先日、「ルパン三世の町」として話題になっている浜中町にお邪魔しました。
ルパン三世の原作者であるモンキー・パンチさんの出身地ということで、ルパン三世を町のキャラクターにして町おこしをしています。

浜中町を訪ねるのは2度目ですが、前回は海藻バターの試作(←クリック)で「MO-TTOかぜて」という施設に行っただけだったので町を見るのは初めてでした。

浜中町役場は国道44号線から茶内駅を通り、霧多布湿原を抜けた霧多布エリアにあります。
湿原を抜けると突然広がる町の光景はなんだか不思議でした。

まず感じたのはとても道路が広いということ。

これが役場に向かう通りです。つきあたりが浜中町役場
DSCF7989.jpg
歩道もすごく広いですよね。

右に見えるのが浜中町総合文化センター
DSCF7992.jpg
ここにもルパンがいっぱい。

実は最初、この文化センターが役場だと思い、間違って入ってしまいました(=_=;)ハズカシイ。

この通りの街灯にルパン一味があふれていました。
DSCF7979.jpg
こ、これは・・・。
DSCF7982.jpg
ルパン

DSCF7984.jpg
次元

DSCF7986.jpg
五右ェ門

そして
DSCF7987.jpg
銭形のとっつぁん!

不二子ちゃんは道路を挟んで向かい側に並んでおります。
DSCF8008.jpg

DSCF7993.jpg

DSCF7990.jpg
なんとバニーです。

まだまだルパンづくしは続きます。

文化センターの外壁に並ぶ面々
DSCF7974.jpg

DSCF7972.jpg

DSCF7971.jpg

DSCF7970.jpg

DSCF7973.jpg

建物の中にもたくさん
DSCF8002.jpg

DSCF7994.jpg

DSCF8007.jpg

DSCF8003.jpg

DSCF8005.jpg

DSCF8004.jpg
複製原画もたくさん飾られていました。

昨年はモンキー・パンチさんが来町して、「マンガ教室」なども行ったそうです。

そして何より話題となっているのがJR花咲線の車輌や町内を走る路線バス、タクシーへのラッピング。
役場で聞いたところ、「バスは今出たばかりですね。」と・・・。
こればかりは動いているものなので見るのはムリか・・・とあきらめムードな私。

が、しかし!

クルマで町内の観光ポイントを見て廻っている途中でバスを発見!
追跡開始です!

辿りついたのは「霧多布温泉ゆうゆ」前のバス停。
やった!バスが停まったあぁぁぁぁっ!

早速、クルマを飛び降りて鉄ちゃんばりに撮影!
DSCF8027.jpg

DSCF8022.jpg

DSCF8021.jpg
撮った!カッコいい~っ!たまらん!

黒い車体というのが目を引きますよね☆

いやぁ、よかった。満足満足。

このほかにも景勝地を周ったのですが、まだシーズンには早く、ちょっとさびしい景色でした。
それはオンシーズンにまた訪ねたいと思います。

こうしてルパンだらけの浜中町ですっかり満足した私ですが、こうした有名なキャラクターを使うにはたくさんの手続きや許可が必要でとても大変なんだそうです。

モンキー・パンチさんは「どうぞ自由に使ってください」ということらしいんですが、アニメや映画になっている以上、そこにはいろいろな著作権が発生しています。それを使用するとなると許可を取るのも1年がかりだとか・・・。役場の方の話を聞き、とても苦労されていることを知りました。

でも、公式に使える町は浜中町だけ。これはすごいアドバンテージですよね。
今年はさらに盛り上がる予定、ということなので私も楽しみにしています。

皆さんも霧多布湿原がきれいになるオンシーズンにぜひ訪ねてみてくださいね。
関連記事
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ