この度、北海道の食や食文化の発展に功績ある個人、団体をたたえる第9回「小田賞」に、白糠町で茶路めん羊牧場を営み、優れた羊肉を出荷している武藤さんが選ばれました。
ニュースはこちら →「北海道ニュースリンク

ということで、またまた茶路めん羊牧場に行ってきました。

茶路めん羊牧場に着いた時間はちょうど羊の朝ごはんの時間でした。
DSCF8902.jpg
みんな並んで食べてます^^
DSCF8900.jpg

武藤さんのご自宅でお話をうかがいました。
DSCF8904.jpg

DSCF8908.jpg
この賞はNPO法人「小田豊四郎記念基金」(理事長・小田豊六花亭製菓社長)の主催で、毎年1組に贈られる賞なのですが、今年の審査員は作家の林 真理子さんが務めたそうです。
0047.jpg

0052.jpg


審査員が事前に候補者を周り、審査をして決めるということで、武藤さんのところにも林真理子さんが実際にいらしたそうです。
その様子は林さんのブログにもアップされていました。 →「あれもこれも日記」

牧場の羊を見て、そのあと武藤さんの羊の料理を食べて帰られたそうですが、林さんの決め手になったのは武藤さんが作ったスープの味だったそうです。
それまで、ラム肉を好んでは食べていなかった林さんが羊が好きになり、興味を持つことが出来たそうです。

表彰後には武藤さんが羊を捌いて提供したそうです。
0101.jpg

0100.jpg


そもそもこの賞は推薦者により候補者を決めるそうなんですが、今回武藤さんを推薦したのは、報道ステーションや北海道の番組にも出演されている東京大学名誉教授の月尾嘉男氏だったそうです。
集合 1 (2)
(写真右が月尾先生)

武藤さんは23年前に一度だけ月尾先生に羊の丸焼きを提供したことがあり、そのご縁が今につながったということで武藤さんも驚いていました。

今回の賞はあまり知られていない羊に光があたるいい機会になったことが嬉しいともおっしゃってました。
DSCF8917.jpg
表彰されたトロフィーを手にした武藤さん1(羊後ろ向き)

DSCF8913.jpg
表彰されたトロフィーを手にした武藤さん2(羊前向き)

DSCF8916.jpg
その前で一心不乱にご飯を食べる羊さま

武藤さんのお宅にとっても可愛いものがありました。
DSCF8910.jpg
武藤さんの羊のムートンで作られた椅子です。

座るとびっくり!本当に気持ちがいいんです。
これは札幌の工房「ジェントル・ツリー」で受注生産で作られているんだそうです。

欲しい~っっっ!

また欲しいものが増えてしまった(>_<)
関連記事
コメント:

うれしいニュース!

5月21日の道新記事は帰省中で見逃してました。
「羊男」第一人者の武藤さんでも、羊はまだこれから
という状況なんですね。
国産羊の美味しさを一度でも味わえば
その素晴らしさに羊肉ファンも増えると思います。
これからも貴重な白糠情報の発信を期待してます。

> ユンボギさん♪

実は私も知らずにいたのですが、広報担当者から取材をするというのを聞いて
あわててくっついて行った次第です(^_^;)
とてもタイムリーで嬉しいニュースですよね。
「羊をめぐる冒険」のお話もされていたので、早速読まなくちゃと思っているところです。
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ