¡Hola! ¿Cómo están ustedes?(こんにちは!ごきげんいかがでしょうか?)

12月17日(土)の午前に白糠町公民館で行われている公民館土曜サロンで「アルゼンチンタンゴの魅力」という講座を開かせていただきました。

依頼を受けたのは夏ごろだったのですが、畑仕事が終わってからはちっとも体を動かしていない私が、そんな大それたことをしていいのだろうかと思いつつ会場へ。
DSCF5830.jpg
ひゃー、看板!

DSCF5831.jpg
ひゃー、受付!

DSCF5832.jpg
ひゃー、・・・始まる。(他人事?)

1時間半の30分はアルゼンチンでの生活やタンゴの話をさせていただきました。
・アルゼンチンまでは飛行機で24時間以上かかります。
・アルゼンチンの人は1日4食です。朝、昼、夕方、夜。夕食は夜10時から・・・。
・主食は肉!肉!肉!とワイン!ワイン!ワインったらワイン!

そのあと、実際にタンゴに触れていただこうということで、レッスン開始です。

アルゼンチンタンゴは130年ほど前にブエノスアイレスのボカという港で生まれました。
マラドーナを生んだ「ボカ・ジュニオールズ」の本拠地であり、とても危険な町でもあります。
イタリア・スペインからの移住者によって踊られたのが始まりとも言われています。

IMG_9044.jpg
まずは基本の歩き方から・・・

IMG_9099.jpg
つづいてサイドへの動き

IMG_9159.jpg
皆さん、覚えが早いです。


続いては女性と男性のステップについて
IMG_9209.jpg
タンゴは男性のリードがないと女性は動いてはいけないダンスなので、女性はあくまでも基本を覚えてリードを待ちます。

男性も2名参加してくださったので、男性にリードをお願いして組んでいただきました。
IMG_9242.jpg

IMG_9263.jpg
私ももちろん男性役です(笑

IMG_9316.jpg
そして、最後に、よく皆さんが見るタンゴの足で遊ぶ動きを見ていただきました。

1時間、あっという間でしたが、皆さん、ちゃんと組んでステップできるようになっていましたよ。
これを数回繰り返せば、本場で踊れるようになります。

アルゼンチンタンゴというと激しく飛んだり、跳ねたりというイメージがあるかとおもいますが、あれはあくまでもステージで見せるために振付けた踊りで、実際はダンスホールで基本のステップを覚えていれば踊れるものなんです。そして、いくつになっても踊れるダンスです。

今回のレッスンで、白糠にもたくさん踊れる方がいるとわかったので、また機会を見つけてどんどん広めていきたいと思います。

「タンゴの町・白糠」ぜひ覚えてくださいね^^

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
関連記事
コメント:

お疲れ様でした!

出来ることならお手伝いに行きたいと思いつつ記事を拝見させて頂きました。
愛する街にタンゴの灯を点されたこと、とても素敵に思います。
お身体に気をつけてこれからもご活躍下さい。

そういえば・・・

タンゴまだ教えてもらってませんでした(笑)
今はイカたこのほう覚えてました(;´▽`A``
実は・・・そのイカたこのダンスを!!!
なんと!!!!!!!近日披露するのです(;´▽`A``

>井ノ上さん

コメントありがとうございます。
私もできることなら井ノ上さんお力を借りたいと思いましたが、お呼びするには遠すぎました(⌒-⌒; )
でも、こういう機会があると、自分がタンゴを始めた頃のことも思い出せていいなぁと思います。

>デニーロさん

> タンゴまだ教えてもらってませんでした(笑)
そうでしたね!厳しい個人レッスンしましょうか^^

恋問体操も繰り返すとなかなかハードですよね。
披露する噂は聞いております。取材に行きますね!
トラックバック:
トラックバック URL
コメント:フォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ