バレンタインデーには甘いものを送る私ですが、ホワイトデーに甘いお菓子を返されると腹が立つ、というひどいヤツです。

だって甘いものがニガテなんだもの。

あんこも生クリームも食べられず、しょうゆせんべいとたくあんと果物があれば生きていけると思っていた幼少期。

飲兵衛の名を欲しいままにしてきた私です。

さてさて、そんな私のホワイトデー、1年と1ヶ月ぶりに「レストラン&コミュニティ イオマンテ」さんに行ってきました。

この数日前に「ああ、イオマンテのアレが食べたいなぁ」と思っていたら、叶ってしまったという運の強さ。

夢は願えば叶うのです。

ということで、美味しくいただいたお料理です。

IMG_20150314_181729.jpg
白糠酪恵舎のモッツレッラチーズの入ったスクランブルエッグとカラスハモのフリット

IMG_20150314_183217.jpg
豚のホホ肉と鶏の砂肝のパテ マスタード、にんじんのソース

IMG_20150314_185251.jpg
キクイモのキッシュとボタンエビ

IMG_20150314_191516.jpg
「ピルカ」という馬鈴薯とたまねぎのスープ
お皿にはおろしたグラナパダーノが散りばめられていて、チーズの香りがとても効いていました。

IMG_20150314_194745_20150316154200526.jpg
フロマージュ・エゾメンチカツ

8月に開催された北海道エゾシカ料理グランプリに舟崎シェフが出品したメニューでメンチカツの中には白糠酪恵舎のトーマ・シラヌカとテネレッロ、メンチカツの上にはモンヴィーズのスライスがのっています。

IMG_20150314_194919.jpg
エゾシカ肉の旨味を堪能できる美味しいメンチカツでした。

舟崎シェフいわく、この日のお客様のほとんどがエゾシカのメニューを選んだとのこと、やはり本格的なブームになりつつあるのでしょうか。

そして、デザート。
IMG_20150314_202828.jpg
フォンダン・ショコラと白糠酪恵舎のロビオーラのアイスクリーム。

実は私が食べたいと願ったのはこれでした。

甘いものがニガテな私を気遣った舟崎シェフが甘さ控えめに作ってくれたスペシャルなデザート。

わがままな私のためにありがとうございます。本当に美味しかったです。

甘いものの中では唯一チョコレートは好きなのですが、ホワイトやミルクチョコはダメで、苦ければ苦いほど好きです。

そして、さらに。
IMG_20150314_205637.jpg
奥から「ほろ酔いプリン」とキクイモをつかった「kobara」、そして「ほろ酔いチョコ」の昆布です。

「ほろ酔い」シリーズには地酒の「福司」が使われています。

そしてそして、うれしかったのがこのお茶。
IMG_20150314_205931.jpg
舟崎シェフの新作「キクイモ茶」です。

キクイモの香りと味が見事に出ていて、感動しました。

私がカフェインがニガテなのも覚えてくださっていて「ノンカフェインです」と出してくれました。

こういうことって本当に嬉しいですね。

しかもですね、甘いものがニガテとかカフェインがニガテというのは、お店ではなく他の場所で話していたことなんですよね、それをしっかり覚えていてくれるというのは・・・感動です。

このディナーを提案してくれただんなさんとおいしいお料理を作ってくださったバイレンタインデーが誕生日の舟崎シェフに心から感謝します。

本当にごちそうさまでした。


ちなみに・・・
939788a.jpg
課の皆さんから、こんなにステキなスパークリングワインをいただきました。

そして、こちらも。
sim.jpg
どちらも開けるのが楽しみです♪

ありがとうございました^^
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ