さきほど、98%くらい書き終えたこの記事が・・・消えました。
あんなに頑張ったのに・・・。どこにいったの?カムバーック!

気を取り直してもう一度。

5月5日に書いた「住宅事情」という記事の中で、「うちは上水道も下水道も通っていますがうんぬん」と書きましたが、そこにまつわる出来事がございました。

水道の検針票が数日前に玄関に入っており、詳細を見ると、上水道には使用量と概算金額が書かれていたのですが、下水道のところにはすべて「*」印が入っていました。
「ああ、引っ越してきてそんなに使ってないからかなぁ」と思っていたのですが・・・。

その後日、職場で「水道の検針票届いてましたよー。上水道はいくらいくらで、下水道のところは「*」になってたんですよねー。使う量が少ないからですかねー。」と話したところ、わたしの隣の座っている元水道課のY君が「え?ほんとですか?それは・・・気になりますね。」と水道課に確認に行きました。

そして、戻ってきてひと言「「あそこには下水道通ってませんでした。」

え?・・・通ってない?・・・じゃあ、私の...はどこに?

私「でも、水洗だよね。」

Y君「見た目水洗でもそれがどこに処理されているかってことなんですよ。」

私「全部、上水道でまかなってるとか?」

Y君「それはないですねー。」

私「そういえば、私、トイレ使ってないかも(大ウソ)」

Y君「いや、もし汲み取りだとしたら、家の周りにこのくらいのフタ(栓)があるはずなんですけど。」

き、記憶にございません。

Y君「どうなってるんでしょうね、大家さんに聞いてみた方がいいかも。」



と、ドキドキしながら、家に帰ると・・・ありましたよ・・・「このくらいのフタ」


その「このくらいのフタ」には「汚」と書かれていました。間違いない。

いやぁ、無知ですねぇ。トイレも人も見た目だけで判断しちゃいけないって教訓です。(ホントか?)

汲み取りの申し込みの方法を聞かなくちゃ。


と、いつもでしたら写真を載せるところですが「フタ」の写真を見せるのもどうかと思いますので、ここで「ねこ紹介」をしたいと思います。私と一緒に白糠町に引っ越してきた2匹です。

特技は散歩です。
2006年1月生まれの「くるみ(♀)」です。体重5キロのデブちんです。性格は「おネコ好し」

これが基本姿勢です。
2006年7月生まれの「もこ(♀)」です。体重3キロ「頭脳戦ならおまかせニャ」

2匹とも里親募集で出会いました。

くるみは人が大好きで、人なつっこい「営業部長」。

もこは超人見知りで、知らない声や音が聞こえただけで気配を消します。一度隠れるとなかなか見つかりません。でも、くるみに対しては体力勝負以外は強気(笑

こんな2匹と暮らしています。
今後もたまに登場すると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

関連記事
コメント:

ねこ繋がり

Gabさんこんにちは。
私もくるみ君のようなクロトラの仔猫を海外生活
20年目にして(海外では初めて飼い始めました。
まだまだ3ヶ月未満でちっちゃいですが、くるみ君
みたいな貫禄のある猫に育ってくれることを願って
います。(あっ、でも性別まだ不明です。)
ちなみに茶トラの兄弟と一緒です。

ねこぱんちさん♪

ねこぱんちさんのニャンコさん、ブログ拝見しましたー。茶トラも可愛いですね♪
茶トラはほぼオスしか生まれないらしいので、茶トラくんはたぶんオスですね。
トラシリーズは性格が穏やかな子がいので飼いやすいそうですよ。
くるみはたくましいのでかなりオスっぽいんですけど、いちおメスです(笑
これからもよろしくお願いしますー☆

うむ。生活感あふれる記事ですね。
っていうかブログなので日常の生活感があふれていて当然ですよね。

ねこぱんちさんも大喜びですね。
ねこちゃん達の本格的な登場に!!

またしても、超真面目なコメをしてしまいました。
お邪魔しました<(_ _)>

柳だこさん♪

生活感ありすぎでしょうか…笑
リアルスコープ的な感じで、生活情報もお届けしようと思ってます。
いまはネコと、ネコ用コタツを取り合ってます。
今日、寒すぎですよね( ̄◇ ̄;)
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ