、初めて聞く白糠線の詳細な話に興味を持って耳を傾けていました。景色を見ながら、町の歴史も感じられるということ考えれば、どなたにでも参加していただけるよい内容だったと思います。


最後に・・・
今回のコースは特別に許可をいただいて歩きましたが、トンネルや鉄橋は一般の方は入れない場所となっておりますので、どうぞご理解ください。そして、ご希望の方は次の機会にご参加いただければと思います。
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ