1月28日(月)に釧路公立大学で開催された地域経済セミナー」に参加してきました。
DSCF7434.jpg

この日のテーマは「地域のブランディングに求められること」
DSCF7435.jpg

今、参加させていただいている地域ブランド検討委員会の検討事項と深くリンクしたテーマです。

講演したのはは名古屋の株式会社コボの代表取締役山村真一氏
DSCF7439.jpg

DSCF7438.jpg
山村氏はもともと三菱重工業に入社し、三菱自動車工業チーフデザイナーとして、ギャランFTO、ランサー等の企画、デザインを手がけた方で、現在もデザインに関わる多くの仕事を手がけているそうです。

会社では常に60~70件の仕事を並行して行っているそうです。

私が知っているところでは、今や当たり前になっているコーヒーミルクのポーションパッケージや、docomoで発売された天然木で作られた携帯電話などのデザインを手がけたのもこの会社なんだそうです。

地域の特産物を生かし、どのようにブランド化していくかというお話を実例を挙げてとてもわかりやすくお話してくださいました。

地域ブランドとして売りたい商品は一時的に広告費をかけるのではなくじっくりと拡散していくことが大切ということでした。

また、他の地域で火が付いてブームになったとしてもそれは流行で終わってしまう。世の中の価値観が変わりつつある今、歴史や古いものを振り返り、そこから新しいモノを見つけていくことも重要だとのことでした。

くしろについては「良いものがたくさんあって、それが当たり前になっているからのんびりしてしている印象を受ける。」「ただ、良いモノがあるのは間違いないので、しっかりと目標を共有してそこに向かって行くべきだ」とおっしゃってました。

1時間半の講演はあっという間で、もっといろんなことを聞けたらなと思うとても良い講演でした。

また機会があれば参加したいです^^



そして、オマケ。週末のランチ。

もうかれこれ1年以上、行ってなかった釧路のフレンチ「ガストーラ」に行ってきました。ランチは初めてです。

まずはユンボギさんがご自身のブログで大絶賛していた煮込み「ガルピュール」
523307_3993371047448_141683634_n.jpg
自家製生ハム使っているというこのガルピュールはポトフとはまた違う味わいで、この日はカボチャの優しい味がふわーっとしていました。

タラのソテーと茎ワカメ添え
528843_3993371687464_252669250_n.jpg
茎ワカメの塩味がソース代わりのアクセントになっていてとっても美味しかったです。

デザートは古代原糖のアイスクリームとヨーグルト
523076_3993372167476_1500683429_n.jpg
素朴な味のアイスクリームとヨーグルトの酸味のバランスがよくて、上品なフローズンヨーグルトを食べているような気分になりました。
甘いものはほどほどでいい私ですが、これはもっと食べたかった。

これまでは車で行くとワインが飲めないからとランチは避けていたのですが、飲めなくても大満足だということがわかりました(笑)

ということで、またお邪魔したいと思います。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ