2月14日の午後、釧路プリンスホテルを会場に北海道釧路総合振興局と釧路市の共催で「くしろの魅力情報発信シンポジウム」が開催されました。

今後、くしろ管内に延伸する道東道の開通に向けて、どのようにくしろの魅力を発信すべきかをテーマにしたシンポジウムです。

会場には230名の入場があったそうで、急遽椅子を増やす場面もあったそうです。

まずは土栄釧路総合振興局長からのご挨拶
DSCF2794.jpg

続いて蛯名釧路市長のご挨拶
DSCF2795.jpg

そして、北海道開発局釧路開発建設部の方から、道東道延伸についての説明が行われました。
DSCF2796.jpg

今回の基調講演はNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構の理事長であり、阿寒鶴雅グループの大西社長より「道東道延伸を活かした東北海道・くしろの活性化~オールくしろで発信するメッセージ~」というテーマで行われました。
DSCF2797.jpg

DSCF2799.jpg
すごくわかりやすいテーマで、これからのくしろがどうあるべきかをお話されていました。

そのあとは、「ウェルカム道東道!!オールくしろ魅力発信キャンペーン」の統一ロゴマークとキャッチフレーズの発表がありました。

実はこの審査に関わらせていただいていたので、形になって発表されることがなんだか嬉しかったです。
DSCF2802.jpg

DSCF2805.jpg
審査の経過と選考理由などについて、審査委員会の座長をつとめてくださった株式会社スタッフの木島社長が解説しました。

このステージに並ぶのぼりを支えていたのは釧路管内の役場のスタッフだったのですが、白糠町からは・・・なんと
DSCF2809_20140217090649c96.jpg
殿下でした。「裏方の殿下」・・・不思議な響きです(笑)

ここで第一部は終了。

第二部は「迫る道東道延伸!!くしろの魅力と伝え方」というテーマのパネルトークだったのですが、実はそのパネルトークにどういう間違いか、私も参加させていただいておりまして・・・。

というわけで写真はありません。

参加されたみなさんはすごい肩書きを持った方ばかりで、そんな中にに混じって私のようなものが発言するのは誠に非常に恐縮したのですが、必死に頑張・・頑張ったつもりです。

お話した内容は
・くしろ地域の魅力とそれを活かした活性化の取り組み実績(実績って・・・)
・これまでくしろ地域の魅力が十分に伝わってこなかった理由
・道東道延伸をにらみくしろ地域の魅力を活かした来客者増加を図るための方策について

他のパネリストのみなさんの意見に深くうなづきながら、私なりに自分の思いをお話しさせていただきました。


こんなすごい席に座らせていただいたのは初めてでしたが・・・

終わった後の脱力感がすごかったです(-_-;)

無事だったかどうかはわかりませんが、とりあえず終えることができてよかったです。

くしろ地域をなんとかしたい!という思いが伝わる良い機会だったのかなと思います。

人前に出るというのは責任の思い仕事だなぁ、と改めて皆さんのすごさを思い知ったのでした。

ああ、緊張した。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ