5月5日に開催された白糠酪恵舎の恒例イベント「白糠の山の恵みの即売会」に行ってきました。

昨年は直前に高熱でぶっ倒れ、10分くらいしか参加できなかった私。

今年は白糠酪恵舎のお手伝いとしてチーズの売り子として参加しました。

私は8時半に着いたのですが、もう準備はバッチリ。
DSC00424.jpg

DSC00425.jpg

今年、初出店の釧路のワインバー「カゼッタ・イーノ」の皆さん
DSC00426.jpg

そして、イベントスタートですが、チーズ売り場は常に混雑していてほとんど写真が撮れなかったので(言い訳)、ここからの写真はほとんど美味しいものブロガーのYさんのブログから許可を得てお借りしてます。要はパクリです。すいません。

白糠酪恵舎のブースではハイジパン、ガレット、チーズステーキ、豆サラータにミルクジャムの甘酒、リゾットなどチーズを使ったたくさんのメニューで常にお客さんの列が出来ていました。
dsc07616a.jpg

dsc07678a.jpg
プロボローネチーズのステーキ・・・く~っ!美味しそう!!

こちらは茶路めん羊牧場と釧路のレストラン「est di Zuppa」のお店
dsc07618a.jpg

dsc07624a.jpg
焼いてます、焼いてます。

こちらで出していたのがこのランチプレート
dsc07623a.jpg
羊のラグーパスタ、ソーセージに串焼き、テリーヌとレンズ豆のサラダ

これが美味しくないわけがないっ!でも食べてないっ!12時とともに完売でした。

そして、私が張り付いていたチーズ直売コーナー。
dsc07634a.jpg
常に人がいる状態で、ほぼ休みなしでした。

今回の目玉商品がこちら
dsc07653a.jpg
18ヶ月熟成の「グラナパダーノ」

新聞に掲載されたこともあって、このチーズを目的にこられた方も多いようでした。秋の本格発売の前に、このイベントでの先行発売だったのですが、用意した分は早々に売り切れました。

このチーズのことを知らなかった方も試食をするとすぐに気に入って購入、というパターンも多かったです。

釧路の和菓子店「なかじま」さんの「釧路チーズケーキ」も完売でした。
dsc07660a_20130507094855.jpg

10時から13時半の3時間半のイベントでしたが、常に人があふれている状態で、白糠酪恵舎の人気とこのイベントの定着を肌で感じることが出来ました。

幸い、心配していた雨もほとんど降らなかったので、昨年の雨の開催に比べると動員も3倍ほどあったそうです。

そしてまつりのあと・・・撤収はあっという間。
DSC00432.jpg
実はジョン&マーシーも裏方として頑張っていました。


最後に・・・私が食べたのはこれ。
DSC00429.jpg
阿寒から初出店の燻製やさん「プリシード」さんで出していた「キーマカレー」
超うまかったです。

このイベントにはたくさんの見知った顔が集まるのですが、なんと今回、私は20年前に一緒に働いていた同僚に再会しました。

「リコッタありませんか?」と問い合せてきた懐かしい顔。思わず抱き合いました。

最後に会ったのは6、7年前でしょうか。

「どうしてここに?」「2年前に流れ着きました。」と久々の再会を喜んだわけです。

よく消息を断つ私ですが、だいたいこうして発見されるパターンが多いです。世の中でせまいですね(^^)


ちなみに、このイベントは私にとっての記念のイベントでもあります。

2年前白糠に来て初めての仕事がこの「山の恵み」です。そこから実にたくさんのいろいろな「恵み」をいただいております。

今年は無事に参加し終えることが出来て本当によかった。
関連記事
コメント:

帰省中

私も行きましたよ~!どれもとても美味しかったです。
那覇との気温差が有りすぎて大変です(*_*)

>やぎやぎさま

イベントにお越しいただいたのですね。ありがとうございます。
私もスタッフではなく、一般参加で食べまくりたいイベントのひとつです^^
沖縄との気温差・・・考えたくないですね。25℃差くらいでしょうか(^ー^;
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ