先週末、久しぶりに札幌に行ってきました。

目的は高校時代の同期会。

実は担任だった恩師が母校の校長をしていたのですが、この春に退職することになり、そのお疲れ様会をしようというのが事の発端でした。

そして札幌に住む同級生たちがいろいろと準備を進めてくれる中で、せっかくだから高校の自分たちが過ごした教室で最後の授業を受けようということになったのです。

その提案を恩師も快諾してくれ、実現する運びとなりました。

数十年ぶりで訪れた校舎です。
DSC00141.jpg
廊下を見ただけでドキドキする。

そこに続々と同級生が登校。
DSC00144.jpg

DSC00146.jpg

昔と変わらない教室がありました。
DSC00148.jpg
昔は10クラスでしたが今は8クラス。中高一貫になることも決まったそうです。

そこで、先生にとっても私たちにとっても最後の授業、それぞれの近況報告を終え、本格的な授業が始まりました。
DSCF7852.jpg

DSCF7859.jpg
いきなりプリントが配られ、みんなドキドキ。

DSCF7869.jpg
昔とまったく変わらない先生の英語の授業でした。

英語以外にも私たちの役に立つ内容もあり・・・。
DSCF7871.jpg

DSCF7875.jpg
元々、私服の高校だったので、みんなちょっと年を取ったということ以外は昔と変わらない風景です。

DSCF7878.jpg
「今のお前たちに伝えたいことを考えた」という先生のメッセージが込められた貴重な授業となりました。

授業の最後には軽音楽部だったメンバーが先生を送る歌を披露。
DSCF7885.jpg

DSCF7887.jpg
バドミントン部の顧問だった先生に「シャトル」という言葉を使ったステキな歌が贈られました。

最後に記念撮影。
DSCF7892.jpg
現在、教員をしている人も多かったので、先生のいまの姿は本当に勉強になったのではと思います。

学校をあとにした私たちはサッポロビール園を皮切りに飲めや歌えの大騒ぎ。
DSCF7907.jpg
過去や現在の話しが途絶えることなく続く、楽しい夜となりました。

実は私はこうした会にはほとんど参加したことがなかったので、一気に昔にタイムスリップした本当に貴重な時間でした。

この日のために遠方からきた人の中でも一番遠かったのはグァムから。

それだけの価値があったなと思います。

また、こんな機会があったらいいなと思える一夜でした。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ