このたび、副町長になられたK元部長と私がいる部署のS新部長のお祝いの会が開かれました。
DSCF6165_20140801135958121.jpg

司会はこの方、ヘンプY主幹
DSCF6170.jpg
内輪ネタですが、まさに時の人です。

そして、T課長からのお祝いの言葉
DSCF6172_201408011407273f2.jpg

この日の主役のお二方です。
DSCF6166.jpg
ジャビットくん改め
DSCF6177.jpg
K副町長

と、

DSCF6167.jpg
仮面ライダーV3?、改め
DSCF6181_20140801140731e49.jpg
S部長(歌はまだ唄ってません)

ということで、M課長の音頭で乾杯。
DSCF6185_20140801140731767.jpg

DSCF6183.jpg

DSCF6187.jpg

で、しばし、ご歓談。




いろいろな話をして、飲んで食べて、あっという間の2時間。

締めの乾杯はM課長の音頭で
DSCF6189_20140801141452435.jpg
いつもシソ用のペットボトルありがとうございます。

てなことで、乾杯~。
DSCF6190.jpg

最後に記念撮影しました。
DSCF6192_2014080114145572c.jpg
皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

※ジョンさんが黒く見えるのは照明が暗いわけではありません(笑)

このあとは2次会へ。

次の日、やけに体が重かったのはなんでだろう。

あ、食べ過ぎたのかな・・・。

え~、右手のその後の話です~。

こんな感じになりました。
S_DSCF6202.jpg

病院では傷も問題ないし、あとはテープと傷跡をきれいにする軟膏を塗って様子をみてくださいということで通院も終わりました。

ひと安心。

しかし、現状としてはまだ関節の部分は痛みがあり、縫った後の皮膚が伸びないのとで、ちょっと不自由になっています。

皮膚がつってなんとも「いずい」感じです。

S_DSCF6204.jpg
このように親指が深く曲がりません。(撮影:シソG)

親指を中に入れるとグーができません。

これがけっこう不自由です。

大きなイベント時期を外れていたのが救いでしたが、やはり力仕事にはちょっと支障がある感じです。

もう少し優しく見守っていただければと思います。

て(手)なことで、よろしくお願いします。

今年も白糠厳島神社例大祭が終わりました。

私は最終日、7月27日正午からの神輿パレードから見物させていただきました。

神輿の宮入りは16時。

その4時間の間に撮影した写真はなんと497枚。ひょえー。

これ、全部アップロードすると大変なことになる。

と、思って厳選した写真も・・・87枚もありました。

頑張ってアップロードできないことはないけど、見るほうも疲れますよね。

ということで、私なりにかいつまんでご紹介します。

といっても写真いっぱいです(笑


神輿パレードを先頭を切るのは、白糠駒踊り音頭のみなさんとしぐれ白糠音頭のみなさん。
DSCF5517.jpg

DSCF5524.jpg

そして、その横をチャリで風切る白糠神輿会のK幹事長
DSCF5522.jpg
気合が入りすぎて、目を閉じてしまうほど。 今年もチャリで激走しながら進行役を頑張っていました。

そのあとは子供神輿が続きます。
DSCF5538.jpg
宮司にお祈りを捧げていただき、

いざ出発。
DSCF5527.jpg

DSCF5543.jpg

そして、他の地区の御神輿もスタートします。
DSCF5547.jpg

西庶路を先頭に3基の御神輿が続きます。
DSCF5559.jpg

DSCF5562.jpg

DSCF5565.jpg

そして、満を持して、白糠神輿会の登場です。
DSCF5569_20140728135859364.jpg

DSCF5584.jpg

やはり、迫力が違うんですよね。ほんとにかっこ良すぎて、見ているだけでぞわぞわしました。
DSCF5590_20140728141358d1a.jpg

DSCF5606.jpg

DSCF5609.jpg

そんな中、にこやかだったのはこの方。
DSCF5583_20140728141404cf1.jpg
鈴木貴子議員と談笑していたN総長。いい笑顔です^^

さて、駅前の交差点ではアトラクションがスタートしました。
DSCF5613.jpg

オープニングを飾った駒踊り音頭では可愛い女の子がデビューしていました。
DSCF5619.jpg

今回参加した神輿会のみなさんのご紹介もありました。
DSCF5620.jpg

DSCF5622.jpg

DSCF5629_2014072814211272b.jpg

獅子舞が登場して、子供たちの頭をカプリ。
DSCF5643.jpg

子供神輿は見事な地ずり(地面すれすれに御神輿をかつぐ)を披露して会場を沸かせました。
DSCF5648.jpg

そして、私のアイドル、西庶路のRちゃんも今年は神輿に乗って登場。
DSCF5689.jpg

嬉しかったのは、神輿の上からRちゃんがVサインを送ってくれたこと!
DSCF5677.jpg
きゃー♪これで私のテンションはMAXですよ~♪

そして、白糠駒踊りの披露もありました。
DSCF5703.jpg

DSCF5709.jpg

DSCF5727_20140728152718ac3.jpg

そして、最後は白糠の神輿
DSCF5746.jpg

DSCF5751.jpg

恒例の餅まきもありました。
DSCF5770.jpg

続いてはクライマックスの海中神輿と宮入りです。

まずは白糠漁港横の前浜へ
S_DSCF5777.jpg

S_DSCF5789.jpg

今年は波が立って、例年にまして見ごたえがありました。
S_DSCF5816.jpg

S_DSCF5844.jpg

昨年、人間神輿として海に放り込まれたK幹事長は冷静に逃げ回っていましたw
S_DSCF5823.jpg

そして、最後の宮入り。

この階段をのぼるだけで息が切れます。
S_DSCF5869.jpg

そこに神輿が登場。
S_DSCF5886.jpg

どんどんと上がってきます。
S_DSCF5891.jpg

S_DSCF5894.jpg

ここでも最後の力をふりしぼって、地ずりを見せます。
S_DSCF5919.jpg

S_DSCF5950.jpg

そしていよいよ、神輿をおさめて丸2日間に渡った神輿徒御は終了。
S_DSCF5955.jpg
たくさんの人に見守られながら、拍子木が打たれました。

神様を神殿に戻し、
S_DSCF5959.jpg

神輿は地上へと戻っていきます。
S_DSCF5962.jpg

観客の皆さんもあとをついて降りる。
S_DSCF5963.jpg

S_DSCF5967.jpg

下におろされた神輿はすぐに洗って、飾りも外されていきます。
S_DSCF5971.jpg

S_DSCF5976.jpg
宵宮祭から3日間、本当にお疲れさまでした。

ということで、私も神社をあとにしました。
S_DSCF5978.jpg

ああ、今年も満足しました。
私もこのお祭りは4回目ですが、神輿会のみなさんに顔見知りの方が増えているので、年を追うごとにますます楽しくなっています。

朝は雨が降っていたものの、神輿パレードから宮入りまでは雨もあがり、時折暑いほどでした。
この雨が降らない記録は今年で17年目だそうです。神様の力でしょうか。

担ぎ手の皆さん、そして周りで支えている皆さん、本当にお疲れ様でした。

また、来年、おっかけます♪

お騒がせしていた右手のケガですが。

手術から1週間。じゃじゃーん。
DSCF5459.jpg
抜糸して、包帯も取れました~。

あとは経過を見て、1週間後に大丈夫だったら通院も終わりです。

抜糸をされた時、皮膚を引っ張られる感じがイヤだなぁと思っていたら、急にアタマの血が下がり貧血寸前になりました。我ながらショボイです。

今回の診断名は親指の第2関節の「化膿性関節炎」、いろいろ調べてみたら、かなりキケンだったことがわかりました。
バイキンが関節の中に入ってしまうと、化膿して軟骨が損傷されます。軟骨組織には血管が通っていないため、一度損傷すると二度と再生することはないんだそうです。しかも進行も早いらしい。
ということで、「放っておくと大変」なんだそうです。

ああ、学びました。皆さまもどうかお気をつけください。

で、先生からは「指を動かすようにしてください。」との指示が。

痛いけど、承知しました。

でも、もうちょっと自分を甘やかそうかなと思っていた矢先。


「畑、行けますか?」っていう質問・・・。

「あ・・・い、行きます。」

ラバー手袋の上に軍手をはいて(つけて)畑に行きました。ひとりで。

しそ畑作業に復活です。

ってハウスの水遣りだけだけど。

今日はめずらしく朝から町なかもピーカンの晴れ。
DSCF5395.jpg
出勤時にすでに暑い。

で、畑。
DSCF5428.jpg
もちろん、ピーカン。

DSCF5423.jpg
35℃・・・。

定植したシソたちは・・・
DSCF5419.jpg

青シソ
DSCF5422.jpg

赤シソ
DSCF5421_20140724134451e4b.jpg

赤はちょっと小さいけど、これから育ってもらいましょう。

そして、ハウスの中は・・・
DSCF5425_20140724134454551.jpg
ジョンさんとシソGが私が戦線離脱している間に、ワサワサの青シソを植え替えして、このような状態に。

DSCF5427.jpg
大葉もかなり大きくなってます。

赤にいたっては
DSCF5426_20140724134455e09.jpg
あふれてます。

ハウスのドアを開けても気温は下がらず・・・。

35℃の中で、水遣りをしました。

あまりにも暑いのと、ホースを握り続けるのがまだちょっとツライのとで、休み休みの作業となりましたが、なんとか終了。

水をあげると葉っぱが元気になっていくのが見えて嬉しいです♪


空が青い日はシソ畑のある泊別のご近所の風景も美しい。

牛さんたちとタンチョウさん(遠くてすんません)
DSCF5433.jpg

羊さん
DSCF5445_20140724135424b47.jpg

庶路川
DSCF5457_20140724135421705.jpg

気持ちのよい風に吹かれて、この景色を見るとまた力が戻りますね。

右手にも早くもとの力が戻りますように。

その後・・・の報告です。

手の痛みはだいぶおさまってきました。
DSCF5394_S.jpg
手を下ろすだけでかなりの苦痛でしたが、それも少しおさまってきました。

しかし、たぶん、おそらく、キズが治ってきているせいだと思いますが、ひたすらムズムズします。

ムズムズムズムズむずむずむずず・・・zzZ (あ、寝てる場合じゃない)

「いずくて、あずましくない」って叫びたい感じです。

明日、病院です。ちょうど1週間。

どうか、抜糸ができますように。


ということで、右手が不自由だったおかげ(?)で食卓は充実。

アクアパッツァ
DSCF5365_S.jpg

中札内鶏串とはまなかホエイ豚串
DSCF5376_S.jpg

れんこんとピーマンのバルサミコ炒め
DSCF5375_S.jpg

ホタテのモンテとズッキーニのグリル
DSCF5384_S.jpg

和牛のカルビと茶路めん羊牧場のラムステーキ
DSCF5388_S.jpg

なんとも贅沢な週末。

怪我の功名「上げ膳据え膳」暮らしでございます。

頑張ってくれた心優しい焼き方さまに感謝です。


そして、ネコたちはこの通り。

風邪がなおって絶好調のくるみ。
DSCF5378_S.jpg

ねじれカンタ
DSCF5366_S.jpg

どろぼう猫のもこ
DSCF5362_S.jpg
箱の中のキャベツを盗み食い中。


という、手は痛いけど、平和な週末の報告でした。

右手をケガしました。

現在の状況です。
IMG_20140717_122803.jpg

恥ずかしい話ですが、道路でつまづき、砂利に手をついたところ、小さなキズがつきました。

手は腫れていたけど打撲だし、血も出ましたがたいしたことはないだろうと手を洗い絆創膏を貼ってその日は寝ました。

しかし、その後も手はどんどん腫れ、脈と一緒にボンボンと痛む。

ほとんど眠れずに朝を迎え、さすがにまずいような気がして病院へ。

長いこと待って診察を受けたところ、

先生「ん?ここ痛いかい?」と親指の間接を押されました。

(ぎゃっーーーーー!!!)言葉出ず。

先生「痛いね。関節だからまずいかな・・・。」

(え?)

先生「とりあえず血液検査しましょう。ここ間接だから、これだけ腫れてたら化膿してるかもしれないよ。このまま放っておいたら大変なことになって入院になるかもしれないから、今日手術したほうがいいかな。」

(へ?へ?手術???)

看護師さん「では血液検査しますから、処置室の前で待っててくださいね~。」


ということで、血液を採り、検査を待つこと1時間半。

ドキドキドキドキ。

検査の結果が出て、再び診察室に入ると、先生が変わってました。

手の外科専門の先生だそうで。

先生「ここ痛いですか?」

(うっ・・・・・は・・い・・・)

先生「ここも痛いですか?」

(ぅぅ・・・は・・・い・・)

先生「これね、切開手術しましょう。ちょうど間接のところにバイ菌が入ってるようだから、早めに開いて洗浄しておかないと大変なことになります。看護師さん、手術室空いてるかな。」

(決まってしまった・・・・)

朝の10時に診察を受け、11時半に手術が決まり、13時から準備、14時から手術。

なんということでしょう。あああああああ。

ということで、話はとんとん拍子(?)に進み。

13時。

爪を短く切られ、手術衣に着替え、点滴をしながら手術室が空くのを待つ。

前の手術が終わったのがおそらく14時半すぎ。

15時くらいに私の手術となりました。

手指だけなのにこんなにも大げさなことになるのかという内容でした。

局所麻酔がものすごく痛くて涙出ました。

目には見えませんが、何をされているのかは感覚でだいたい想像がつき、気絶したい気持ちでした。

で、手術後。
IMG_20140716_154850.jpg
ぐるぐる巻きです。

ここで、はたと気づく。

私、クルマで来てるんですけど。

運転・・・。

するしかないです、ね。

なんとか左手で頑張ってゆるりゆるりと帰路につきました。


2日たった今、最初のような異様な痛みはなくなりました。

メスのキズはL字で2箇所。

あとはこれ以上炎症が進まないのを願うばかりです。

いちおうマウスくらいは使えます。

が手を下ろすと血液がさがって痛むので、歩くときはオペ前のドクターみたいになってます。

抜糸までは1週間から10日。

このまま包帯がとれなかったら・・・ボクサーになろうかな。

頑張ります。(何をだ?)

春から必死に育ててきた苗を、みなさんに販売する時期がやってまいりました。

本当は7月11日を予定していたのですが、台風で大荒れになるかもということで、15日に延期して販売を行ないました。
DSCF5358.jpg
「去年よりは大きいねぇ」(←全体的に)
「大きいけど細いねぇ」(赤シソと大葉)
「すごく立派なのがあるねぇ」(ハウスで育てた青シソ)

と、いろいろ感想を頂戴しながら、町内6箇所で販売しました。

今回もNHKニュースの取材が入りまして・・・
DSCF5352.jpg
インタビュー

庶路保育園では
DSCF5353.jpg

しそGが園児のみなさんにシソを手渡し
DSCF5356.jpg
テレビ初デビュー?

DSCF5357.jpg
この模様は夕方のニュースのなかで放映されたようです。


こうして販売が終わって一安心。

の、はずが、この日の夜、私に災難が起こったのです。

つづく。

報告が遅くなってしまいましたが、先週末はサッポロビール園でのイベント「サッポロガーデンパーク道産子感謝DAY」に出店、そしてPRイベントに参加してきました。

まずは前日の準備。
IMG_20140704_150847.jpg
会場は想像を絶する暑さでした。アスファルトからの照り返しで体感温度は35度以上。ジリジリジリジリ。

朝の白糠は寒かったのに・・・札幌は立ってるだけでバテそうでした。

このサッポロビール園は札幌市の中心部から少し離れた場所にあるので、大通りのビヤガーデンやオータムフェストほど人はいないだろうと予想していました。

が・・・。会場の様子はこちら。
IMG_20140705_145232_2.jpg
すんごい人です。

10時半のスタートから徐々に人が増え、あっという間にこのようにテーブルが埋まりました。

札幌って人が多いんですね。(いまさらだけど。出身だけど。)

心配していた気温ですが、最高で25℃くらいでときどき風が吹いて、思ったほどは暑くならず、私たち的にはすごーく助かりました。

白糠町のブースで出したのは「焼き灯台つぶ」「柳だこザンギ」「鍛高ラムネ」
DSCF5239.jpg
漁師さんにしか見えない色黒なジョンさんは、得意のつぶ焼きを頑張っていました。

柳だこの写真・・・撮り忘れました。というか会計係の私も忙しく、ほとんど写真が取れませんでした。(言い訳)

そして、夕方にはステージで白糠町のPRをさせていただきました。
DSCF5252.jpg
白糠町のご紹介をして・・・

お楽しみのメインは「鍛高ラムネ早飲み選手権 inサッポロガーデンパーク道産子感謝DAY」

会場内のお客様5名に参加していただきました。
DSCF5254.jpg

「手は後ろ!よーい!スタート!!」の掛け声とともにスタートです。
DSCF5264.jpg

飲む、飲む、飲む。
DSCF5267.jpg
ラムネを開けられず、苦労する人も・・・

右から2番目の方が優勝~!
10386899_659809354106721_7680721718385697133_o.jpg

これまでの最高記録はALT時代にアイシスが叩き出した26秒。これを事前に告知して新記録を狙っていただいたんですが・・・。結果は27秒39、惜しいっ!!
DSCF5276.jpg
しかし、参加者のみなさんが鍛高ラムネは美味しいといってくださいました。

おかげさまでこのステージは予想以上に盛り上がり、会場のみなさんも楽しんでくださったようです。

町のご紹介の際に「白糠町を知ってる方」「白糠町に来たことがある方」と質問したのですが、けっこう手が挙がり、とっても嬉しくなりました。

これは土日のイベントで、翌日も少し曇ってはいましたが、たくさんの人が会場に足を運んでくださいました。

さてさて、今後も8月、9月とPRイベントを控えています。
少しでも多くの方に白糠の町を知っていただけるよう、これからもますます頑張らねば。

今年もシソ栽培の最大のイベント(?)の「定植」の季節となりました。

経済課の皆様にご協力いただき、今年もがんばりました。

前日にジョンさんとシソGちゃんが畑に畝を作り、そこに肥料をまくシソG。
DSCF5223.jpg

そのあと、どんどんとシソの苗を植えていきます。
DSCF5220.jpg

せっせ、せっせ。
DSCF5221.jpg
この姿勢がなんともツライ。

せっせ、せっせ。
DSCF5230.jpg

赤シソ、青シソに大葉、全部で約2,400株。
DSCF5233.jpg
終わったときには足腰がくがくでした。

最後には水やり。
DSCF5237.jpg
愛情と水をたっぷりと注ぐジョンさん。

ハウスの中はこのとおり、かなり片付きました。
DSCF5226.jpg

実はこの作業の間にニャーさんの子供たち(子猫)が作業小屋にたてこもるというアクシデントがあり、そのままでは小屋を閉めることができないため、子猫をお出かけさせる大作戦が繰り広げられました。

私は追い詰めて捕まえる役でしたが、みごとに噛まれました。ゴム手袋をはいていたので(北海道弁)キズにはならなかったのですが、かなーり痛かったです。

ちなみに私を噛んだのはこの子。
DSCF5088.jpg
外で暮らすネコはそう簡単には慣れてはくれませんね。

というアクシデントもありつつ、作業は無事終了しました。

あとは恵みの雨を待つばかりです。

昨日の作業がきつかったのか、今日は右半身が激しい筋肉痛です。
歩くのもままならない不自由な私をどうか笑ってください。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ