釧路総合振興局の方からお声をかけていただいて、釧路管内の生産者さんのところにお邪魔してきました。

標茶町、浜中町、厚岸町とそれぞれの地域で頑張っている方々に会えるということで、私自身、とても楽しみにしていました。

まずは標茶町の株式会社エフシーエスさんにおじゃましました。
DSCF8266.jpg
ここで育てているのは「星空の黒牛(ほしぞらのくろうし)」というブランド肉牛。

最近、本州への出荷がどんどん増えているそうで、現在ここで飼育しているのはなんと3,000頭!!だそうです(@@)

以前、東京のイベントで社長さんとはご一緒したのですが、今回は出張中とのことで総務部長さんに牧場内を案内していただきました。
DSCF8229.jpg

DSCF8230_20130326135332.jpg
敷地面積は400ha・・・思わず「東京ドーム何個分ですか?」というお約束の質問をぶつけてしましました。

ちなみに東京ドームの面積は46,755㎡だそうなので・・・86個分です。

牛舎にはまさに黒い牛くんがいました。
DSCF8231.jpg

DSCF8232_20130326135332.jpg

DSCF8238.jpg
驚いたのはここの牛さんたち、人が大好きなんです。

牛舎に入っていくと、みんな立ち上がって近づいてきます。
DSCF8252.jpg

DSCF8254.jpg
「いらっしゃーい!」と・・・。
DSCF8242.jpg
みんなカメラ目線(笑)

スタッフみなさんが毎日丁寧にお世話しているので、人が大好きなんだそうです。
DSCF8258.jpg
1t近くあるそうですが・・・可愛い~♪

そして、もちろん子牛もいましたよo(^▽^)o
DSCF8282_20130326140431.jpg

DSCF8270.jpg
ちっちゃい子には寒くないように服を着せています。

お水や餌のお世話は毎日同じ人がして、1頭ずつ細かく様子を見ているんだそうです。食欲がなかったり、お水の減り方をすぐに把握出来るようにというのがその理由だそうです。

DSCF8274_20130326140431.jpg

DSCF8286_20130326140429.jpg
ちびっこも頭を触らせてくれました(^ー^)

これだけ手をかけていれば、牛さんも満足、そして人も満足ということにつながるんだなと思いました。

社長さんは個性豊かでとてもおもしろい方なのですが、牛に関しては他の誰よりも詳しく、どこに行くにも牛さんたちのデータを手放さないといいますから、本当に緻密なお仕事をしているんだとわかりました。

今度は星も見たいなと思いながら、標茶町をあとにしたのでありました。

つづく!
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ