今年のししゃも漁が11月23日で終漁となりました。毎年のことですが、約1ヶ月という短い期間でした。

今年は魚体が大きく、漁の初期からメスはすでに卵が入っている状態でした。
12038801_481366468692001_1483308039223580517_o (1)

12045232_481366402025341_2000631694388933420_o (1)

ししゃもで有名な某町では今年は絶対的な不漁と新聞でも騒がれていましたが、白糠ではその真逆で大漁となりました。
11707831_484222761739705_7099059550990930183_o.jpg

12189308_482341255261189_6258913046050963874_o.jpg
(ここまでの写真は白糠漁協さんのFacebookページからお借りしました)

ほんとにすごい!!大漁で前浜が沸くというのは本当に嬉しいことです。

しかし、他の不漁の影響か、ししゃもの値が上がるというのも事実で、高値がつくと地元にまわりづらいのも現実です。

ということで、町のお魚屋さんでもししゃもの値は例年より100円くらい値上がりしていました。それでも、白糠で買えるブランドものとして売られているししゃもの1/2~1/3の価格です。びっくりぽんです。

さてさて、地元の漁師さんにも人気の居酒屋「貴州屋」さんにはこの時期「ししゃもフルコース」が登場します。
12049522_465782120292954_1375013430554377722_n.jpg
※コースやメニューの価格は漁により変動することがあります。

実はフルコースでは食べたことのなかった私。

今年は「絶対食べた~い!!」といつものメンバーで貴州屋さんへ。漁によっては生のししゃもが入らない日もあるということでしたが、その日はちゃんと漁が出ていた!やったー!!

ということで満を持して貴州屋さんへ。
640x640_rect_20000498.jpg

小上がりの席についてまず目に入ったのがこちら
12299355_10204554970389008_8170510183234968209_n.jpg
お?

じゃじゃーん。
S_12278929_10204554867146427_5208865981660000387_n.jpg
ししゃも鍋、これで1人前。

今日は何尾のししゃもを食べるんだろう・・・(嬉) 思わずニヤニヤしました。

ということで、料理がスタート!

煮付け
S_12308420_10204554867386433_5112705080462777550_n.jpg

これは!
S_12249923_10204554873906596_2330311099587393106_n.jpg
お刺身と
S_12308432_10204554867986448_6906959806063254606_n.jpg
カルパッチョ
S_12313720_10204554868106451_4356254596075030909_n.jpg

焼きししゃも
S_12250104_10204554868386458_7071236306251542119_n.jpg

天ぷら
S_12310476_10204554868506461_5586243128307271269_n.jpg

カツとじ
S_10386377_10204554868706466_6787787999022207452_n.jpg

握り
S_12294757_10204554868866470_9050847940942135024_n.jpg

焼きししゃも以外は全て1人前ずつ出てきたので、計算すると・・・・なんと!ししゃも20尾!
いやぁ、食べた~。かなり満足しました。今までこのコースを食べなかったことに後悔。

この日、隣のテーブルにいたのが1組のカップルの方たち。どちらからともなく話し始めると、なんとその方たちは東京から、「このコースを食べるためだけに来た」とのこと。

その理由がこちら
12244272_868598699922619_4131113449377079536_o.jpg
昨年放送されたHTB「おにぎりあたためますか」で紹介された貴州屋さんのししゃも料理を今年は絶対食べていたんだそうです。
ちなみに本州での放送は北海道より3ヶ月遅れだそうです。

宿泊は釧路、そこからは交通手段がわからなかったのでとりあえずバスで1時間かけて来たとのこと、帰りはJRにしてくださいと強くおすすめしました。

コースを食べた感想は「すごい!期待以上でした!」と大満足の様子でした。
そして「おにぎりあたためますか」で紹介される情報にはまずハズレがないということも話していました。

実際、貴州屋さんには本州から来たというお客様が増えているんだそうです。
テレビの効果はすごいですね。というかチームナックス効果でしょうか。
もっともっとたくさんの方が白糠に来てくれますように。

そういえば。
今年から11月11日を「白糠ししゃもの日」とすることにしました。勝手に。
12193478_10204464753853651_2962110456966735969_n.jpg
この姿がどう考えても「1111」でしょ。ということで、ししゃも好きの友人からの提案もあり。

11月11日は「白糠ししゃもの日」とさせていただきます!みなさまどうぞよろしくお願いします!


お店のデータ
「貴州屋」
白糠町東2条南1丁目
電話:01547-2-3783

※今年のししゃものフルコースは終了しておりますが、旬のお料理が楽しめますので、ぜひお問い合わせください。

毎年11月の札幌は「嵐の嵐」といわれる嵐のコンサートでホテルがまったく取れなくなります。

今年もこの嵐の嵐を避けて、コンサート翌週の11月21日に「札幌しらぬかふるさと会」を開催しました。
会場のホテルエルム札幌には約50名の会員の方が集まりました。
DSCF2957.jpg

第一部の総会の部ではふるさと会の荒会長からの挨拶があり、その後、各役員より事業や決算についての報告、また次年度の計画案が提案され、承認を得ました。
DSCF2939.jpg

DSCF2943_20151124152728704.jpg

DSCF2946.jpg

今回は役員の改選がありましたが、これまでの役員が各担当を続けるということで承認されました。

そして、その後、来賓として棚野町長と、白糠ふるさと会を支援する会の高橋会長の挨拶がありました。
DSCF2960.jpg

S_DSCF2964.jpg

このあとは食事をしながらの懇親会がスタートし、栄三郎商店による特産物販売も会場内で行ないました。
DSCF2985.jpg

DSCF2982.jpg

会の後半には恒例のお楽し抽選会もあり、来賓として参加したアイシスにも手伝ってもらいました。
DSCF2988.jpg

DSCF2998_20151124154941571.jpg

DSCF2999_20151124154942702.jpg

約3時間の宴は町議会の丸子議長の締めで終了しました。
DSCF3006_20151124154943d9f.jpg

DSCF3008_20151124154945e29.jpg

ご参加、ご協力いただいたみなさま、お疲れ様でした。

雪の予報の札幌でしたが、雪は見られず戻ってきました。

秋もすっかり深まり・・・ってか、もう冬ですね。

ということで冬前の作業、今年もがんばってくれたシソのビニールハウスの片づけをしました。

森江建設さんの協力で撤去作業を行ないました。
DSCF2916.jpg
骨組みだけを残してビニールやドアなどを全て外します。

そして畑も・・・
DSCF2920.jpg

DSCF2921.jpg
刈り残していた株をすべて抜きます。私もこれを手伝ったのですが、根が張ってなかなか抜けないものもあり、すっかり汗だくになりました。

ビフォー
DSCF2918.jpg
アフター
DSCF2923.jpg
刈れていてもしっかりシソの香りがしていました。シソはすごいなぁ。

ところどころにシカのフンが落ちていて、足跡も・・・。
DSCF2922.jpg
チョッパーの足跡だったらいいのに(ワンピースネタです)

そしてハウスの作業も終わり・・・
S_DSCF2925.jpg

DSCF2931_201511190944015b9.jpg
ホネホネハウスになりました。

プロの仕事は速くて、小1時間で終了~。ほんとうに助かりました。

久しぶりに会ったお隣の黒牛さんたちも元気でした。
DSCF2934.jpg
しっかり見下ろされ・・・。

おもしろかったのがこれ。
DSCF2936_201511190944049a3.jpg
なんか、アタマを振ってるなぁと思ったら。。。

なんと、バラ線を使ってアタマを掻いてました(笑)
かゆかったのね。

ということで、今年もシソ作業もこれにて終了です。

みなさまお疲れ様でした。

釧路に新しくオープンするシェアリング型店舗
《en.》share place(←クリックするとホームページへ)
1Fには小さなカフェとレンタルスペース
2Fには「食」工房と手芸屋さんと手作り雑貨店

ここで開催されているリース作りに参加してきました。

この教室を開催しているのは釧路市内のいろいろなイベントでもハンドメイドのルームシューズ(バブーシュ)を販売しているlaugh sion(ラフシオン)さん。

まずは土台となるツルの枠を選び、そこに好きなお花や植物を飾り付けていきます。
S_DSCF2905.jpg

S_DSCF2906.jpg
たくさんのお花の中から好きなものを選ぶのですが、これが迷う。棚のお花を見てるだけでうっとりしてしまう~。

基本的なやり方を習ったら、早速スタート。
S_DSCF2903.jpg

S_DSCF2907.jpg
それぞれ好きなものを選んでもくもくと作業・・・・。

予定の2時間はあっという間。

出来上がりはこちら。
S_DSCF2910.jpg
私のはなんだか普通です。どこにでもありそうな感じ。

もっとお花を使うつもりだったのに、気づけばスペースがなくなっていたという・・・。
麦だの唐辛子だのみかんの皮だの、食べれるものばかり。

それに比べ、他のみなさんの作品はすごい。

あじさいをつかったもの
S_DSCF2909.jpg

たくさんのいちご草を使った生け花にも見えるようなデザイン
S_DSCF2912.jpg

元気になるイエロー
S_DSCF2914.jpg

こんなにも違うものが出来るんだなぁと、それもおもしろかったです。

これを作りながら出来上がるころには「次はどんなの作ろう」と思っている自分がいました。

次はもっと個性的なのにしたい!自分の平凡さを実感したひとときでした。

白糠消費協会が主催する牛乳・乳製品料理講習会が社会福祉センターで開催されました。

これまではお料理が多かったのですが、今年は初めて乳製品を使ったスイーツの講習会を行ないました。
DSCF2713_20151116095545901.jpg
私はいつも実習に参加するのですが、今回はカメラ取材ということでおじゃましました。

白糠消費者協会の新井田会長からのご挨拶
DSCF2712.jpg

そして、今回の講師の先生のご紹介です。
DSCF2718.jpg
お菓子を専門に教えられている製菓衛生士の山本若恵先生です。

今回、作るのは・・・
・パンナコッタ・ショコラータ
・チーズスティック
・オムレット・オ・バナナ

ということで、パンナコッタ・ショコラータからスタートです。
DSCF2720_201511160958307f6.jpg

お菓子に重要なのは計量。
実は私、この細かい計量がめんどくさいのでお菓子つくりが面倒だと思ってしまうタイプです。出来ることならすべて目分量でやりたい(笑)

先生は実に丁寧です。←当たり前だ!
DSCF2726_20151116095831937.jpg

DSCF2742.jpg

同時進行でチーズスティックの生地も作っていきます。
DSCF2745_20151116100257a6c.jpg

DSCF2730_20151116095832f73.jpg

あらかじめ作っておいた生地で発酵具合の確認
DSCF2731.jpg

DSCF2734.jpg

と、私はここでお暇したのですが、出来上がったのがこちら。

パンナコッタ・ショコラータ
DSCF2739.jpg

チーズスティック
IMG_0035.jpg

オムレット・オ・バナナ
IMG_0036.jpg
焼印までついてオシャレです。

切ると中にはまるごとバナナ
DSCF2748_20151116100703daa.jpg

私もちゃっかり出来上がりをいただいたのですが、どれも甘さ控えめでとっても美味しかったです。甘いもの苦手な私も美味しくいただけました。

これからのクリスマスシーズンに家でのおもてなしにも使えそうですね。

私もちゃんと計量が出来る人になろうっと・・・。

11月は本当に寒いですね。

11月生まれの私ですが、ほんとに寒くてビックリします。

ってなわけで、11月といえば!今年もこの季節が来たカニーーーーッ!!
ゆでたて毛がにを食べようvol7_2015
「ゆでたて毛がにを食べよう!」今年で7回目です!

今年もANAクラウンプラザホテル釧路で開催されたのですが、今年は会場がより大きくなり、3階の万葉の間に移りました。

ということに気づいていなかった私は例年通り2階に上がり、「あれ?会場がない!」と慌てました。

年々、お客様の数が増え、今年はなんと216名!新郎新婦が出てきそうな規模です。
DSCF2763.jpg

会の始めに、町長からのご挨拶
DSCF2750_20151110134213614.jpg

そして宴が始まりました。

出てくるのは新郎新婦ではなく・・・毛がに!
DSCF2756_20151110134218639.jpg

ドーーーーーン!!
DSCF2755.jpg
この会場だけで216杯のカニ、カニ、カニ。

常連の方は慣れたもので、袋に詰める人、早速さばく人、それぞれ。全員が毛がにを食べるということは・・・口数も少なくなるわけ・・・でもなかったかな。皆さん、手をカニだらけにしながら楽しんでいました。

このほかにも茶路めん羊牧場のラム肉や、白糠産の鹿肉、白糠酪恵舎のチーズなど、白糠の食材を使ったメニューもたくさんありました。(写真は間に合いませんでした・・・)

会場をいつも盛り上げてくれるのはヒートボイスのお二人。
DSCF2759.jpg

そして、ライブのあとは恒例のじゃんけん大会。
DSCF2765.jpg
各テーブルの代表者がテーブル全員分の毛がにをかけて勝負します!

DSCF2769_20151110134743a0d.jpg

グループ代表決定戦
DSCF2773.jpg

そして決勝選
DSCF2777.jpg
勝ったのは左の男性でした。こちらのテーブル全員に1杯ずつ毛がにが配られました。

そしてそして、さらに毛がにが当たる抽選会!
DSCF2779.jpg

DSCF2784.jpg

この日はミラクルが起き、
DSCF2781.jpg

DSCF2785_20151110140230a0a.jpg
白糠酪恵舎のテーブルの確率のよいことよいこと。

こんな方もゲットしていましたね~。
DSCF2789_20151110140657743.jpg

多い人は3杯以上持って帰ってますね。なんという大盤振る舞い。

最後は白糠漁協毛がにかご部会の山田部会長のご挨拶でお開きとなりました。
DSCF2792_20151110140658e4d.jpg

今年は札幌から来られた方もおりましたが、感想を聞くと「この会、すごすぎる!」とうなっておりました。

来年1月には札幌市内のホテルでも開催する予定です。

白糠の毛がにがもっともっと認められていくように宣伝しなければ!

白糠のアイヌ三大祭、7月のふるさと祭、9月のフンペ祭、そして11月のししゃも祭が毎年最後のお祭りとなります。

今年は11月1日(日)に行なわれました。
DSCF2522.jpg

DSCF2524.jpg
町内のウレシパチセの施設で行なわれます。

白糠アイヌ協会 高木会長の挨拶から始まりました。
DSCF2528.jpg

来賓の方も多く来られていまして、この10月に農林水産副大臣に就任した伊東良孝衆議院議員と鈴木たか子衆議院議員も挨拶をされていました。

そして、豊岡祭司のお話のあと、儀式が始まりました。
DSCF2545_20151102150147438.jpg

祭司の掛け声によりシントコサンケ(利き酒/儀式で使用するトノト(御神酒)の品定め)が始まります。
DSCF2551_20151102150141bf2.jpg

DSCF2553.jpg
ここで「美味しい」と認められたトノトを使いカムイノミをします。

カムイノミとはアペフチカムイ(火の神)にトノトやヤナギで作ったイナウ(御幣)、塩、たばこなどを捧げ、感謝の意を表す儀式です。
DSCF2564.jpg
ししゃもも捧げます。

DSCF2570.jpg

今年のトノトは特に美味しいということで、カムイノミのあとで女性たちにもふるまわれました。
DSCF2585_20151102150623b7e.jpg

このあとは茶路川河畔に移動し、ヌサオンカミの儀式をします。
DSCF2597_20151102150906c87.jpg

DSCF2588_201511021506262e9.jpg

DSCF2593.jpg

そして女性によるイチャルパの儀式(食べ物を捧げる儀式)です。
DSCF2604_20151102150907c8c.jpg

DSCF2607.jpg

そのあとは古式舞踊の奉納です。

白糠アイヌ協会
アトイソー(舟漕ぎ舞歌)
DSCF2622_2015110215090354e.jpg

DSCF2615.jpg

クリムセ(弓の舞)
DSCF2632.jpg

エムシリムセ(剣の舞)
DSCF2633.jpg

DSCF2641.jpg

静内アイヌ協会
DSCF2646.jpg

ここで輪踊りも
DSCF2655_20151102151240637.jpg

弟子屈アイヌ協会
DSCF2661_20151102151502f7b.jpg

DSCF2660_2015110215150034f.jpg
この「鶴の舞」(サロルンリムセ)は初めて見ました。

このあと、イナウを自然の神に返します。
DSCF2667_2015110215150574d.jpg

DSCF2671.jpg

DSCF2675_2015110215145993a.jpg

DSCF2680_20151102152051184.jpg
これで全ての儀式が終わりました。

このあと、河畔では鈴木たか子さんの雑誌の取材が行なわれていました。
DSCF2683_2015110215205316e.jpg

写真横撮りの許可をいただいて撮影
DSCF2689_20151102152046297.jpg
ご本人の許可をいただいて、ここに掲載いたします(笑)

このあとウレシパチセに戻り、アイヌ料理が振舞われ、試食の会となりますが、ここで人気なのが獲れたてししゃもの販売とお祭り参加者だけが朝鮮できる「ししゃものつかみ取り」です。
DSCF2694.jpg

つかみ取りと言ってもたやすいものではありません。
DSCF2696_201511021520505a5.jpg
寒空の中、この氷水に手を入れて5秒間で1回だけつかみ取りができるのです。

DSCF2699.jpg

DSCF2700_2015110215290290c.jpg
せいぜい5.6匹?と思いきや、すごい数をすくい上げる方もいました。

今年は白糠のししゃもが大漁かと言われていますが、このししゃも祭はあくまでもししゃもをもたらしてくれる神への感謝と漁の安全を祈るものです。

その心を忘れずに日々感謝してししゃもをいただきたいと思います。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ