11月26日(火)にクロスホテル札幌で開催された「ワインなひととき(和飲な人時間)」に今年も行ってまいりました。

DSCF1771.jpg

昨年にひきつづき、今年も白糠食材をテーマにしたフルコースを作っていただきました。
DSCF1764.jpg

DSCF1765.jpg

毛がにとししゃもは白糠漁協の毛がにかご部会さんとししゃも部会さんのご協力。鹿肉は地元ハンターMさんのご協力、そして白糠酪恵舎のチーズも使い、まさに白糠づくしのお料理となりました。


この「ワインなひととき」は2008年の9月から毎月行われているイベントで主に道産ワインと道産食材をテーマに開催されています。

今回は日本清酒 余市ワインさんとのコラボレーションということで、まずは余市ワインさんの説明がありました。
DSCF1800.jpg

そして乾杯とともに食事のスタートです。

美味しいお料理が続々と登場しました。(空腹時に閲覧ご注意くださいw)

DSCF1807.jpg
白糠産ししゃものフリット
蜂蜜とバルサミコの香り

さくさくした衣と甘味のあるソースが絶妙でした。

DSCF1814.jpg
白糠産毛ガニと蕪のジュレ寄せ
蟹味噌と黄身酢のソース

白糠の毛がにの大きさを実感できるひと品。毛がにをたっぷり使ってください!とお願いして作っていただいたメニューです。「たらば?」と言っていた方もいたとか。

DSCF1818_20131129142458a1b.jpg
蝦夷鹿のカイエット
根セロリのサラダと林檎のピューレ

蝦夷鹿をあらびきにして葉でくるんだものです。すごく凝っていました。

DSCF1832.jpg
炭焼き穴子と牛蒡のスパゲッティーニ
白糠酪恵舎2年熟成モンヴィーゾのトマトソース
山椒のアクセント

焼き穴子の代わりにガンズでもよかったなと思いました。山椒がトマトソースに合うとは意外でした。

DSCF1836.jpg
蝦夷鹿の黒胡椒ロースト ナッツのペースト
白糠酪恵舎のスカモルツァチーズと里芋のグラタンを添えて

贅沢に部位別にエゾシカを使ったロースト。高い評価を得ていました。

DSCF1842.jpg
洋梨の果実とジェラート
黄柚子の香りと共に


これに白ワインが2種と赤ワインが2種。贅沢なコースでした。

コースのあとで皆さんに感想を聞いたところ「本当に美味しかった」とたくさんの拍手をいただきました。

また、何度も参加しているお客様から「今までで一番美味しいコースだった!」と言っていただきました。嬉しい限りです。

白糠町の食材の説明をすると大変興味深く聞いてくださり、イベント後にも「取り寄せしたいんですけど」と声をかけてくださった方もいました。


今回は、白糠から毛がにかご部会の方にも参加していただきました。

以前から、そういう場を見てみたいというお話をいただいていたのですが、やっと実現しました。

自分たちが獲ったものがどう料理され、どんなふうに食べられているのかを見る、生産者と消費者が同じ場に会するというのはあまりないことですので、これも貴重な機会だったのではと思います。

会場では、お土産の毛がにをかけたじゃんけん大会も行われ、大変盛り上がりました。
DSCF1846.jpg
上品なレストランの雰囲気が一変する瞬間です(笑)

白糠のよい食材を知っていただくために、こういった食に関心のある方が集まる場というのがとても良いステージとなります。

食べるのが好きな方に美味しいと思っていただくのが一番の宣伝効果だと私は思ってます。

こういう機会をもっと増やして、白糠が好きと思ってくれる人を増やす!

それが私の野望です。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ