12月に初めておじゃました釧路のフレンチ「魚介とワインK」

その時の様子はこちら→「白糠なお店“魚介とワインK”@釧路」

このお店の今シェフは白糠出身というすごい経歴の持ち主(生まれは経歴になるの?w)

その今シェフが地元食材を使ったお料理教室の講師をするという情報を聞きつけ、潜入しました。
429128_222180907917726_1064985629_n.jpg

材料は、ホタテにホッキにあさりに柳だこ(もちろん白糠産です)
DSCF7466_20130204094110.jpg

DSCF7470.jpg
このまま食べても美味しそうな材料がズラリ。

という衝動を抑えて・・・スタート
374331_4022912385963_490404256_n.jpg
今さんの説明に聞き入ります。

今回は3品作るので、それをひと通り実演し、そのあと全員が作業に入りました。
DSCF7473.jpg

普段、使っている材料でも、今シェフの手にかかるとすごーいご馳走になります。その技を学ぶため、生徒の皆さんはとても一生懸命でした。

私はそんなに働かなかった気が・・・(^_^;)エヘ

作っている最中の写真は・・・撮り忘れてました(^_^;)エヘヘ

ということで、1時間で3品出来上がりました♪
DSCF7478.jpg

白糠産柳だことセロリのサラダ
DSCF7477_20130204094445.jpg
ちょっと時間が足りなかったのですが、タコを柔らかく煮るには時間をかけてゆっくりと煮ることが大切だそうです。

ホタテとホッキのムニエル
DSCF7475.jpg
このソースは作りました!
ブースブールノワゼットソースと言います(バターを木の実のように香ばしくしたソース)
バター、ケッパー、レモン汁、パセリで作ります。
このソースだけで贅沢な感じになるので、今後いろいろ使えそうです^^♪

そして、アサリと白菜のクリームパスタ
DSCF7476.jpg
これもすっごく美味しかったです。

どの料理も簡単な手順で作れるものでしたが、普段、自分ではしない味付けで目からウロコの連続でした。
調味料も塩コショウしか使わないのにすごく美味しいんです。

こういう勉強の機会って大切ですね。

札幌では料理教室には通ったことのない私でしたが、白糠に来てから、いろいろなイベントで参加する機会が増えたのでとっても楽しいです♪

自分が知っていること知らないことの確認ができる良い機会でもありますね。

目指せ、シェフレベル!(言い過ぎました、反省)
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ