今年もとうとうやってまいりました!

ししゃもの季節ですっ!

10月24日に今年のししゃも漁が解禁となり、初水揚げがありました。

そのししゃもに塩をして干すと・・・待ちに待った干しししゃもの出来上がり!

ということで、ししゃもを探しに出かけたら・・・

ありましたよ!
DSCF1165.jpg

正真正銘、白糠産のししゃも!
DSCF1166.jpg
ひゃー!会いたかった~♪

これを早速買って帰り・・・

焼きます。
IMG_3188.jpg
輝いてますね~。

弱めの中火でじっくりじっくり

DSCF1172.jpg
ひっくり返してじっくりじっくり

DSCF1171.jpg
ひゃー、いい感じ。

ということで

DSCF1175.jpg
出来上がり!(オスが2匹、さてどれだ?)

アツアツ、ほわほわのししゃも。

たまらん!

日本酒がなかったのでビールにしましたが。

いやぁ、美味しかった。

サカナ大好きカンタくんに取られないようにするのが大変でしたが、美味しくいただきました♪

いまはまだ小ぶりでメスも子持ちではないですが、今時期のししゃもはほどよく脂がのっていて美味しいんですよね。

この季節が来たかぁ~。としみじみ満足した夜でした。

美味しいものだらけの白糠・・・スバラシイ。

北海道では放送にならないらしいCMに白糠のししゃも部会長が出演しています!

そのお相手は映画「僕等がいた」の主演をつとめた吉高由里子さん。

とにかく面白いのでご覧ください。2バージョンあります。

漁港編


灯台編


灯台のシーンは浜中町ですが、それ以外は白糠漁港で8月に撮影されたものです。

こんなに面白く仕上がってるなんて・・・。

部会長、さすがです!

これ、町で流せないかなぁ。

白糠には京都大学北海道研究林があるそうです。その名も「北海道研究林白糠区」

今までぜんぜん知らぬかった!

京都大学の方が日本の各地の自然環境を研究するための施設で、道東では標茶町と白糠町に設けられており、その研究林で行われたミニ公開講座に「ふるさと未来塾」が参加したというわけです。
京都大学ミニ公開講座

まずはバスに乗り込み、目的地へ出発。
DSCF1121.jpg

今回は一般参加の方もいて約40名での移動となりました。

研究林があるのは和天別の山の中、見慣れた牧場を通り過ぎ、どんどん進んでいきました。

そして研究林に到着。
DSCF1124.jpg

山道を歩きながら、落ち葉や木々を見て白糠の植物について学びます。
DSCF1125.jpg

DSCF1127.jpg
見たことのない木の実にびっくり(°д°)

DSCF1130.jpg
これはアオダモ。枝を切って水に入れるとなぜか水が青くなるんだそうです。写真だとちょっとわかりづらいですが確かに青くなっていました。でも、どうして青くなるのかは解明されていないそうです。

今年はあまり紅葉がきれいではないですが、それでもところどころに赤いもみじがありました。
DSCF1136_20131028131553def.jpg

DSCF1157.jpg

DSCF1138.jpg
みんなで紅葉狩り。

そしてこちらはオニグルミ
DSCF1133.jpg

DSCF1134.jpg
もちろん美味しくいただきました♪

そのあとは、いろいろな実習を行いました。


丸太を切って
DSCF1143.jpg

DSCF1145.jpg
コースターづくり。サンドペーパーで磨き上げます。

私はこれで筋肉痛・・・。

次は林の中で樹木の大きさを測り、伐採。
DSCF1147.jpg

DSCF1150.jpg

DSCF1151.jpg

DSCF1154.jpg

DSCF1155.jpg
倒れたぞ~っ!

こうして間伐した木は木材として出荷するんだそうです。

そして最後は観察をしながら拾い集めた落ち葉でしおりを作りました。
DSCF1159.jpg

DSCF1160.jpg
可愛い落ち葉アートがたくさん生まれていました。

全員で記念撮影。
DSCF1162.jpg

白糠の秋を満喫する内容となりました。

それにしても、私は植物の名前を知らなすぎだなぁ。

少し勉強しなければ。

釧路の城山東家さんで「蕎麦と日本酒の会」が開催されました。

DSCF1095_201310281025227c5.jpg

DSCF1094R.jpg

お店は貸切となっています。

お店に入ると、ずらりと並んだ日本酒。
DSCF1096.jpg
これを飲み干すのかぁ・・・。(ゴクリ)

テーブルに着くと、目の前でおいしそうに揚げ蕎麦スティックをかじる人が・・・。
DSCF1098.jpg
これから2時間あまりダジャレを聴き続けるのかと思うと、食欲が・・・。

気を取り直してお品書き
DSCF1097R.jpg

ということで宴はスタートです。
DSCF1099.jpg
このお酒で乾杯♪

DSCF1100_201310281031250a1.jpg

DSCF1102.jpg

DSCF1101.jpg

DSCF1103.jpg
これはラベルもさることながら味も良い意味で日本酒らしくなく、まるでワインのようでした。(後ろに写りこんでる人は柔道一直線な日本男児ですけどね。)

ぞくぞくとお酒とお料理が出てきます。
DSCF1106.jpg

DSCF1108.jpg
蕎麦がきが美味しかった~^^♪

DSCF1107.jpg
これは私には甘すぎてダメでした。辛いのもってこーい!な感じ。

DSCF1113.jpg

DSCF1116.jpg

DSCF1111.jpg

DSCF1117.jpg

DSCF1118.jpg

DSCF1119_20131028103509ea4.jpg

飲んで食べて、食べて飲んで、飲んで食べて飲んで。

しかし、良いお酒は悪酔いしないですね。

気づけばエンドレスなダジャレも気にならなくなってました。

このあと2次会もあったのですが、すっかり写真を撮り忘れ・・・。

それだけ楽しかったということですね。

満足満足な夜、でした♪

今年は何隻も豪華客船が来航した釧路港。

年内最後に到着したのは日本が誇る豪華客船「飛鳥Ⅱ」です。
dsc09721b.jpg

dsc09730a.jpg

大きなビルが海に浮かんでいるよう。(この写真2枚は釧路のKさんのブログからお借りしました。)

ということで港にいくと・・・
DSCF1011.jpg
どーん。

DSCF1012.jpg
どどーん。

大きすぎてカメラに収まらないのです。

港では釧路市が歓迎ののセレモニーを行なっていました。
DSCF1019_20131025090036ab2.jpg

DSCF1018.jpg

今回は博多を出発して8泊9日で日本を周遊するツアーだったのですが、釧路では釧路管内を周る11のオプションコースが組まれ、そのひとつが白糠ツアーだったのです。

今回のツアーの乗客数は750名!すごい数ですね。

ということで、今回は白糠ツアーにお申し込みいただいたお客様のご案内ということでバスに同乗させていただきました。
DSCF1020.jpg

白糠ツアーのタイトルは「アイヌ文化と北海道の豊かな食材に触れる白糠(しらぬか)満喫ツアー」

これは事前(6月)にツアー会社の担当の方が白糠に訪れ、いろいろな場所を下見をした結果、選ばれたコースです。

今回参加してくださったのは5名(7名の予定が5名になりました)

まずはアイヌ文化に触れるということでウレシパチセでアイヌ音楽や舞踊の鑑賞を行いました。
DSCF1022.jpg

DSCF1028_S.jpg

DSCF1034.jpg

DSCF1042.jpg

DSCF1046.jpg

DSCF1058.jpg

参加された皆さんと輪踊りも踊りました。
DSCF1057_S.jpg

そのあとはアイヌ刺繍の体験です。
DSCF1066_S.jpg

DSCF1069.jpg
アイヌ独特の文様のコースター作りを体験しました。

そして、お昼はホテルまつやさん内の居酒屋「心(こころ)」で白糠の食材をふんだんに使ったお料理を楽しんでいただきました。
DSCF1071_20131025092912678.jpg

DSCF1072_20131025092916acf.jpg

DSCF1073.jpg

DSCF1074_201310250929108fe.jpg

DSCF1075.jpg

DSCF1076.jpg
皆さんが「どれも美味しい、来てよかった」と満足してくださったので、本当に嬉しかったです。

白糠の食材を美味しいと言っていただくのが何より幸せだとしみじみ感じました。

このあとは白糠酪恵舎さんでチーズ工房の見学、そしてお買い物。

そこから釧路に戻る途中で道の駅「しらぬか恋問」の恋問館に寄り、お土産をたくさん買っていただきました。

「釧路は知っていただけど、白糠なんて地名は初めて聞いた。でも、来てよかった~。」と最後まで喜んでくださったので本当にホッとしました。

「船に戻ったら宣伝しておくからね」とみなさんは笑顔で釧路港に戻っていきました。

参加人数はちょっと少なめでしたが、ゆっくりお話できたのはとてもよかったと思います。

次回、また皆さんが来てくれて、さらに参加者が増えたらいいなと期待の持てるツアーでした。

もっともっと白糠ファンを増やさねば(^ー^)

関東に在住されている白糠町出身者で組織する「東京しらぬかふるさと会」の定期総会とふるさとを語るつどいが東京のホテルで開催されました。

私も参加するのは今年で3回目になります。もう3年かぁ・・・。

ということで流れでご紹介します。

DSCF0926.jpg

開会
DSCF0928.jpg

定期総会
DSCF0932.jpg

DSCF0944.jpg

DSCF0951_20131021100706048.jpg

DSCF0957.jpg

来賓挨拶 棚野町長
DSCF0967.jpg

大森白糠町商工会長
DSCF0972_20131021100945cd9.jpg

乾杯
DSCF0980.jpg

DSCF0981.jpg

このあとはふるさとを語る会になりました。

白糠を懐かしむ方々が昔話で盛り上がっていました。

毎回ゲストとして参加してくださっている夏木えいじさんの歌
DSCF0990.jpg

そしてお楽しみ抽選会。
DSCF0999.jpg

DSCF0996.jpg

白糠の特産物をお土産にみなさん帰路につきました。

東京はあいにくの雨でしたが、楽しい時間を過ごされて笑顔で帰られたみなさんを見て、やはりふるさとがあるっていいなぁと思いました。

【イランカラプテ】釧路総合振興局Facebookページより

「イランカラプテ」は、アイヌの人々のあいさつ、こんにちは。
「あなたの心にそっとふれさせていただきます。」という温かい思いが込められた、これからの北海道のおもてなしの合言葉。

8月から、北海道の“おもてなしのキーワード”として、「イランカラプテ」という言葉を知ってもらい、アイヌ文化に関心を持ってもらおうと、「イランカラプテキャンペーン」が行われています。

その「イランカラプテ」を、イベントの名称として使っているのが、いま、「たんちょう釧路空港」で10月27日(日)までの期間限定で開催中の開催中、釧路管内の特産品を集めた販売PRブース「くしろ・空の物産展『イランカラプテ』」です。

DSCF0915.jpg

DSCF0916.jpg

DSCF0917.jpg

DSCF0918_20131018132206b35.jpg
モンキーパンチさんの出身地、浜中町さんからはルパングッズがいっぱい!


看板、値札、店舗装飾などいろいろなところに「イランカラプテキャンペーン」のロゴを使用し、ブースの正面には「アイヌ文化」の展示も行っています。

DSCF0919.jpg

展示ケースの中には「タマサイ」と呼ばれる首飾り、「アッツシ」と呼ばれる木の皮の織物で作られた着物など、かつて使われていた「アイヌの生活道具」などを展示。そして、「iPhoneケース」は、今とこれからのニーズに合った、日々持ち歩き使うことに喜びやワクワクを感じられるものとして、「今のアイヌ文化」を象徴する存在です。
10月27日(日)までの期間限定で展示されています。藤戸康平さんの全面的なご協力により、展示ケースの中に、見事にアイヌ文化が過去から現在に引き継がれていることが表現されており、見応え十分です。ぜひ、「たんちょう釧路空港」2階イベントスペースに、足を運んでみてくださいね。


「イランカラプテ」では10月19日(土)に『くしろ“スイーツ”&“おやつ”フェア』を開催します!

これまでも「チーズ・乳製品」、「海の幸・山の幸」とテーマを設けてイベントを開催してきましたが、今回のテーマは『“スイーツ”&“おやつ”』。

特集その1、『釧路管内のプリンが大集合!』
弟子屈町の「なめらかプリン」(スイート・ドゥ・バラック・カフェ)や、白糠町の「白いチーズプリン」(レストランはまなす)など、釧路管内で人気の高いプリンを“11種類!”も集めて、数量限定で販売。標茶町の「しべ・ちゃっぷりん」(石川十字堂)は、今回のこのイベントに合わせた復刻版とのこと、注目です!

特集その2、『1日限り!地元スイーツ&おやつを釧路空港で!』
浜中町のイベント限定で販売されているオリジナルパッケージの「ルパン三世MILKまんじゅう」や、標茶町民に親しまれている洋菓子「フランセ」、弟子屈町で期間限定販売されている「摩しゅ~」、厚岸町からは、お菓子なのに「牡蠣づくしセット」など、気になる商品が釧路空港で1日限りで特別販売されますよ!

そのほか、その場で食べられるあたたかい「くしろ海藻豚まん」の販売もあります

そして、「くしろ・空の物産展『イランカラプテ』」でお買い物された方には、『スイーツ抽選会!』で“三角くじ”。「1等」は、「8市町村のお菓子詰め合わせ」が5本です。「空くじなし」もうれしいですね。

この機会に、ぜひ、たんちょう釧路空港へ足を運んでみてくださいね。

空港駐車場の割引サービスをご存じですか?詳しくは、こちらをご覧ください。
(http://kushiro-airport.co.jp/c-information/post_44.php)


白糠に住んで2年半、実は根室管内は別海町以外は足を踏み入れてなかった私。

この連休にいろいろ周ってきました。

秋のいろいろな景色をご覧下さい。

養老牛
DSCF0728.jpg

DSCF0742.jpg

DSCF0748.jpg

裏摩周展望台
DSCF0750.jpg

神の子池
DSCF0766.jpg

遠音別川 サケの遡上
DSCF0785.jpg

DSCF0779.jpg

オシンコシンの滝
DSCF0790.jpg

知床峠から 国後島
DSCF0795.jpg

知床五湖
DSCF0810.jpg


岩尾別
DSCF0815.jpg

DSCF0828.jpg

DSCF0840.jpg

標津、中標津
DSCF0873.jpg

DSCF0895.jpg

DSCF0896.jpg

北海道らしい秋の景色を満喫してきました。

本当に鮭をくわえたクマが見られるとは思わず・・・この旅で最大のサプライズでした。

10月6日(日)は恋問館まつりでした。

ずーっと休みなく続いてきた秋のイベントもこれでひと段落。あとひと踏ん張り。

と、思ったのですが・・・。

私、見事にダウンしてしまいました。

朝、準備に向かうところまではよかったのですが、だんだんとだんだんと体が重くなり、そしてお腹が痛くなり、体の節々がなんか痛いなと思っていたら、とうとう立つのも歩くのも辛くなりました。

しかし、まつりはまつり。

ということで、子供宝探しから
DSCF0670.jpg

秋あじ鍋の無料配布(広報S氏撮影)
秋あじ鍋無料配布
行列ができてました。

鍛高ラムネ早飲み大会
DSCF0673.jpg

DSCF0676.jpg

実はこの頃には立てなくなってました・・・。

あとの写真はすべて広報S氏の写真です。

ししゃも詰め放題
ししゃも詰め放題

今年初めて行なった活毛がに販売
活ガニ販売

この他にもしその葉つかみ取り
IMG_1141.jpg

IMG_1119.jpg

釧路市興津小学校と白糠小学校の金管楽団のコンサート
IMG_1174.jpg

ヒートボイスの伊藤カズヒロさんのミニLIVE
IMG_1190.jpg

最後に餅まきもありました。
IMG_1239.jpg

と、盛りだくさんの内容だったのですが・・・私は金管の演奏のあたりで会場をあとにしました。

家に帰って熱を測ったら38.3度の発熱でした。

そこからはほぼ気絶、覚えてません。

目が覚めた時には私の発熱をいいことに猫がぴったりとくっついて暖を取っていました(大汗)

「これが終われば、少しゆっくりでき」ると気が緩んだのを体が察知したんですね。ああ、こわいこわい。

まったく役立たずで、本当に反省。な、1日となりました。

ご迷惑をおかけした皆様、本当に申し訳ありませんでした。

ジビエの季節がやってまいりました。

白糠では当たり前に鹿肉を食べます。

それはうまく仕留て美味しいお肉にしてくれるハンターさんたちがいるから。

白糠ではエゾシカ猟の解禁は10月1日、ということで名ハンター鹿之助屋のNさんが獲ったばかりの美味しい鹿を食べる会に潜入いたしました。

出迎えてくれたのはこれ
DSCF0648.jpg

これ
DSCF0646.jpg
前日に獲ったオス鹿の足

美味しそうっ!と思うのは白糠の文化に染まったから?

DSCF0649.jpg
やまべの塩焼き

DSCF0650.jpg
鹿肉の塩炊き

DSCF0652.jpg
鴨汁

ジビエファンがうなりそうなメニューがいっぱい。

この日のゲスト様にわんさかと振舞われました。

私はお手伝いということでつまみ食い、そしてつまみ食い。

つまみ食いでお腹いっぱいになりました。


最後は記念撮影
DSCF0654.jpg
大満足のゲスト様御一行

と、スタッフ
DSCF0658.jpg

今回も楽しませていただきました^^
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ