白糠酪恵舎さんが仕掛けるイベントの第4弾「みんなのから騒ぎ!ガレットパーティ~もうすぐ春ですねぇ、なまら騒いでみませんか」が釧路市のレストランイオマンテで開催されました。
DSCF3532_20140331115522c5d.jpg

低迷する外食産業を盛り上げ、さらに白糠の産物を地域に定着させようというのが、このイベントの目的で、第4弾の今回はそば粉のクレープ「ガレット」に白糠酪恵舎さんとともに力を入れているレストランイオマンテで開催されました。

というわけで、会場に向かったのですが、迎えてくれたのは・・・
DSCF3498_20140331115501d7f.jpg
ローンレンジャーと

DSCF3499.jpg
あやしいピエロ

そして・・・
DSCF3505_20140331124705bb1.jpg
デビルマンまで。

白糠酪恵舎のスタッフさんたちが仮装でお出迎え。

そして、ガレットの焼き台。
DSCF3522.jpg
自分で自由にトッピングしてガレットを焼くことができます。

そしてイオマンテの舟崎シェフが腕をふるった料理も盛りだくさん。

でも、食べまくっていたので、そんなに写真はなくてですね・・・
DSCF3502.jpg

DSCF3504_20140331115447a42.jpg

DSCF3510.jpg
このほかにもいっぱいあったんです。食べたんです。ほんとです。

そして、ガレット
DSCF3525.jpg
手前にあるのが舟崎シェフの今回の自信作「昆布のピュレ」エシャロットやケイパーなども入っているということでしたが、本当に美味しかった。そのままおつまみになる美味しさでした。

最後は井ノ口さんと舟崎さんの2ショット+α(デビルマンで疲れた白糠酪恵舎のSSさん)
DSCF3528.jpg

「通常は入場お断り」されそうなコスプレも貸切だから出来ることですね。

楽しくにぎやかに盛り上がった会でした。

昨年の春から1年間、役場の臨時職員として頑張ってくれた「ジョー」の送別会を行いました。
DSCF3476.jpg

1年は早いなぁ・・・。

高校を卒業したばかりのジョーはまだ子供っぽさがありました。
DSCF8877_S.jpg
シソ畑の雑草取りだけはちょいちょいサボってました。コノヤロー。

それがすっかり大人になって。
DSCF3478.jpg

DSCF3484_2014033111204633c.jpg

大食いではたくさんの人を驚かせました。
DSCF3491.jpg
この日もまずは豚丼とスパカツをペロリ。そのあともスパゲティ食べてました。

DSCF3489.jpg
4月から念願の海上自衛隊に入隊です。

厳しい訓練が待ってると思いますが、ジョーなら頑張っていけるでしょう。

頑張れ~!!

白糠&阿寒ツアーの前日の話・・・。

翌日は暴風雪という予報が出ていたので、担当者、そしてお世話になる皆様といろいろ相談しました。

飛行機が飛ばなかった場合の対策プランを2段3段構えで用意し、何があっても、とにかく楽しんでもらえるようにしようといろいろ考えました。

結果として、当初の予定通りのプログラムを全て実施することができたので本当に本当によかったです。

一番、心配だったのは青少年旅行村でのアクティビティ。

吹雪いてしまったら、何も出来なくなってしまいます。その場合はどうする?

でも、吹雪かない場合のための準備もしておかなければならない。

ちょっとしたジレンマを抱えながら上茶路に向かいました。

「明日は絶対ムリでしょ。」

「いや、でも森の中はだいじょうぶ。」

「けど、それなりに寒かったら・・・」

などなど、いろいろ相談しながら作業。

メインテーブルはU型のカウンター式。
DSCF3230.jpg

もうひとつ作ります。
DSCF3227.jpg

これはサブテーブル。
DSCF3229.jpg

雪を積んでは踏み固める。私の体重で固めさせていただきました。

出来上がったテーブルの使い方はこう。
DSCF3231.jpg
見えない誰かと会話中の殿下。(やらせではなく、普通にこうして座っていました)

しかし、このテーブル、ツアーのお客様はベンチとして腰掛けていました・・・あぁ。
DSCF3361_201403271016178e6.jpg


作業を終え、森から戻るのはこの方法。

軽トラと
DSCF3235_20140327094936f3a.jpg

ボブスレーでGO!GO!!
DSCF3234.jpg
(私有地内限定の楽しみです)

ジョーの雄叫び
DSCF3243.jpg

樹液のコーヒーを飲んだ管理棟のこの部屋も・・・
DSCF3371_3.jpg
突貫工事で片付けました。

そんなこんなの準備があって、メープル体験は無事に行うことができたわけです。

今まで、こんなに天気に悩まされたことってあっただろうか。

何はともあれ、無事に終わってよかったよかった。

(今回は写真たくさんで長いです。)

3月21~23日の2泊3日で白糠町と釧路市阿寒を周るモニターツアーを開催しました。

これは釧路活性化協議会主催で、2ないし3市町村が協同してツアーを企画するという事業です。

今回、白糠町は釧路市と組み、白糠町と釧路市阿寒町のツアーを組み立て、札幌市近郊から約20名の方にご参加いただきました。

初日の3月21日(金・祝)は信じられないことに、暴風雪波浪警報が。丘珠空港を飛び立った飛行機は天候次第では引き返すという条件付運航に・・・果たして釧路空港に降りられるのか。

「天気が悪くてもとりあえず到着さえしてくれればなんとかなる」と空港のベンチで祈りながら待ちました。

そして、空港内にアナウンスが・・・「ただいま丘珠空港便が着陸しました」

「やったー!よかったー!!」と思わず拍手して喜んだところ、周りの人に笑われました。

同じ時間帯の他の便の欠航が相次ぐ中、まさに奇跡のフライトとなりました。


ということで、ツアーがスタート。

最初に東山公園から白糠町を見渡していただこうと計画しましたが、これは断念。

まっすぐ茶路めん羊牧場へと向かいました。

DSCF3250.jpg


いまは羊の出産ラッシュの時期で子羊がいっぱい。

DSCF3263.jpg

DSCF3265_20140326145451875.jpg

元気いっぱいに走りまわる子羊を見て、皆さんも喜んでいました。

そして、次はちょっと早い時間でしたが「羊のランチ」

茶路めん羊牧場からほど近い場所にあるさくらの家で茶路めん羊牧場の武藤さんが作る羊のコース料理を食べていただきました。
DSCF3307.jpg

DSCF3282.jpg

モンゴル料理のシュウパウロ(塩ゆで)
DSCF3273.jpg

DSCF3274.jpg

ラムのロースト
DSCF3287.jpg

DSCF3290.jpg

DSCF3292.jpg

DSCF3297.jpg

DSCF3308.jpg

他にもラムで煮込んだ羊のスープやラグーソースのパスタ、串焼きなどなど、たくさんの羊の料理を堪能していただきました。

ランチのあとはお勉強、ということで白糠ICの開通に向けて作業中の道東道の工事現場へ。

DSCF3309.jpg

DSCF3314.jpg
満腹の中、バスに揺られてお昼寝しながらの移動となりましたが、実はこのトンネルに続く細い道がかなりのスリルで、このたび一番のドキドキポイントだったというのは私と運転手さんの秘密ですw

そして、この次が上茶路(かみちゃろ)の青少年旅行村でのメープルシロップ採取体験。

スノーシューを着けて森の散策というのが当初の予定だったのですが、雪が降ったり、強風が吹いたりしていたので、参加者の皆さんの問いかけてみたところ「せっかくだからやりたい!」との意見を多くいただき、予定通り決行することにしました。

ところが、ここでも奇跡が・・・。

森の中に入ったときには強く吹いていたはずの風がおさまったのです。どうやら今回の参加者の皆さんは強運を持っているようです。

ということでスノーシューを装着。
DSCF3316.jpg

ちびっこも装着。
DSCF3317.jpg

旅行村の管理人の横田さんからの簡単な説明のあと、
DSCF3318.jpg


いざ出発
DSCF3324.jpg
ぞろぞろぞろぞろ・・・

この日は寒かったので、メープルシロップになるイタヤカエデの樹液は出ないだろうと予測し、急遽「オニグルミ」の木の樹液を取ってみることにしました。

木の幹に穴を開け
DSCF3337.jpg

チューブを装着する
DSCF3338_20140326152459961.jpg

しかし、残念ながら樹液は出ず・・・

樹液をためるペットボトルを設置しました。
DSCF3340.jpg

DSCF3344.jpg

横田さんいわく「樹液が出ないのは今日の参加者の皆さんの普段の行いが原因ですね(笑)」と。

そして、そのあとは森の中のいろいろな木を見ながら散策。
DSCF3349_2014032615250306e.jpg

ツリーハウスに到着しました。
DSCF3360_201403261525100f5.jpg

みなさん、ツリーハウスに興味津々で、夏に泊まりたいと詳しく質問する方もいました。

そのあとは旅行村の管理棟へ。

DSCF3364.jpg
ここでは、実際に採取して煮詰めたメープルシロップの試食や、メープルの樹液で淹れたコーヒーなどを飲んでいただきました。
DSCF3371.jpg

そして、横田さんが撮影したエゾモモンガの様子も見ていただきました。
DSCF3376.jpg

これで1日目のアクティビティは終わり、この日の夕食と宿、白糠町内の「ホテルまつや」に向かいました。

夕食は居酒屋「心」で白糠の食材を使ったコースを用意していただきました。
DSCF3384.jpg

DSCF3383_201403261530336d0.jpg

毛がににツブにホッキ飯、お刺身などなど
DSCF3378.jpg

好評だったのがこれ
DSCF3387_201403261534365d5.jpg
ししゃもです。オスとメスをこうして食べ比べるのは初めてとよろこんでいただけたようです。

そしてデザート
DSCF3388.jpg
メープルシロップを使ったプリンです。これは大好評でした。

お料理を作った野田さんからも挨拶をいただき、
DSCF3393.jpg

宴は続き、コンサートまで。
DSCF3397.jpg

DSCF3401.jpg

DSCF3402.jpg

楽しく盛り上がり、1日目の夜は更けていきました。


そして、夜は明け2日目。

前日の悪天候がうそのように晴れ、まずは白糠漁港に向かいました。

すると、漁協の市場内で作業をしていたY部長が大サービスをしてくれました。
DSCF3411.jpg
白糠特産の柳だこの解体をして説明をしてくれたのです。
DSCF3414.jpg
内臓を取り出し、さらにたこまんま(たこの卵)を出したときにはものすごい悲鳴が上がりました。

しかし、悲鳴を上げながらも写真をパシャパシャ。人は面白いですねぇ。


そして、漁港をあとにして向かったのは社会福祉センター。

ここで「浜の母さんの料理教室」を体験していただきました。

白糠漁協女性部のみなさんに講師をお願いし、港で見てきたばかりの柳だことホッキ貝を使ったお料理を習うという体験です。
DSCF3416.jpg

ホッキの貝のはずし方もしっかり体験
DSCF3425_201403261550280fa.jpg

DSCF3428_201403261550247a6.jpg

作ったのはホッキカレーとホッキのフライ、そしてたこザンギです。
DSCF3434_20140326160304a66.jpg
お料理自体は手馴れている皆さんでしたので、作り始めてからは早かった。


ホッキのフライ
DSCF3432_2014032616004079a.jpg

たこザンギ
DSCF3441.jpg

カレーは撮影し忘れました・・・

いっただっきまーーーーす。
DSCF3438.jpg

DSCF3439.jpg

たっぷり食べたところで、白糠町内でのプログラムは全て終了~。う、さみしい。

ということで、次は釧路市阿寒町に向かいます。

まずは道の駅のそばにある「阿寒国際ツルセンター グルス」へ。
DSCF3449.jpg

タンチュウ
DSCF3442.jpg

マナヅル
DSCF3445_20140326160320010.jpg

そのあとは阿寒湖畔に移動し、翌日の午前まで自由行動となりました。

私が行ったのは子供のころ以来のボッケ(泥火山)
DSCF3457.jpg
昔(30年以上前・・・)はもっとボコボコと湧き上がってましたが、いまはときどきポコ・・ポコ・・・という感じ。

DSCF3459.jpg

3日目も上着がいらないほどの暖かな快晴でした。
DSCF3460_2014032616121946d.jpg

最後の行程は道の駅「しらぬか恋問」でお買い物。たくさんのお土産を買って皆さん帰路に着きました。

DSCF3469_20140326161539f9a.jpg

悪天候から始まったものの、全行程を無事終了して旅が終わりました。

また夏に来たいと行ってくれた方もいました。

この旅で白糠と釧路を少しでも好きになってもらえたとしたら嬉しいですね。

駆け抜けた2泊3日、とにかく無事に終わってよかったです。

久しぶりの休日、たまには映画でも見たいなと思っていたら・・・

なんと!あの映画がリメイクされているではないですか!!

ROBOCOP
S_E383ADE3839CE382B3E38383E38397.jpg

ちなみにもとのはこちら
S_Kotaku_201306_robocop_hotyoys_figure_geek_item.jpg

主人公の名前は同じ、アレックス・マーフィ。

相棒はルイス、しかしこちらは男性。

そして、スーツはシルバーではなく黒。

なぜ黒なのか・・・。(映画を観るとわかります)



オリジナルの1作目が公開されたのが1987年。

たしかタダ券をもらって見に行ったはず。

ぜんぜん期待せずに行ったけど、すごく面白くてハマりました。

しかし、警官のマーフィが殺されるシーンはトラウマだったので、今回もかなりドキドキしましたが・・・

そのシーンはぜんぜん違いました。

全体的にはシリアスで、前作にあったようなクスッと笑えるような場面はありませんでした。


今作は明らかにプロローグという内容で、本格的な続編が待ち遠しくなるように作られていて(笑)

脇を固めていたのが、マイケル・キートン、ゲイリー・オールドマン、サミュエル・L・ジャクソンという大物。

でも、みんな年をとったなぁと自分のことはさておいてしみじみしました。

ということで、気になる方はぜひ映画館へ。

釧路の地酒として人気の「福司」。

この酒蔵が年に1度だけ開放される日があります。

今年は3月16日ということで行ってまいりました。

といっても、他の友達からの情報で蔵開きは今日だった!と気づいたのがお昼・・・。

ああ、遅かった。

蔵開きは午前10時から午後3時までなんですが、午前10時に行かないと、アレが手に入らないのです。

と、目的のブツはあきらめて、蔵の見学に出かけました。

DSCF3200.jpg

DSCF3201.jpg

蔵開きの日は無料開放で、入り口で杯を渡されます。

その入り口に張り紙・・・
DSCF3201_2.jpg
早く来ると買える限定の「たれ口酒」、みんなこれを目的に蔵開きにくるんです。

ああ、やはり遅かった。

と悔やんでいても仕方がないので、見学、見学っと。
DSCF3203.jpg

DSCF3204.jpg

通路の途中、要所要所に蔵の人が立っていて説明をしてくれます。

私が気に入ったのはここ。
DSCF3210.jpg

ここにのぼります。
DSCF3208.jpg

すると中には・・・
DSCF3207.jpg

発醸中のお酒がぁ~♪
DSCF3206.jpg
プツプツいってるぅ~♪♪

思わず飛び込みそうになりました。いや、キモチは飛び込んでました。

すっごーく酔い、いや良い香りがしました。いるだけで幸せ♪

そして絞ったのがこちら。圧搾中。
DSCF3214.jpg

DSCF3215.jpg
これを瓶に詰めたのが「たれ口酒」です。

買えなかったけど。

買えなかったけど。

見学が終わって、特設の直売コーナーへ。
DSCF3218.jpg

目的はもちろん。
DSCF3217.jpg
試飲。

2種類あり、当然どちらも試飲。

甘酒もありました。

お目当てのお酒は買えなかったけど、飲んだし、お猪口ももらったので、ご機嫌で帰りました。

こういうイベントが毎日でもやって欲しいですな。ホント。


出来立てのビールを飲みに近所のビール工場見学に通っていたあの頃が懐かしい・・・(笑)

いま釧路で話題になっているスポットをご存知ですか?

「くしろ港食堂 ジョナサン」です。
IMG_20140315_112956.jpg

釧路水産センターのビルの1階にある食堂で、旬の魚料理が食べられると評判なんです。

そして、そのPRの仕方も話題になっていて、今は「冬のジョナサン」略して「冬ジョナ」キャンペーンを開催中です。

「冬ジョナ」といえば、そう「冬ソナ」

ということでこんな顔出し看板まで。

バカバカしいけど真剣な宣伝が繰り広げられているんです。
b77c8728.jpg

IMG_20140315_112952.jpg

今はスケソウタラのメニューを売り出しています。
IMG_20140315_113340.jpg
「ゆれるスケソ心」

入り口を入ると食券の販売機があり、そこで買った食券を店員さんに渡して座ります。

雰囲気はちょっと立派な社員食堂。

頼んだのはこちらのメニュー
IMG_20140315_114240.jpg
新聞記事にもなっていた「スケソウタラの味噌ホイル焼きゆず風味」750円

食べに来ているお客さんもばらばらで漁師さんぽい方もいれば、社員さん風もいて、ご夫婦もいれば女性のみのグループもいる。

お昼前に到着しましたが続々とお客さんが入ってました。

営業時間は朝の部(6~10時)と昼の部(11~15時)の2部制で日祝はお休みです。

日替わりや週替りのメニューも多く、また行きたいと思わせるしくみになっていました。

やるな、ジョナサン。



と、お腹を満たしたあとは、和商市場へ移動。
IMG_20140315_122706.jpg

和商市場の特設コーナーで「くしろ食財じまん週間」と題して釧路管内の特産物を週替りで販売しているのですが、15日は白糠町ということで、冷やかしに出かけました。

IMG_20140315_122651.jpg
相変わらずの青ヒゲ店長。と、いつも冷静な殿下。

この日のダジャレヒットは飛ばず。東京のクールなお客さんのダジャレつぶしにあったそうです(笑)

ダジャレも冷静に受け止めて淡々と返すのがコツらしい・・・(ー∀ー)ニヤリ

この日はとみやストアーの「鳥じん」がよく売れたそうです。

少し前にラジオ「日高晤郎ショー」でこの鳥じんが取り上げられたのをきっかけに売り上げが伸びているそうです。

どうかブームに火がつきますように!

お知らせというかご報告です。

2011年3月から、白糠町の地域おこし協力隊として活動してきましたが、総務省の制度の利用は3年までと期限が決まっているため、この3月で任期は終了なのですが、このたび白糠町のはからいにより、また4月からの1年間、同じ立場で白糠町で働けることになりました。

よりいっそう、白糠町を盛り上げるために頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


それと、もうひとつ。

現在、コープさっぽろで「花咲醸酒(はなさけ)hana-sake43°」というお酒が発売になっております。
S_hanasaku Press

道内の9つの蔵がそれぞれ道内産のお米とお水を使い、同じ名前のお酒を作るというプロジェクトです。

1月と2月に半分ずつ発売され、現在は店頭にぜん9種類揃っています。

というこで、お知らせはここからなんですが・・・

昨年このお酒のラベルデザインの一般公募があり、なんとなく応募してみたところ。

採用になってしまいました。

超ビックリ(@@)

シンジラレナーイ!

で、採用のプレゼントがこのほど届きました。

じゃーん!

IMG_20140315_130728_R.jpg
全種類いただいちゃいました。壮観。

さて・・・私のデザインはどれでしょうw (当たった方は・・・ほめてあげます)

自分のデザインが商品ラベルになるなんてことは考えたこともありませんでしたが、すっごく嬉しいものですね。

なんだかクセになりそうです。

ぜひ、コープに行った際にはお手にとって、好きな蔵のお酒をチョイスしてくださいね。

1本300mlで500円です。

すごーく久しぶり・・・約1年ぶりにこちらに行ってきました。

IMG_20140314_190343.jpg
金太郎のマークの「まる金寿し」

人生の終わりに食べるのは「お寿司」と決めているほどの大好物。

わくわくドキドキ♪

ロマンチックが止まりません。(時代考証不要)

ということで・・・ここからは写真でお楽しみください。

お酒は「田酒」でスタート。ぐふふ。

IMG_20140314_190953.jpg

IMG_20140314_191241.jpg

IMG_20140314_191409.jpg

IMG_20140314_192133.jpg

IMG_20140314_192453.jpg

美味しすぎて、にやけるしかないという。

にやける私を見て、大将もニヤリとしていましたが(笑)

ここからはにぎっちゃっていただきます。

IMG_20140314_195104.jpg

IMG_20140314_195343.jpg

IMG_20140314_195656.jpg

IMG_20140314_195820.jpg

IMG_20140314_200309.jpg

IMG_20140314_200953.jpg

どのネタも丁寧に手がかけられていて、出されるときにはそのまま食べられるように味をつけて出されるので、すぐにぱくっといただけます。

いやぁ、たまらなく贅沢な時間でした。

やっぱりお寿司はいいなぁ。

飲んだお酒は田酒→浦霞→北の勝しぼりたて→田酒

くぅ~。たまらん(><)

はぁ、次はいつ行けるのかなぁ・・・ドキドキ。

2012年のGWに発売した道の駅「しらぬか恋問」恋問館のオリジナルアイス「恋する愛す~初恋編~」

DSCF8139.jpg
白糠町内のモニターの皆さんの意見を集めて作った美味しいミルク味のアイスクリームです。

発売当時の様子はこちら

このアイスクリームの第2弾が本日3月14日に発売になりました!

その名も「恋する愛す~粋な恋編」
DSCF3198.jpg


粋な恋?

いきなこい?

い・きなこ・い?


ということで、このアイスには「きなこ」が入りました!

DSCF3193.jpg

使ったのは本別町名産の黒大豆のきなこ。

1年前に白糠町と本別町は包括交流連携協定を結び、これが縁となって2つの町のコラボ商品が出来たというわけです。


白糠町の生乳と本別町産の黒大豆きなこの組み合わせ。

美味しくないわけがないんです!

きなこの割合は2.5%

2%、2.5%、3%で試作し、1月に行われた「味技フェスしらぬか」の会場でも来場者に試食をしていただき、そこで美味しいと認められたのがこの比率だそうです。


私、あまり甘いものは食べないのですが、きな粉は大好き♪

ということで、このアイスはとーーーっても美味しいと思います。

今日から16日までの3日間は太っ腹ではない青ひげ店長がお腹をふくらませて発売記念セールを行うそうです。
DSCF3196.jpg
なんだかいい笑顔つくっちゃってますけど。

DSCF3194.jpg

そして、3月15日の1日のみですが釧路の和商市場でも白糠町の特産物販売を行い、そこでも記念セールとして「恋する愛す」を販売するそうです。

私も行きます。買いに。


ということで、ヒットな予感の「恋する愛す~粋な恋編~」

ぜひぜひ皆様もお試し下さい♪
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ