白糠町内の小中学校を会場にした白糠町ふるさと教育実践発表会『日本語と外国語による“ふるさと自慢”大会』が開催されました。

白糠町では平成9年から「ふるさと教育」を基軸とした教育を推進し、さらに平成19年からは3名のALT(AssistantLanguageTeacher)を配置し、国際理解にも力を入れ、子供たちが外国の人に直接かかわり英語・中国語など語学学習の充実をはかっています。

白糠町ってなんて恵まれたうらやましい町なんだ!と、いうのは私の正直な気持ちです。

だって、子供の頃から学校で普通に英語や中国語会話が学べるんですよ。

私も習いたかった~(T0T)

さて、本題に戻りますの、その学びの成果を発表しようというのが『日本語と外国語による“ふるさと自慢”大会』というわけです。

私がおじゃましたのは庶路小学校と白糠小学校です。

庶路小学校では3年生の英語の公開授業が行なわれていました。
DSCF8245_201411041403272d4.jpg

「買い物に出かけよう」という授業で、道の駅「しらぬか恋問」の恋問館で扱っている白糠の特産品を英語で販売しようというのがテーマです。

商品は現品ではなく、子供たちが作ったカード。これがよく出来ていました。
DSCF8289_2014110414055498e.jpg

DSCF8290_201411041405559a6.jpg

DSCF8291_201411041405571e6.jpg
これらを英語でやりとりしながら販売するというわけです。

まずはウォーミングアップ
DSCF8252_20141104140330e71.jpg

そして、練習です。
DSCF8246_201411041403291b4.jpg

DSCF8257.jpg

DSCF8260.jpg

ということでお客様の入場です。
DSCF8270_20141104140854cd7.jpg
今回のお客さんになるのは庶路中学校の生徒さんたち

販売開始!
DSCF8274_2014110414085618e.jpg

DSCF8276_20141104140857d02.jpg

コイタ君とメイカちゃんもお客さんとして登場です。
DSCF8278.jpg
物怖じせずに英語で受け応えをする、ちびっこたちに白糠の未来を感じずにはいられませんでした。

そして、つづいて白糠小学校へ。
DSCF8334.jpg

体育館には白糠の教育に関するさまざまな展示物がありました。
DSCF8336.jpg
駒踊りの衣装
DSCF8337.jpg
太陽の手
DSCF8338.jpg
アイヌの装束
DSCF8339_20141104141227101.jpg
白糠の給食について
DSCF8344_201411041412391e7.jpg
ふるさと未来塾について
DSCF8342.jpg

ここでは白糠高校の生徒さんたちが道の駅「しらぬか恋問」の恋問館の商品を販売しました。
DSCF8348.jpg

DSCF8350_2014110414123603c.jpg
こういった体験をすることで、白糠を理解し、愛着心がわいてくるのでしょうね。

今回、全体を見ることは出来ませんでしたが、もちろん中国語の公開授業もありました。

教室の中で、英語や中国語が飛び交うというのは本当にすごいことです。

子供たちが頑張る姿を目の当たりして、私も頑張らないとなぁと思った1日でした。

「白豆」改め、「シソG」として親しんでいただいている新人Mくんですが、
DSCF3967_S.jpg
このほど、また改名することと相成りました。

新しい呼び名は
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
「こぼっちゃまくん」

言動は相変わらずおじいちゃんっぽいのですが、

なにかと、ぼっちゃんっぽい。


で、とある作業中、部長が「あいつはおぼっちゃんなのか?」と言ったのが引き金となり、

「こぼっちゃまくん」です。


最近、腸炎になり、そのあと風邪を引き、現在はマスク姿です。
S_DSCF8244.jpg

そんな「こぼっちゃまくん」をどうぞよろしく。



(ちなみに、本人は喜んでませんが、そんなこと聞き入れるはずがありませんw)

東京の旅を終え、一日お休みをいただいたので、とあるお勉強の会に参加してきました。

ANAクラウンプラザホテル 主催 公益社団法人 全日本司廚士協会釧路支部が開催したフランス料理講習会です。
DSCF8096_20141028111127b5d.jpg
Facebookで参加者の募集を見かけ、一般参加もOKということだったので、図々しく参加してきました。

司会はANAクラウンプラザホテルの楡金氏
DSCF8095.jpg
「司廚士」というのは簡単に言うと洋食の調理士さんのことをいうそうです。

講師は札幌グランドホテル 料理長の伊藤博之氏

道産素材を使ったお料理3品を実演してくださいました。
DSCF8105_20141028111130aed.jpg

タラのスモーク(アドック)をつかったムースや
DSCF8107.jpg

豚肉をコーティングするキャラメリゼ
DSCF8112.jpg

ジャガイモとチーズを使ったペースト「アリゴ」
DSCF8115_20141028111237719.jpg

伊藤料理長の紹介するレシピはWebサイトでもご覧いただけます⇒アリゴの作り方

自分ではなかなか作らないお料理の技をたくさん見せていただきました。

そして、試食♪
DSCF8129.jpg

アドックのムースの上には海藻のジュレ、そしてホッキとホタテ
DSCF8130.jpg
これ、すっごく美味しかったです。

阿寒ポークのキャラメリゼロティ
DSCF8131.jpg
甘くコーティングされた豚肉と、アリゴのバランスがよかったです。

デザートはクレームダンジュ
DSCF8137.jpg
クリームチーズとマスカルポーネをつかったふわふわのムースが美味しかったです。

家庭で作るにはというアドバイスもあり、とても勉強になりました。

一番大切なのは作ってみること。ですよね。

忘れないうちに作らねば・・・。

28時間の東京の旅を終え、たんちょう釧路空港から向かったのは鶴居村。

お世話になっているご夫婦がカレーをふるまうということで、しっかりと空腹の準備をしていきました。
S_DSCF8083.jpg

ご近所の方たちが集まる、落ち葉のパーティ会場にお邪魔しました。
DSCF8074.jpg
アウトドアガイドをされているご主人と、デザイナーをされている奥様が、ご近所の方たちと楽しみたいと不定期に開催されている会です^^

待っていました!カレー。
DSCF8075.jpg
きゃー!

うまーーーーーい!!

東京を出て2時間後には鶴居村にいるという現実が不思議でした。
DSCF8076.jpg


パーティに参加のワンコさんたち
DSCF8079.jpg

DSCF8078.jpg


DSCF8082.jpg
ゆったり癒されるステキな時間を過ごすことが出来ました♪

DSCF8085.jpg
Uさんご夫妻、本当にごちそうさまでした^^

関東に在住されている白糠町出身者で組織する「東京しらぬかふるさと会」の定期総会とふるさとを語るつどいが今年も東京大崎のホテルで開催されました。

午前の便でたんちょう釧路空港から東京へ。

この日はとても天気がよく、飛行機からの眺めも最高でした。
DSCF7973_20141028092836a05.jpg
10月16日に初冠雪を迎えた富士山
平年より16日遅く、昨年より3日早かったそうです。
DSCF7974_R.jpg
いかにも富士山なお姿!ビューティフォー!!

さて、ふるさと会ですが、今回は前半は受付をしていまして、会場の外にいたものですから、写真があまりありません。

開始前の写真はこちら。
DSCF7975.jpg
特産品コーナーを仕切る?青ヒゲ店長。

そして、開会。

今年も約50名の方が集まり、懐かしい顔に会って会話も盛り上がっていたようでした。
DSCF7976.jpg

今年も白糠出身の演歌歌手、夏木えいじさんが会場に駆けつけ、歌を披露してくれました。
DSCF7981.jpg

DSCF7985.jpg

そして、恒例の白糠特産品が当たる抽選会。
DSCF7994_2014102809355220d.jpg

DSCF7996.jpg
2010年に「田舎で働き隊」として酪農体験をし、現在は白糠観光大使である元ANAの新村さんがお手伝いをしてくださいました。新村さんは札幌オータムフェストや東京での白糠に関わるイベントには必ずお手伝いくださっているんですよ。本当にありがたいですね。

最後の締めは富田議員
DSCF8006_20141028093554bb9.jpg
あっという間の2時間でした。


翌日はまた午前の便で釧路へ。東京見物したかった(ToT)

ということで、飛行機の中からの景色を翼とともにご覧下さい。

羽田空港
DSCF8018.jpg

空の上
DSCF8025.jpg

もくもくの雲
DSCF8034.jpg

これはどこ?
DSCF8037.jpg

風力発電
DSCF8057.jpg

いろいろな景色が楽しめますが、最近、飛行機に乗っていて気になるのはやはり東北の風景。
DSCF8042.jpg
海岸に近いところには建物がありません。
DSCF8044.jpg
飛行機の上からも、震災の爪あとがはっきりとわかります。こういうことは忘れてはいけませんね。

そして、あっという間に北海道。
DSCF8069.jpg
十勝の風景です。

そして、道東。
わかりづらいかもしれませんが
DSCF8068_201410281003488de.jpg
山を見下ろすと紅葉がきれいでした。

DSCF8073.jpg
たんちょう釧路空港に到着。

28時間の旅、終了です。

東京の気温は22℃、白糠でいうところの「真夏」ですね(-_-) 半袖で歩いている人もいて、かなりビックリしましたが、お天気が良くてよかったです。

北海道開発局釧路開発建設部が実施する「道の駅クリーンアップ大作戦2014秋の陣」ということで、道の駅「しらぬか恋問」の周辺のゴミ拾いを行ないました。

朝8時の恋問海岸は薄曇り、気温は昨日の氷点下からは打って変わりプラス気温となったので作業に支障がでる寒さではありませんでした。
DSCF7951.jpg

釧路開発建設部の方3名と白崎建設の方5名、そして道の駅「しらぬか恋問」のスタッフと町職員の総勢15名が手分けし、国道38号線沿いと道の駅「しらぬか恋問」の周辺、恋問海岸の清掃を行ないました。
DSCF7952.jpg

DSCF7953.jpg

拾っていて目立つのはやはりプラスチック容器やペットボトル、それとロープ類です。

しかし、今年はたくさんの団体の方がボランティアで恋問海岸の清掃を行なってくれたということで、例年に比べると本当にゴミが少なかったです。

このようにゴミが集められました。
DSCF7957.jpg

DSCF7959.jpg

これをトラックに積んで、ゴミ処理場に運びます。

最後に記念撮影。
DSCF7964.jpg
釧路開発建設部と白崎建設の皆さんです。(と、青ヒゲ店長とマーシーとジョンさん)

これで安心して冬が迎えられそうです。

道の駅「しらぬか恋問」ではこのあとはイルミネーションの準備が待っているとかいないとか。

どうぞお楽しみに。

しらぬかガイドマップの最新版が出来ました♪

S_2014_しらぬかガイドマップ_P1_表紙

全体はこうです。


S_ガイドマップ_表

S_ガイドマップ_裏


続きを読むから、画像をクリックし、プリントアウトしてご利用ください^^

2日ほど前に、白糠酪恵舎の井ノ口さんがFacebookでつぶやいていた。

「明後日の小学校でのチーズ講習会の資料作成中~トゥミン作ります」

なに~っ!!そんなステキな講習会が!?できれば一緒に学びたい。

ということで、その講習会の見学に白糠小学校に行ってきました。

「チーズを作ろう!~白糠のチーズを知って、みんなに白糠の素晴らしさ知らせよう!~」というふるさと教育の授業です。
DSCF7862.jpg
白糠小学校の6年生が家庭科室で授業を受けていました。

しかし、実習のはずなのに、なにやら動かずおとなしい・・・。

と思ったら、
DSCF7866.jpg
殺菌した牛乳に乳酸菌を入れ、温度管理しながら鍋を見守っているところでした。

そして、一定時間たった後に牛乳の温度を測る。
DSCF7873.jpg
理想どおりの39度。

今度はその中に凝固材を入れます。
DSCF7881.jpg

凝固材を入れたら、すばやくかき混ぜて、
DSCF7882.jpg

へらを立てて流れを止める。
DSCF7883.jpg
このまま、鍋をゆらさないようにして凝固させます。

少し時間をおいて固まったら、包丁で切れ目をたくさん入れます。この状態をカード(凝乳)といいます。
DSCF7901.jpg

DSCF7900.jpg

とうきびの粒3つ分くらいにしてくださいという指令の下、カード切りをしていきます。
DSCF7904_20141022134814d36.jpg


DSCF7905.jpg

DSCF7908_20141022135511ba7.jpg
切れてるのわかりますか?

そして、それをゆっくりかき混ぜ、水分を出していきます。この水分がホエー(乳清)です。
DSCF7911.jpg
じゅうぶんにホエーが出たら、カードをざる(型)に入れます。
DSCF7913.jpg

DSCF7914.jpg
この状態で水分を抜きながら、さらに固まるのを待ちます。

ある程度、固まったらひっくり返す。
DSCF7922_20141022135510b3a.jpg

DSCF7927.jpg
ひょいっとひっくり返す井ノ口さんの手馴れた技をみて「おぉーっ!」と歓声が上がります。

うまく返すとこうなります。
DSCF7925_20141022135943a53.jpg

子供たちもチャレンジ
DSCF7931.jpg

DSCF7938_20141022135941151.jpg
そう簡単にはできないようでした^^

返すのを何度がくり返すと水分も抜けるので、それを冷蔵庫で冷やして完成です。
DSCF7940_20141022135942713.jpg
もっともフレッシュな「トゥミン」の出来上がりです。

すごい、ちゃんと出来た。

チーズを冷やしている間に、井ノ口さんのお話で勉強。
DSCF7937.jpg

4種のタイプの違うチーズを食べて、味比べ。
DSCF7942_20141022140446acd.jpg
スカモルツァ、トーマ・シラヌカ、ロビオーラ、モンヴィーゾ

DSCF7947_20141022140444a7f.jpg
一番人気はトーマ・シラヌカで、香りの強いロビオーラにはビミョウな表情をしていた子もいました。しかし、大人になれば、この味もわかるでしょう。

それにしても・・・なんて贅沢な授業なんだーーーーっ!!

白糠という土地で美味しい牛乳が作られ、その牛乳を使って美味しいチーズが作られる。それを料理する人がいて、チーズがどんどん広まっていく。

そういうことを理解することで、白糠をPRすることも出来る。近々、白糠をPRするイベントがあり、そこで白糠の紹介をするということで、この授業が行なわれたそうです。

「知らなければPRも出来ない、だから、まずはふるさとを知って宣伝していこう!」と井ノ口さんも話していました。

出来上がったチーズはこの日の給食で一緒に食べるとのことでした。

うーん、なんてうらやましいんだ!と、指をくわえながら、帰ってきた私です。


今日の授業を受けた子のなかから、やがてはチーズ職人が生まれるかも。と淡い期待をもたずにはいられないステキな授業でした。

開通前の道東道を歩く一度きりのウォーキングイベント「ハイウェイしらぬか紅葉ウォーク」が10月19日に開催されました。

集合場所の白糠町総合体育館前には集合時間を前にたくさんの人が集まっていました。今回の参加者はなんと524名。
DSCF7740_20141020113503f83.jpg
会場まではバスで移動。
DSCF7739.jpg
順次、バスに乗り込みます。

バスは12台、私は6号車に乗り込み、添乗員をさせていただきました。
DSCF7743.jpg

DSCF7741_20141020113504cd5.jpg
皆さん、にこやかに手を振ってくださいました^^

会場に着いて、バスを降りると、私の名を呼ぶ声が・・・。
DSCF7744_201410201135077b9.jpg
救急隊として会場に来ていた消防署のM山さんでした。凛々しいです。

スタート前には町やくしろのPRポスターなどが掲示されていました。
DSCF7748_20141020113518a41.jpg

そして、開会式のスタートです。

この日は雲ひとつない素晴らしい好天となりました。こんなに晴れるのは本当にめずらしい。
DSCF7760_20141020113523241.jpg

進行役はN山さん。
DSCF7751_2014102011352027e.jpg

棚野町長からの挨拶です。
DSCF7755.jpg

スタート前の準備運動
DSCF7764.jpg
ストレッチとラジオ体操で体をほぐしました。

いよいよ、スタートです。準備が整ったので、10時の予定より早いスタートとなりました。
DSCF7766_2014102011433275f.jpg
わくわく。

カウントダウンして、スタート!
DSCF7772_2014102011432711d.jpg

DSCF7773_20141020114328c01.jpg

DSCF7779.jpg
道東道オールくしろキャンペーンの皆さんはのぼりを持っての参加です。

私も今回はしっかり歩かせていただきました。
DSCF7782.jpg
白糠ICから音別方面に向かい5キロで折り返す10kmのコース。少し歩くとトンネルが見えてきました。
DSCF7783.jpg

長さ896mの「大曲トンネル」です。
DSCF7794.jpg

DSCF7786.jpg
中に入ると空気がひんやり。外は暑いくらいで汗ばんでいたので、クールダウン。トンネル内ってこんなに涼しいのか~とビックリしました。

そして出口
DSCF7792_20141020115048dce.jpg
出口が見えるとほっとするのはなぜでしょう。

ここからはきれいな紅葉の景色が続きます。
DSCF7801.jpg

DSCF7795.jpg

DSCF7808_201410201155192fc.jpg

DSCF7807_20141020115517a93.jpg
紅葉のタイミングが見事に合っていました。こんなにきれいなのは何年ぶりでしょう。

2年前もきれいでしたが、空は雲がかかり、寒かったんですよね。

というのもあり、寒いのを覚悟して、かなり着込んできたのを後悔。汗だくです。

紅葉の撮影を楽しみながら5kmの折り返し地点に到着。暑い~。
DSCF7812.jpg

ここではお水のエイドが出ていたので、氷を入れてたっぷり飲みました。ぷはー。
DSCF7816_20141020125901346.jpg
水道部のFさん、大活躍です。

実はこの場で皆さんが口々に「このお水は白糠の湧き水だ」と話していたのが聞こえてきたのですが・・・水道水です。

でも、茶路川のお水ですからね。正真正銘「白糠のお水」です。

さて、復路です。
折り返し地点まで、平らな道を歩いていると思っていたのですが、復路は明らかに下っていまして、実は往路は上りだったということが判明。人の感覚というのはあいまいなものですね。

行きとは逆の景色を楽しみながら歩き、
DSCF7818.jpg

またまた涼しいトンネルをくぐり抜けると、
DSCF7820.jpg

ゴールが見えてきました。
DSCF7822.jpg

最後のほうは足がだるくなっていましたが、ゴールを目にするとなんとなく寂しい。これも人の心理なのでしょうか。
DSCF7824.jpg
ゆっくり歩いて2時間15分でゴール。

完歩証を受け取るための長い列ができていました。
DSCF7825.jpg

自分の記録を入れた完歩証を受け取ります。
DSCF7831_20141020131015427.jpg

コイタくんとメイカちゃんもゴールした皆さんをお出迎え。
DSCF7830.jpg

こちらでは豚汁とお弁当の配布
DSCF7837.jpg

私も豚汁をいただきました。
DSCF7843.jpg
くーっ!しみわたる~♪

と、くつろいだも一瞬で、すぐにまたバスに乗り込みました。

ウォーキングを終えたあとは、希望者を対象とした音別方向約10kmのところにある里音別川橋をバス見学です。

標高50mのところにある里音別川橋からの紅葉もとてもきれいだということで開発局さんの協力で、急遽、このバス見学が出来ることになりました。
DSCF7845.jpg
車窓からの景色です。

1時間かけて頑張って歩いた片道5kmの道も車だと5分で通り過ぎるのかと思うと、こんなにゆっくりとこの景色を楽しめることは二度とないんだなとしみじみしました。

往復約30分の見学を終え、総合体育館までの帰路に着きました。このバス見学にも400名以上の方にご参加いただき、バス8台での見学となりました。

帰りのバスでご一緒した皆さんの約半数の方が初参加ということでしたが、来年も同じコースでのウォーキングをして欲しいという声もあがるほど喜んでいただけたようです。

こんなに晴れて、こんなに紅葉がきれいなのは本当にめずらしいことで、それを初参加で体験できた皆さんはどれだけ強運の持ち主なんだろうと私も驚きました。

これからの寒い冬に向けて、秋のいい思い出ができてよかったです。

スタッフとして参加されたみなさまも本当にお疲れさまでした。

実は私にとっては初の完歩でしたが、予想通り、いまは筋肉痛です。

白糠の子供たちにふるさとを知ってもらい、未来につなげてほしいという思いから、開講されている「ふるさと未来塾」

年に4回あり、私も毎年参加しているのですが、今年は他のイベントなどと重なってしまったこともあり、今回の3回目にやっと参加することができました。

今回は内容が盛りだくさん。実にワールドワイドな内容です。

まずは「漁業のお話  白糠町の漁業やロープワークについて学ぼう! 」
ということで漁業士 加藤 直人さんと白糠漁協青年部 の皆さんにお話を聞きました。

魚種による漁の方法などをDVDを見ながらの解説です。
DSCF7659.jpg

これは毛がに漁のかご
DSCF7665.jpg

鮭の定置網漁の網のしくみについて
DSCF7674.jpg

そして、最後は漁師さんたちが良く使うロープの縛り方「ロープワーク」の実習です
DSCF7682.jpg
引っ張っても簡単には外れない結び方や、2本のロープの端を編みこんで1本にする方法など、何通りかの方法を教えていただき、私はそばで見ていたのですが・・・出来る気がしませんでした(-_-)

引っ張る力には強いけど、ほどくのは簡単なことが大切。というのがポイントなんだそうです。目からうろこでした。


漁師さんのお話のあとは、「料理体験 白糠町の海の幸を使って料理を作ろう! 」
お魚続きで白糠漁協女性部さんによる鮭を使ったお料理を学びます。
DSCF7691.jpg

今回は第1部の漁師さんたちも一緒に参加!ということで、鮭を捌いてくれました。
DSCF7697.jpg

DSCF7702.jpg

DSCF7703_201410201036506a0.jpg
見事な手際であっという間に三枚に。

DSCF7689_20141020103627d2b.jpg
お料理スタートです。

お母さんたちに習いながら、子供たちが頑張ります。
DSCF7692.jpg

DSCF7707.jpg

DSCF7710.jpg

ということで完成したのが、この3品。
IMG_20141018_123136.jpg
鮭寿司、鮭のつみれ汁、そして鮭とじゃがいものコロッケです。

私的には鮭のつみれ汁がとっても美味しかったです。

みんなで食事をしたあとは、後片付けをして午後の部。
「ジャックオーランタン作り ハロウィーンのシンボル・ジャックオーランタンを作ろう!」

講師はALT(外国語指導助手)の リー先生とアリソン先生。
DSCF7715_2014102010530418e.jpg
ん?手前にいるのは・・・?

お化けに扮したアリソン先生でした。
DSCF7717.jpg
ハロウィンの意味や外国でのハロウィンパーティの様子などを紹介してくれました。

そして、ハロウィンといえば、お化けかぼちゃのランタンということで、ひとりずつ、かぼちゃのランタンを作ります。
DSCF7712_201410201053021ee.jpg

これは私も頑張りました。
IMG_20141018_132341.jpg
小さめのかぼちゃを選んで・・・

かぼちゃの種を取り出してから
DSCF7718_20141020105306c7e.jpg
(これがけっこう大変でした)

ナイフでくりぬいてていきます。
DSCF7721.jpg

DSCF7723.jpg
かぼちゃの皮は固いので、失敗しないように慎重に。

で、私のはこれです。
DSCF7724_2014102010532175e.jpg
ネコ。のつもり。

並べるとこんな感じ。
DSCF7725.jpg
ハロウィンっぽいですね~♪

こんなのもありました。
DSCF7727.jpg
ナイトメア・ビフォア・クリスマスのジャックですね^^

これはみんな家に持ち帰って飾ります。


そして、この日最後は「切り絵作り 紙を切って色々な絵を作ってみよう!」
講師はALT(外国語指導助手) の中国語のズァオ先生
DSCF7729_20141020110703464.jpg
実は私、時々、子供たちにザァオ先生に間違われます。似てますか?

中国の切り絵について解説
DSCF7735_2014102011070640d.jpg

DSCF7728.jpg
さぁ、作りましょう!

この切り絵は白糠の公民館で行なわれている土曜サロンで学んだことがあります。

そのときの様子はこちら→「白糠公民館土曜サロン「切り絵教室」に参加♪」

ということで、頑張る。
DSCF7737.jpg
子供たちも授業で習ったことがあるということで、手馴れたものでした。

で、完成。
DSCF7736_20141020110708a34.jpg
これは基本の形。このほかにもハート型や飾り切りのものも作りました。

子供たちの作品は無記名で集めて、ザァオ先生が審査し、優秀作品にはプレゼントが贈られました。
DSCF7738_20141020110720a1f.jpg

これ、何回やっても楽しいです。もっともっと細かい模様にもチャレンジしてみたくなります。 


ということで、漁の勉強、お料理の勉強、ハロウィンのランタン作りに中国切り絵と、とっても中身の濃い内容でした。

それにフレキシブルに対応していく子供たちもすごいなと感心。

とっても楽しく学んだ1日でした。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ