今年は急に暑くなったり寒くなったりで何を着たらよいのかもわからない日々が続いており、私は真冬からはいてるフリースパンツや腹巻が手放せないでいます。おばあちゃんか。

さて、そんなこんなで、海でも珍事件が。

釧路でチョウザメが揚がったそうです。しかも2匹も。

釧路新聞の記事より
2015年05月08日
チョウザメの捕獲続く/釧路沿岸

釧路沿岸の定置網漁で国内では絶滅した古代魚のチョウザメが相次いで捕獲され、漁業関係者を驚かせている。回遊中のロシア産の個体と見られ、現在は釧路フィッシャーマンズワーフMOO内の水槽に展示。太古の姿を今に伝える思わぬ2匹の、、珍客、、が来館者の目を楽しませている。捕獲した釧路市東部漁協によると、6、7の両日、定置網に体長約1・5㍍程度のチョウザメが1匹ずつ立て続けに掛かった。近年、釧路沖では秋サケ漁で暖流系のマグロが採れるなど、海洋環境の変動を感じさせる出来事が起きているものの、同漁協も「春に北方系のチョウザメが取れるなんて初めて」とびっくり。2匹を鑑定した標津サーモン科学館によると、いずれもロシア産のダウリアチョウザメとみられる。「アムール川生まれで、沿岸を回遊していたのだろう。釧路で取れるのは極めて稀だが、最近、道南でも捕獲された」(同館)という。
 

ということで、釧路での打ち合わせついでにフィッシャーマンズワーフMOOに確かめに行ってきました。

って、水槽がどこにあるかも定かではなく、ぐるぐる歩いて見つけました。

DSCF0178_20150511100137566.jpg
いたーーーーっ!

1匹は悠々と泳いでますが、もう一匹は・・・

いた。
DSCF0181.jpg
カレイとおくつろぎ中。

DSCF0183.jpg
口あいた!

チョウザメといえばアレですよアレ。キャビア。ほとんど食べたことないけど。美味しいかどうかもわからんけど。

こんなのがいっぱい揚がったらちょっとびっくりしますよね。

白糠の定置網漁も始まりますが、もしかして白糠にも来るかなぁ。


そして、もうひとつ、今年はサクラにも異変。全道的に2週間くらい開花が早まりましたね。

5月5日の白糠酪恵舎の山の恵の即売会でもすでに咲いていたとお知らせしましたが、海に近い我が家の近くのサクラも咲きました~。
DSCF0185.jpg

DSCF0186.jpg

DSCF0188.jpg

DSCF0187.jpg

サクラが咲くのが早いと、春も早くなった気分になります。

心ウキウキついでに花見焼き肉とか出来たら最高なんだけどなぁ・・・。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ