8月31日(土)と9月1日(日)の2日間、本別町で「第17回本別きらめきタウンフェスティバル」が開催され、白糠町として特産物販売を行なってきました。

正確には私は1日半でしたけど。

白糠町と本別町は「釧路と十勝」という地域の枠をこえて今年の3月に「包括交流連携協定」を締結しました。

産業・スポーツ・文化そして災害対策支援などの分野において、それぞれの地域の特性を尊重し補完しあいながら連携協力して多様な取組を積極的に推進することとしています。

詳細はこちらをクリック→本別町と白糠町の包括交流連携協定

ということで、5月の「本別町つつじ祭り」に続いて二度目の出店となりました。

会場は本別町役場の近くにある河川敷

想像を絶する広さでした。
DSCF9858.jpg

DSCF9859_2013090210060418a.jpg
さすが十勝。トラクターの展示も。

そして、本別町は豆の町ということでゆるキャラの「元気くん」
DSCF9866_20130902100604ef7.jpg
芸歴(?)7年のベテランだそうです。

個人的に和んだのは子供動物園
DSCF9856.jpg
ポニーさんと

DSCF9855.jpg
ウサギさん

白糠町のブースで販売したのはその場で食べられるたこ串ザンギ、つぶ串、持ち帰り用にほっけ、カレイ、秋鮭、タコカレー、ブルーベリー、しそ醤油、この豚丼のたれ、恋の鮭びでした。
DSCF9847.jpg

事前に毎年の動員数は3万人。と聞いていたのでどんだけ忙しいんだ?と思いドキドキしていたのですが、土曜日は1日中雨、日曜日も午前雨で、例年よりかなり人が少なかったそうです。

会場の奥側のブースにいたこともあって、売上的には苦戦しました。

1日目の見所は夜7時半からの花火なので、会場の11時には花火目当ての人が来るはずもなく・・・。

むむむ。

DSCF9861.jpg

DSCF9863_20130902100602641.jpg
お客様はちらほら。

やはりほっけやカレイが売れてました。

午後3時過ぎには、と構えていたのですが、やはり天候があまり回復せず、人が増えてきたなと感じたのは午後5時過ぎでした。

販売の波も少しきたかなと感じたころ、午後7時に開会式。
DSCF9882.jpg

DSCF9884.jpg
本別町長さんの挨拶

DSCF9888_201309021021535c7.jpg
わが町の棚野町長からの挨拶もありました。

そして花火。けっこう大粒な雨でしたが雨天決行でした。
DSCF9912.jpg
どどーん。

DSCF9950.jpg
ばばーん。
(レンズに雨粒ついてます)

北海道新聞主催の4500発の花火は圧巻。

私たちがいたブースの裏から上がるのですごい間近で見ることが出来ました。

こうして1日目は夜9時すぎに終了し、2日目。

2日目は10時から夜8時半まで。
DSCF9956.jpg
10時の開店時はこんな感じ。

DSCF9955.jpg
このリボンちゃんもステージに。

しかし、午前中で雨は上がり1日目よりは少し売れました。

2日目のメインは夜の歌のステージということでしたが、私は午後2時で上がらせていただき。道の駅やキレイマメの販売所などまわって帰ってきました。

本別町までは1時間ちょっとですが、やはり白糠とは景色が違い、しっかり遠出をした気分になりました。

野菜や豆が豊富なので、時々買い物に行ってもいいかなと思いながら帰ってきました。

海の町とは違うイベント、いろいろと勉強になった1日半、参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ