白糠に来て3年半、私には白糠に来た当初から目指していたことがありました。

「白糠をタンゴの町にすること」

単発の「土曜サロン」の講座で2回ほどご紹介をし、その後タンゴをやってみたいと言ってくださる方たちと2012年9月にアルゼンチンタンゴサークルを立ち上げました。

それから丸2年、サークルメンバーの皆さんと週1回の練習を重ねてきました。しかし、サークル以外の方と関わる機会もなく、自分たちが本当に上達しているのかどうかを確かめる術はありませんでした。

そこで「長くタンゴを踊っている方に確かめてもらおう」ということで、2年前にも白糠に来てくださった、古くからのタンゴ仲間である大阪の井ノ上さんにお願いして再び来ていただくことにしたのです。

2年前の様子はこちら→「アルゼンチンタンゴを白糠で踊りました~♪」

2日間の予定でレッスンとたくさん踊ることを目的に特別レッスンを開催し、「タンゴを見てみたい」と言ってくれていた方たちにも声をかけ、入場自由とさせていただきました。

レッスンでは、タンゴの真の部分の基本である呼吸や姿勢、そして音楽の捉え方などを学びました。
DSCF8512.jpg

女性をリードする方法。
DSCF8511.jpg

男性のリードの大切さを学びます。
DSCF8510.jpg

そして、フリータイムにはサークルの女性が井ノ上さんのリードで踊ったのですが、本当に素直にリードを受け入れ、とてもきれいに踊っていました。その軽やかさに、周囲も驚き、何よりも本人たちが一番驚いていました。

DSCF8516.jpg

2日間の短い時間ではありましたが、今まで練習してきたことがムダにはなっていなかったと気づいてもらえる良い機会になったと思います。

私の未熟な指導についてきてくれる皆さんに本当に感謝しています。

そして、私も数曲、デモンストレーションをさせていただきました。
10799837_1585181025045251_1586902866_n.jpg
いつも気に入って踊っているピアソラの「オブリビオン~忘却~」という曲があるのですが、今回はなんと、釧路を中心に活躍されているピアニストの松本さんに生演奏で弾いていただけるというすごいことになり、ピアノに合わせてタンゴを踊るというすごく贅沢で貴重な機会をいただきました。(上の写真は松本さんからいただいたものです)

すばらしい演奏のおかげで、私の未熟さがごまかせたのではと思います(^^;

そして、ご来場いただいたたくさんの皆様にもお礼を申し上げます。まだまだ未熟者ですが、日々精進して頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ