今回は「ワインなひととき」の他にも札幌で白糠食材を使っていただいたイベントがあり、そちらにもおじゃましてきました。

昨年1月に「味技フェスしらぬか」でお料理のデモンストレーションをしていただいたRyo Ishikawaさんが主催している料理教室「Dream Kitchen」です。
DSCF1861.jpg

白糠漁協さんの協力のもと、毛がにとししゃもをこのお料理教室で使っていただき、私も少しだけ、白糠の食材の宣伝をさせていただきました。
DSCF1871.jpg

今回のテーマは「おせち」ということで、たくさんの数のお料理のレシピの説明がありました。

あらかじめ仕込みされていたものも多かったのですが、一から作ったのが「ししゃもの昆布巻き」
DSCF1852.jpg

DSCF1856.jpg

ししゃもを素焼きにしたものを、4尾重ねて昆布で巻きます。
DSCF1890.jpg

DSCF1891.jpg

DSCF1894.jpg

これを圧力鍋で煮る。
DSCF1903.jpg

582043_632511953475686_812751736_n.jpg

これを切ると・・・
1401787_544096832349404_1574392489_o.jpg
美味しそう!

筑前煮も作っていたのですが、おせちということで飾り切りの練習もしていました。
DSCF1885.jpg

筍で作った亀と人参の梅
DSCF1886.jpg

あれもこれも切って・・・
DSCF1895.jpg

DSCF1896.jpg
私もやってみようかな^^

ちなみに毛がには贅沢なカニ真丈になっていました。
1474375_632512010142347_287688642_n.jpg
中にも毛がに、表面には焼きガニ。

私は最後までいられなかったのですが、このように綺麗なおせちが完成したそうです。
(写真は参加された方からお借りしました^^)
1462201_465844543525712_206996633_n.jpg

すごーい!きれい!美味しそう!
1479577_465844516859048_820034479_n.jpg

お重に入ると・・・
1452090_544072185685202_669623893_n.jpg
さらに豪華になりますね~。

この様子を見ていたら、おせち作りもいいなと考え始めました。

私もぜーんぶ習いたかったです。

白糠食材で作るおせち、ちょっと考えてっみようかな。とさっそく料理本を買い込んだ私。



さて今回、土日で1泊、火水木で2泊と、この1週間の間に2度も白糠と札幌と往復した私。

札幌が大好き!な、わけではありません。たまたまスケジュールがこんなことになってしまい。

2往復のJR車内(合計16時間!)でいかに眠るかをいろいろ研究した結果、お酒を飲むより、寝不足より、満腹が一番という結果にたどり着きました。

お腹いっぱいでグッスリ。この作戦で「JRでねむれない恐怖」を克服しました。パチパチヾ(^人^)ノ

くだらない結末で、どうもすみません(´Д`;)ヾ
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ