以前から一度体験してみたいと思っていたカヌーでの釧路川の川下り。

この週末に行ってきました。

ネイチャーガイドのRさんのガイドで標茶の塘路(とうろ)湖から岩保木(いわぼっき)の水門まで17kmを下るコースです。

ずーっと続いていた雨とガスが晴れた奇跡の天候
DSCF5148.jpg

湖の水辺でカヌーのこぎ方のレクチャーを受け、いざ湖へ。
DSCF5127_20140630113201bcb.jpg

ガイドのUさんに方向の決め方、変え方などの説明をうけます。
DSCF5133_201406301132025a2.jpg

そして、川に向けて出発!
DSCF5134_20140630113204d6a.jpg
「遠い・・・」と思わずつぶやいたのは私です。

しかし、想像よりもすいすいと進み、あっという間に釧路側の河口です。
DSCF5138.jpg

今度は川を進みます。あくまでもゆるゆると。
DSCF5145_20140630113629808.jpg

カーブのところでは方向転換を間違えて、くるくると後ろ向きになることも・・・。

そうしていくと、目の前に大きな木が
DSCF5162.jpg
鳥の影が2つ

なんと!
DSCF5164.jpg
オジロワシ1号

DSCF5167.jpg
オジロワシ2号

すげーーーーっ!カッコいい~~~っ!!(撮った私もすごーいwww)

望遠のきくコンデジは本当に便利です。

増水時に土台が削られて倒れてしまったという木も多かったです。
DSCF5154_201406301136244d3.jpg
これもまた自然。

そして驚いたのは、晴れた空に虹が出ていたこと。
DSCF5174_S.jpg
まさに心も晴れ晴れ。

10km下った細岡駅のそばでお昼休憩
DSCF5181_20140630114204ddd.jpg

DSCF5183.jpg
ワンコが乗ったカヌーも来ました。

お昼の日差しはまさにジリジリ。このところの天候を考えたら、こんな暑さが体験できるなんて思わなかった。今年の夏も満足でした(笑)

お腹を満たして、午後の部は残り7km
DSCF5160_S.jpg

ここにもまた大きな木
DSCF5187_S.jpg

いました。3号。ステキ。
DSCF5189_S.jpg

この山の上のほうに白くポツポツと見えるのは細岡展望台から景色を眺める人々の姿。
DSCF5191_20140630115223af7.jpg

釧路川の蛇行で山が右に見えたり左に見えたり。

釧路川の景色をじゅうぶんに堪能し、ゴールの水門にたどり着きました。
DSCF5197_201406301152251f5.jpg
歴史を感じる造りです。

17kmの川下りのあとは座りっぱなしでいたためヒザががくがくw

帰り道の細岡展望台にも寄り道しました。
DSCF5212_20140630124922c43.jpg

くねくねと川が蛇行してるのがよく見えます。
DSCF5214_20140630124922501.jpg
ここを漕いできたのかとしみじみ。

DSCF5217.jpg
川の中から、そして山の上から釧路湿原をたっぷりと楽しんだ一日でした。

18年前に釧路に移り住んだというガイドのUさんの関西弁のガイドがなんとも心地よいですよ。

R(アール)さんのホームページはこちら。
自然と遊ぼう!R

最近、シソ畑に行くのがすごく楽しみでもあり、心配でもあります。

今年のシソの成長は順調なので、それについては全く心配はないのですが。

心配なのはこちら。
DSCF5092.jpg

DSCF5091.jpg
このあたりに住みついているニャーさん。

そして
DSCF5086_20140630110241c94.jpg
チラリ

DSCF5088.jpg
チラリ

このニャーさんのお子様たちが作業小屋に住みついているのです。

きゃー!かわいい!!

のですが、今後が心配で。

私がすごーく広いおうちに住んでいるお金持ちだったら、すぐにこの子達を保護して飼う事もできるのですが、そんなわけにもいかず、ただただ見守るばかり。

いまのところ、4匹は確認しています。

ぜひニャーさんに子育てを頑張っていただきたい。そう願うばかりです。

ところで、うちの末っ子カンタくんはこの週末病院にかかりました。
IMG_4007.jpg
このように、ふだんはのんきなワガママ息子ですが、なぜか両足の内側がかぶれて脱毛。

病院では「ストレス?」と言われました。ということで週末は手厚く甘やかしたのですが、果たしてほんとにストレスなのか。

どちらかといえば、ワガママ息子のせいでストレスがたまっているのはこの2匹のはずなんですが。
DSCF8926_S.jpg
「こっちのほうがつらいよニャ」

ということで、いろいろいろいろ見守りたいと思います。

シソがほぼ順調に育ち、いよいよ畑に定植する時期となってきました。

ということで、N師匠に畑をおこしていただいたので、ジョンさんとシソGちゃんが石灰をまく作業をしました。
DSCF5119.jpg

DSCF5116_20140630110246531.jpg
仲良く仲良く、粉まみれ。

暗がりでは見つからないといわれるジョンさんもこの日ばかりは色白になります。

DSCF5117.jpg
ニャーさんも見守る。

DSCF5121_2014063011082590e.jpg
いよいよ、来週。

苗の定植です。

さて、第18回港in白糠大漁まつりの続きです。

吹奏楽の次は郷土芸能の披露です。

まずはしぐれ白糠音頭
DSCF4897.jpg

そして、白糠駒踊り音頭
DSCF4903.jpg

ふだんはフラダンスやタンゴを頑張っているAさん♪
DSCF4909.jpg

と、駒ディスコ
DSCF4916.jpg

そして、駒踊りは前会長からのご挨拶でスタート
DSCF4921_20140624133716fa8.jpg

DSCF4923.jpg

DSCF4933.jpg

DSCF4949_201406241340259c9.jpg
跳ねる若駒の生き生きとした踊りを堪能・・・していたら

YO氏の挑戦的なカメラ目線www
DSCF4928_20140624133719412.jpg
ウケました。

踊りの披露が終わり、次はこのお祭りの主催者である白糠漁協青年部長はじめ来賓の方々のご挨拶がありました。
DSCF4954.jpg

DSCF4953.jpg

DSCF4959.jpg

棚野町長
DSCF4967.jpg

白糠町と包括連携協定を結んでいる本別町の高橋町長からもご挨拶いただきました。
DSCF4972.jpg

このころ、港では・・・
DSCF4980.jpg

DSCF4982.jpg
遊覧航海や遊漁体験の漁船が行き来してました。

白糠酪恵舎さんのブースも大忙し
DSCF4983.jpg

DSCF4985.jpg
ハイジパンやガレットに長い列が出来ていました。

ステージでは歌手の神園(かみぞの)さやかさんのオンステージ
DSCF4976.jpg

DSCF4987.jpg
高校生でデビューして11年という神園さん、人気の歌謡曲なども披露して会場を沸かせていました。

そのあとステージ前では大声コンテストがスタート。
DSCF5019.jpg

DSCF5017_20140624135107b47.jpg

DSCF5010_20140624135106539.jpg
子供の部と大人の部でくじ引きで海の幸の名前を叫んで大声を競いました。

そして、次のゲームは「かご積みタイムトライアル」
DSCF5026.jpg

DSCF5036.jpg
毛がにのかごあみ漁に使う毛がにカゴをペアで積み上げて時間を競うゲームです。

DSCF5044.jpg

DSCF5047_201406241355090f3.jpg
大人の部は5個3列、子供の部は3個3列。バランスの悪いカゴを積み上げるのに苦労していたようです。

入賞した大人には海産物、子供にはおもちゃがプレゼントされていました。

そして、祭りのクライマックスは大大大ビンゴ大会。
DSCF5049.jpg
この山になった景品をごらんください。ほとんどが海産物です。さすが海の祭り。

一番最初にビンゴになったのはこのお父さん。
DSCF5050.jpg

DSCF5052.jpg
しっかりとトキシラズをゲットしていました。

そのほかにも柳だこ、ツブ、さんま、さばなどなど。ものすごい数の景品が出ていました。

本当に当たらないほうが不思議なほど・・・当たらなかったけど(T^T)

そして最後は恒例の紅白モチまき
DSCF5058.jpg
こうして、お祭りは終了。

と、ここまではよかった。のですが。

お祭り終了の花火が上がった直後。

港はどしゃ降りになりました。

後片付けをしていた私たちスタッフはびしょぬれ。

たしかにたしかにお祭りでは雨が降らなかった。

開催中は雨がぜったいに降らない。

ある意味、すごい伝説をもったお祭りだと改めて体感したのでした。


最後にひとつ残念だったのは、楽しみにしていた漁協女性部のホッキカレーが目の前で売り切れたこと。

悲しいです(T_T)

今年も白糠漁港で「港in白糠大漁まつり」が開催されました。

これまで一度も雨が降ったことのないお祭り。今年もその伝説が守られました・・・違った意味で。

お天気は朝から曇り。近くに車をとめて会場まで歩きました。
DSCF4805_2014062316181886d.jpg

DSCF4804.jpg
ピーカンではなかったか・・・。しかし、暑すぎるよりはいいかと納得。

会場では着々と準備が進んでいました。

たこまんま焼いたり。
DSCF4812.jpg

ししゃも焼いたり。
DSCF4861.jpg
ししゃも食べたり・・・。

例年通り、白糠漁協の直売コーナー前にはすでに待っている人が。
DSCF4816.jpg

今年は北菓楼の開拓おかき「白糠柳だこ」も特別に販売されました。
DSCF4807.jpg

そして、今年は遊漁体験の受付前にも長蛇の列が!
DSCF4817.jpg
すげー!

そうこうしているうちにお祭りがスタート!

直売コーナーではお買い物戦争勃発。
DSCF4824.jpg

DSCF4828.jpg
1杯300円の花咲ガニは30秒で完売。

ゲットしたお母さん
DSCF4832.jpg
笑顔いただきました。

他の魚やツブなど、ほとんどのものが数分で完売でした。

こちらはトキしらず ちょっと傷のあるものは2,000円以下という破格(@@)
DSCF4838.jpg
吟味するお母さん

今年も本別町の販売ブースがあり、野菜や特産品の豆類が売れていました。
DSCF4866.jpg

そして、ステージ前ではいろいろなイベントがスタートしました。

まずは吹奏楽のコンサート
DSCF4892_201406231647366c6.jpg

今年も輝いているM元部長・・・の楽器。
DSCF4871_20140623164733b47.jpg

白糠小学校のちびっこたちは演奏だけでなくダンスも披露
DSCF4879_20140623164736473.jpg
可愛かった♪

そして、この頃には会場内のお客様もたくさん!
DSCF4886_20140623170631973.jpg
例年以上のにぎわいです。

メインイベントはまだまだこれから!

ということで、つづくっ!

このタイトルを噛まずに言えるでしょうか。

2012年の10月より建設されていた太陽光発電所が完成し、その竣工式が行なわれ、この建設に関わったたくさんの方が集まりました。
S_IMG_7765.jpg

建物の無事完成を神々に奉告し、その永遠堅固と建築主の弥栄を祈願する儀式です。
S_IMG_7764.jpg

S_IMG_7766.jpg

S_IMG_7792.jpg

儀式が終了し、施主である株式会社ユーラスエナジーホールディングスの清水代表代表取締役社長よりご挨拶。
S_IMG_7840.jpg

続いて、来賓を代表し、棚野白糠町長。
S_IMG_7844.jpg

北海道釧路総合振興局の土栄局長。
S_IMG_7847.jpg

施工者代表として、四電エンジニアリング株式会社の谷脇取締役社長からのご挨拶。
S_IMG_7848.jpg

これで竣工式も閉式となりました。

この日本でも最大級という発電所の航空写真がこちら。
ユーラス白糠ソーラーパーク
62haの敷地内にびっしりと設置されたソーラーパネル。その数13万4,400枚です。

旅客機からもはっきり確認できます。

年間予測発電量は約9,600世帯分、白糠町の総世帯数の2倍に相当するんだそうです。

すごいものが出来ました。

実際にどのくらい広いのかは、恋問館の展望台から、また国道を走りながら体感してみてください。

国道38号線沿いに白糠と釧路にまたがる「釧白工業団地」があります。

ここに日本でも最大級のメガソーラー、太陽光発電所が出来ました。呼称は「ユーラス白糠ソーラーパーク」
62haの敷地に13万4,400枚のソーラーパネルが設置されているそうです。

その竣工式が本日行なわれ、いよいよ本格稼動となります。

そして、その会社である株式会社ユーラスエナジー白糠さんが、その太陽光発電所と恋問海岸を見渡せる展望台を道の駅「しらぬか恋問」に作ってくださり、その展望台の寄贈式も本日行なわれました。
DSCF4775.jpg

IMG_7855.jpg

雨続きの白糠、残念ながら今日も雨となってしまいました。
DSCF4782.jpg

株式会社ユーラスエナジーホールディングスの清水代表取締役からのご挨拶
IMG_7864.jpg

棚野町長のご挨拶
IMG_7875.jpg

そして、目録の贈呈。
IMG_7898.jpg

IMG_7905.jpg

最後にテープカットが行なわれました。
DSCF4797.jpg

こちらが展望台
IMG_7966.jpg

DSCF4803.jpg

展望台に上るとソーラーの説明もあります。
DSCF4801.jpg

あいにくのお天気ですが、見渡す景色はこんな感じです。
DSCF4799.jpg

DSCF4800.jpg
晴れた日や夕陽の海岸を見るにはベストポジションですね。

白糠のビューポイントが増えました♪

竣工式の様子は、次に書かせていただきます。

白糠に来たのが2011年5月。

来てすぐに、同じ部署だったKickさんに「白糠の茶路めん羊牧場のミルクラムっていうのがすごい貴重なんだよ」と教えられ、ものすごく興味を持っていたところ、すぐに「ミルクラムを食べませんか?」とお誘いをいただきました。

それが2011年6月3日。

あれから丸3年。人生というのはいろんなことがありますね(笑)

ということで、今年もこの季節が来たんだなぁとしみじみしながらミルクラムのディナーをいただきました。

ミルクラムといえば、釧路市中園のフレンチレストラン「ガストーラ」さん。いつもお世話になっています^^

今回はすごく貴重な内臓もタイミングよく入りましたということで先にご紹介いただきました。
IMG_20140613_191107.jpg
腎臓にレバーに肺、胸腺、そして奥のトレーがお肉です。

小さな乳呑みの仔羊からとれる貴重な貴重なお肉、しっかり味わいたいと思います。

IMG_20140613_191445.jpg
脳みそのフライ トマトソースと小松菜のムース

IMG_20140613_193232.jpg
胸腺とトリップのピリ辛煮込み 三友牧場のヨーグルト

IMG_20140613_194714.jpg
腎臓と肝臓 蘭越町及川農園のグリーンアスパラ

IMG_20140613_200550.jpg
ミルクラムの骨で取ったスープ 肺と釧路町のカブを浮かべて

IMG_20140613_202706.jpg
メインのミルクラム

毎回思うことですが、ミルクラムのお肉は本当にきれいな桜色で、まわりにちりばめられた桜塩と同じ色をしていることに感動します。そして、こうして命をいただくことに感謝しなければなぁと改めて思うのです。

IMG_20140613_214252.jpg
羊乳とポロニの卵のアイスクリーム

すごく優しい味のアイスクリームです。

今年も本当に美味しくいただきました。


いつも美味しいお料理を提供してくださるガストーラの安藤シェフに心から感謝します。

フランス料理 ガストーラ
DSCF0234.jpg
北海道釧路市中園町2-8 TEL 0154-31-3635
http://www.gustora.com/

雨が続く今日この頃ですが、みなさんは体調を崩されていませんか?

私はとにもかくにも眠いです。

お天気が悪いと「低気圧がきてるから具合悪い」と言っていた父を思い出し、「ああ、私は父の血をひいたのね」と勝手に納得しています。

という、どうでもいい話はさておき、今年も上茶路の青少年旅行村の草刈りの季節となりました。

キャンプ場を覆いつくす草を刈らねばキャンプも出来ん。というわけです。

いまのキャンプ場はこんな感じ。
DSCF4728_201406191345540b4.jpg

新緑がまばゆい
DSCF4727.jpg
晴れてたらもっと綺麗なのですが。

足元にも・・・
DSCF4729_201406191345515ba.jpg

DSCF4724.jpg
野いちごの花が可愛い。

と、のんびりしている場合ではなく。
DSCF4730_20140619134555575.jpg
草刈り開始です。

チョイーンチョイーンと草を刈っていく。気分は進撃の巨人。って詳しくしらないけど。

この日も雨が降っていて、雨粒が大きくなったり小さくなったり。

最後にはどしゃ降りで、みんなびしょぬれになりました。

ビフォーアフターはこの通り。

ビフォー
DSCF4725.jpg

アフター
DSCF4732.jpg

ビフォー
DSCF4726.jpg

アフター
DSCF4731_RS.jpg
草に隠れていた丸太のベンチが姿を現しました。

草刈りをすると、作業着に草がはねて、作業着がすごいことになります。
とくにフキなどの水分の多いものは飛び散って大変なんですが、今回は雨にも当たったので、草なんだか汗なんだか雨なんだかとひどい状態でした。

しかし、大雨の前にとりあえず目的の範囲は刈り終わったのでよしとしましょう。

そして、草刈り機をかついでいたため筋肉痛になっているのはナイショです。

最近、シソがグングンと伸びています。

で、こんなにワサワサしています。
DSCF4718.jpg
ワサワサ

DSCF4719.jpg
ワサワサ

発芽の悪かった大葉もあと蒔きした芽が育ってきています。
DSCF4720.jpg

と、いうことで、キツネもびっくりして走る。「てぇへんだ、てぇへんだ!」
DSCF4717_20140619132432ce8.jpg

で、止まる。
DSCF4716.jpg
ピタ。

このキツネの色はとっても不思議ですが、昨年もこんなキツネを見ましたね。

品種改良なわけないし、進化中?

どなたか詳しい人がいたら教えてください。どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ