3連休の初日は昼までグッタリしていました。

正確には、起きていたんですが布団でヌクヌクしていました。

そして夕方、買い出しに。

買ったのはコレ。
IMG_1649.jpg
カスベです。

カスベは大好きなのに料理をしたことがなかったので練習。
IMG_1651.jpg
カスベの煮付けと白糠産柳ダコの刺身に自分で採ってきた山わさびをのせていただきました。

前の日にたっぷり飲んだので、この日は飲まないつもりだったのですが・・・またもプシュっと開けちゃいました(^^;)

この日はこれだけ、だったはず・・・。


そして2日目は早起き。

9時過ぎに標茶町に向かって出発しました。

まだ景色もよくないのですが、目的は景色ではなく・・・

予定通り11時に到着。
IMG_1654.jpg
さて、どこでしょう。

IMG_1653.jpg
札幌で人気のスープカレー「奥芝商店」の標茶店「標茶基地」です。

札幌の本店も民家をそのままカレーやさんにしているのですが、ここも雰囲気は同じ。
IMG_1656.jpg

IMG_1657.jpg
ここの営業は11時から15時まででスープがなくなり次第終了ということなので、急いで来たわけです。

私は3組めでしたが、そのあとも次々とお客さんがやってきて「30分以上かかります」と言われてました。

そして、久々の・・・再会。
IMG_1661.jpg
チキンレッグと野菜、辛さ8番(4番で辛口です)辛い青唐辛子のピッキーヌが7、8本入っていました。それを刻みながら混ぜて食べると・・・咳き込む、もしくは気絶という辛さになります。

エビベースのスープにたっくさんの野菜が入っていました。久々の札幌の味に満足。

大汗をかいて、標茶をあとにしました。

あ、前回標茶に来た時にしまっていた地元のパン屋さんが開いていたので、いくつかパンを買ってきました。

本当はこの日の夜はラーメンを食べようと計画していたのですが、あまりに辛いのを食べたのでお腹がびっくりしたらしく。この日は諦めました。


そして3日目。

昨日のリベンジでラーメンやさんへ。
IMG_1675.jpg
鳥取大通りの「麺や北町」さん。

ここの季節限定のラーメンを食べようとやってきたのですが、この日は月に1度のエゾシカカレーの日。
IMG_1673.jpg
くーっ!悩む~っ!

カレーを食べるべきか、ラーメンを食べるべきか・・・

悩んだ挙句・・・
IMG_1677.jpg
両方。太っ腹。太い腹。(念のためカレーはミニサイズですよ、ミニ)

ラーメンは季節限定で楽しみにしていた厚岸の牡蠣を使った牡蠣ラーメンです。

このラーメン、売れば売るほど赤字・・・らしいです。

ということで、ラーメンから食べて、カレーでゴール!完食。

フードファイターになった気分。

結局、この日も昼に食べ過ぎて夜はロクに食べられず・・・。

ほんとは食べたいものがあったのに。

それは翌日に持ち越しということで。


そんなこんなで、このところずーっと食べ続けている。ブヒ。

日に日に顔が丸くなります。ブヒ。

ムダな抵抗だと知りつつ、ロングブレスとかやってみたりなんかする。ブヒブヒ。

この3連休はヒマでした(-_-;)

久しぶりにひとりでブラブラと過ごした休み。

ついつい、食べ過ぎてしまいました。

まずは3連休前夜祭ということでまたまた釧路の東家城山さんにお出かけしました。

雨上がりの久寿里橋を渡り・・・
DSC00408.jpg

そばと日本酒の会です。

お酒のリストはこちら
DSC00410_R.jpg

DSC00412.jpg
ずらりと並んだ日本酒の皆さん・・・。

1杯目は和食に合うワインで乾杯してお料理スタートです。

DSC00409.jpg


DSC00413.jpg
そば豆腐

DSC00414.jpg
焼き海苔。この箱に火が入っていて炙ることが出来るんです。ぱりっと焼けた海苔サイコーです。

DSC00415.jpg
前菜三点盛り

DSC00416.jpg
蕎麦寿司 旨い・・・。

DSC00374.jpg
お椀(雲丹と中標津産蕎麦掻きの玉子とじ)

先日参加した日本酒の会のときは蕎麦の実が入っていたのですが、今回は蕎麦掻きが入っていました。これも美味です!

DSC00417.jpg
蕎麦春巻(白糠酪恵舎のスカモルツァとベーコンが入ってました。)

DSC00419.jpg
合鴨焼き

DSC00421.jpg
〆の御蕎麦(抹茶、さくら)

DSC00422.jpg
蕎麦団子のきなこかけ


7種類の日本酒を飲みながら美味しいお料理をいただきました。

今回は4名で行ったのですが、普段好き嫌いの多いY氏もかなり満足していたようでよかった。

IMG_1640.jpg
帰りはすっかり暗くなっていました。

といっても長い夜はここからなのでした~。

帰った時間は・・・定かではありません。なぜなら時計を見ないから~。

明日っからGW(ゴールデンウィーク)!! ひえ~っ!!予定がないヽ(;▽;)ノどうしよう。

道の駅「しらぬか恋問」が本格的に繁盛するのはGWから。

せっかく来てくださるお客様にゴミだらけの恋問海岸を見せるわけにはいかーん!ということで、海岸の清掃作業を行いました。

DSC00397.jpg

DSC00399.jpg

ボランティアで参加してくださっているのは地元の白崎建設の皆さんと、釧路開発建設部の皆さん、そして役場と恋問館のスタッフがゴミ拾いをします。

冬の間にたまっていたゴミをどんどん拾い集めます。
DSC00401.jpg
手前に写っているのはトヨタのサービス?のマーシー。

約1時間の作業で、これだけのゴミが集まりました。
DSC00403.jpg
今回も大物がありました。奥に見える四角いのは冷蔵庫です。

やはりプラスチック類のゴミが多いですね。NO MORE ポイ捨て!

最後に参加者で記念撮影。
DSC00405.jpg

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


さて、明日からの休み、何しよう。

このところ、また太ってしまった私です(ブヒ)

美味しいお料理とお酒が続いて太らない方がおかしいですよね、ね!

と、春の空に叫んでみる。

ってなことで、週が明けてもまた食べたという報告です。

行ったのはここ。
IMG_1595.jpg
釧路にある「まる金寿司」かわいい看板にびっくり。

しかし、お店に入るとそこは本格的なお寿司屋さん。カウンターに座ります。

某白糠町の某レストランの某ソムリエさん主催のワインとお寿司を楽しむ会です。

IMG_1596.jpg
わたし的にはもうこのセットを見ただけでお酒三杯いけちゃいそうな勢いです。

まずはシャンパーニュで乾杯。
IMG_1601.jpg
お、美味しいっ!!

先付
IMG_1600.jpg
お寿司屋さんでカプレーゼが食べられるとは!

ここからおまかせでお刺身が登場します。

IMG_1602.jpg
中トロとマツカワ、鯛。

IMG_1606.jpg
シャコにボタンエビ、〆サバにウニ!

マスターが「食べられる?」と気を遣いながら出してくれるんですが、食べれないわけがない!
大好きなものばかりですっ!

その合間にソムリエが選んだ美味しいワインも次々登場。
IMG_1604.jpg

IMG_1607.jpg
穴子巻きも絶品。ここにきて穴子を食べないのは御法度だそうです。

IMG_1608.jpg
ワインのあとはこんなものをかじりながら日本酒もたしなみ・・・。

いっぱいお刺身を楽しんだあとは握り。
IMG_1610.jpg
この芽ネギの握りが最高でした。

そして、おいなり。
IMG_1611.jpg

このところ何ヶ月も食べたい~と騒いでいたお寿司にやっとやっとたどり着きました。

ほんとに大満足。

また金太郎に会いに行かねばとかたく心に誓ったのでありました。


ちなみに、今回のワインは有名ソムリエの持ち込みでしたが、普段もソムリエセレクトの美味しいワインを置いているそうです。

美味しいワインでお刺身をという方はぜひ足をお運びください。


そして、オマケ。

私がもうひとつ食べたいとずっと騒いでいるのが焼き鳥。

Facebookで「焼き鳥たべた~い!」と叫んだところ、美味しい美唄焼き鳥が届きました。
IMG_1565.jpg
リアル焼き鳥ストラップ

昨年夏に美唄に遊びに行った時にお付き合いくださった方が「これでしばらくガマンしなさい」と送ってくれました。
IMG_1567.jpg
このストラップは個人で発注した限定品で、とっても貴重なものなんです。すべて手作りなので焼け具合も違うとか。

空腹の時に見るのは辛いプレゼントです(笑)

ああ、もつそばカモーン!

国道38号線沿いに長く延びる「釧白工業団地」に新しい工場が出来たので、その取材におジャマしました。

工業を団地の道路を釧路空港に向かって曲がる手前にその工場があります。
DSCF8669.jpg

DSCF8665_20130425131835.jpg
日中物産株式会社白糠工場の入口です。

元々は絹の工場だった場所なんですが、売却に出されていた場所をこの日中物産が買い取って新しい工場にしました。

この中で竣工式が行われるということで、中に入ってみると・・・
DSCF8534.jpg
とても立派な式典会場がセッティングされていました。(°д°)

ここに招待された方が続々と来られて式典がスタートしました。
DSCF8541.jpg

DSCF8552.jpg
この会社の社長の湖さんと呉さんは20年以上前に中国の上海から北海道に渡られてきたご夫婦で、来賓にも中国の方が多いということで、日本語と中国語のダブル司会で進行しました。

まずは、社長の湖さんからの挨拶。
DSCF8559.jpg

ここで、この工場の製品第1号となる商品が紹介されました。各テーブルにセットされたギフトボックスの中に入っていたのがこちら。
DSCF8569_20130425132855.jpg
白糠のエゾ鹿の肉から抽出したエキスで作られた栄養ドリンク「LUBO(ルーバオ)」です。

各テーブルのお客様はさっそく試飲していました。
DSCF8561.jpg

DSCF8560.jpg
「LUBO」とは「鹿の宝」という意味で、このドリンクには白糠の赤シソの搾汁液も使われています。

主に中国向けに発売されるということです。

このあとは来賓の挨拶。
DSCF8576.jpg
棚野町長は前日の夜にこのルーバオを飲んだところ、疲れが取れるだけじゃなく、元気になりすぎて朝方まで眠れなかったとエピソードを明かしていました(笑)

白糠は甚大なエゾ鹿の被害に悩む現状にあるので、こういった鹿を利活用した商品が生まれたことは非常に喜ばしいとお話されていました。

続いて、この4月から着任された釧路総合振興局の土栄局長よりご挨拶。
DSCF8581.jpg

そして、この式典のために札幌から来られた中国駐札幌総領事館の許総領事からのご挨拶がありました

DSCF8578.jpg


竣工の儀式である久寿玉開披はこの工場の設立に関係した10名の方々によって行われました。
DSCF8592_20130425132642.jpg

DSCF8594.jpg

そして、釧路蝦夷太鼓による祝太鼓が披露され、会場を盛り上げました。
DSCF8623_20130425134419.jpg

祝杯の発声は北海道議会議員である小松氏。
DSCF8630.jpg
ご自身もハンターである小松氏は「私自身ももっとエゾ鹿を捕獲しなければ」とお話されていました。

DSCF8634.jpg
乾杯とともに祝宴がスタート。

この日のお料理を担当されたのは釧路全日空ホテルの総料理長・楡金シェフです。
DSCF8650.jpg

白糠の素材を中心としたたくさんのお料理が並んでいました。
DSCF8613.jpg

DSCF8614.jpg

DSCF8617.jpg

DSCF8619.jpg
子鹿の丸焼きです。これにはたくさんの人が集まって写真を撮影していました。

祝宴のあとには、取材に来ていたたくさんの報道関係者がインタビューをしていました。
DSCF8645_20130425140815.jpg

DSCF8641.jpg
白糠が注目されるのは嬉しいことです。


そして、もうひとつ嬉しいご報告。

今回、中国語で司会進行を担当したのは札幌で中国語教室を開いている李強氏。
DSCF8548_20130425141007.jpg
白糠高校で講演をしたこともある先生です。

その李さんは現在、HTB(北海道テレビ放送)で日曜日の朝6時から放送されている東南アジア向けに北海道の情報を発信する番組「恋上!北海道(恋する北海道)」の司会を務めています。

この番組に5月から新しいレギュラーとして登場するのが、白糠出身(?)のアイシス(Isis)です。
73371_482171238515020_1058733912_n.jpg
白糠では英語の指導をしていたIsisですが、今はFMラジオAIR'Gでのパーソナリティやインターネットの番組のレギュラーを務めています。

そして、今回はHTBに席を置いて、この番組以外にも通訳の仕事を担当することになったそうです。
どんどん活躍の場を広げて欲しいですね。

みんなでIsisの活躍を応援しましょう。

久しぶりに釧路の「est di Zuppa」のランチをいただきました。

お正月明けに行って以来なので、3ヶ月以上たっちゃいましたね(^^;)

休日のランチタイムということでお店が混んでいましたが、橋本シェフが「体にやさしいもの食べて待っててください」と出してくれたのがこちら。

バーニャフレイダ
DSC00392.jpg
「バーニャカウダ」は熱いお風呂という意味なんですが、これは冷たいので「バーニャフレイダ」
このソースの味が野菜の甘さを引き立ててくれます。

そして、前菜の9種盛り
IMG_1582.jpg
前菜がこんなに贅沢でいいのでしょうか。白糠産の柳だこも使われていました。

筍とズワイガニ、白糠酪恵舎のリコッタのパスタ
IMG_1586.jpg
旬の筍がパスタで食べられるなんて・・・しかもパスタは自家製です。カンドー(T^T)

ブリのロースト ナスのカポナータのせ
IMG_1587.jpg
このブリ、すっごく大きかったです。切り身の幅が25センチ以上あったと思います。でもペロリ。
美味しいものはペロリと食べてしまう・・・。

ドルチェはこちら
IMG_1589.jpg
白糠酪恵舎のリコッタのカンノーリ

「白糠酪恵舎のリコッタは万能ですよ。」とシェフが話してくださいました。

でも、そのリコッタを美味しいお料理に変身させるシェフの腕がすごいんですよね。

はぁ~。美味しかった。

本当にごちそうさまでした。

満腹満足・・・でもでも、まだまだ美味しい話は続くのであった。

今年のシソ作業が本格スタートです。

私が作業着を着ているのを見て「また始まったのか」と季節を感じてくださっている方も多いようで・・・とても、よかったです(^_^;)

この日は暑いくらいの快晴。
DSCF8523.jpg

でも長靴。
IMG_1616.jpg

畑に着いたとたん、シソエース・ジョン氏が悲鳴を上げました。その原因はこちら。
DSCF8513.jpg
ニョロニョロの抜け殻、2匹分。1匹は幅5センチ弱ありました。実際の太さをご想像ください。

財布に入れとくとお金貯まるよって言ってもイヤがってました。

ということで、ビニールハウスの骨組みにビニールをかける作業のスタートです。
DSCF8514.jpg
ハウスの入口のドアを運ぶ。

側面のビニールを張る。
DSCF8515.jpg

上に張るビニールを補修して・・・
DSCF8519.jpg

ビニールを貼ったあとはビニールロープで固定します。
DSCF8520.jpg
ロープを飛ばすマーシーのユーシー。
DSCF8521.jpg
マーシーの勇姿をご覧下さい。

DSCF8527.jpg
ジョン氏は肩を痛めないようにとアンダースロー。

またまた近所に住むN師匠にもお手伝いいただき・・・
DSCF8529_20130424152717.jpg

DSCF8530.jpg
見事、完成しました。

今年はバージョンアップして
DSCF8531.jpg
大きな温度計と(ジョン氏の自腹w)

DSCF8532.jpg
ホワイトボードまでついちゃいました。

あとは風呂・トイレがあれば完璧だな。

シソの種まきはゴーデン・ウィーク明けです。どうしても手伝いたい!という方は私まで(笑)

釧路の久寿里橋から少し歩いたところにある「城山東家」さんで開催された蕎麦と日本酒の会に参加しました。

店主の石○さんは白糠のレストランはまなすのワイン会にも毎回参加されていて、ワインにも詳しい方なんですが、今回は日本酒に合わせた美味しい蕎麦懐石を作ってくださいました。

DSC00367.jpg
お品書き。

参加人数は35名、店内貸切での開催です。

ということで、まずは乾杯。

DSC00369.jpg
入手困難と言われる「而今」が1杯目。

各テーブルに1本ずつ違う種類のお酒が置いてあり、それを飲んだら次のテーブルに回すという仕組みです。

さっそくお料理です。

先付
・蕎麦味噌
・板わさ
DSC00368.jpg
・蕎麦豆腐
DSC00370.jpg
ここの蕎麦味噌は絶品です。食べ終わりたくなく、ちびちびとつまみます。


蕎麦屋酒肴三点盛
・合鴨の和風ロースト(滝川産合鴨使用)
・厚岸産牡蠣の信州揚げ(中標津産蕎麦の実)
・筍の土佐煮
DSC00371.jpg
最近、ハマっているのが筍。やはり旬のものは美味しい・・・。

汁物
・雲丹の玉子とじ(蕎麦の実入り)
 白糠酪恵舎モンヴィーゾのすりおろしと共に
DSC00374.jpg
モンヴィーゾをかけていただくと旨みが増すのです。おそるべし、モンヴィーゾ。


箸休めの一口蕎麦
・丹頂蕎麦  写真が・・ない。撮り忘れましたΣ(|||▽||| ) 

冷たいお蕎麦にいくらが入っていましたよ(想像してください)


焼き物
・かしわ焼き
(蕎麦屋のかえしとハーブ塩仕立て)
DSC00381.jpg
かえしの味が優しいかしわ。もう、たまらん。

揚げ物
・駿河湾産生桜えびと野菜のかき揚げ
DSC00382.jpg

〆の御蕎麦
 よもぎ さくら
DSC00385.jpg
ふわーっと香る御蕎麦が本当に美味しかったです。

甘味
 蕎麦団子のぜんざい(なかじま菓子舗のつぶあん)
DSC00386.jpg
最近、食べる機会の増えたなかじまさんのあん。作られたご本人も同じテーブルでした^ー^ 贅沢ですね。

飲んだ日本酒は全部で・・・えーと・・・。
DSC00379_R.jpg

DSC00372_S.jpg
7種類だそうです(汗

ほどよく(?)酔った帰りに久寿里橋から見た釧路川
DSC00388.jpg
本当に綺麗です。


ちなみにこのあとは橋の反対側のお店での二次会へ。うーん、楽しかった♪

先日、くしろ地域ブランド検討委員会でお世話になっている釧路総合振興局の商工労働観光課のお二方と釧路公立大学の地域経済研究センターの佐野センター長が白糠町の視察に来られるということで、私も案内を兼ねて同行させていただきました。

まずは、白糠漁協へ。

旬の柳だこについて山本事業部長さんにお話を伺いました。
DSCF8427.jpg

オスとメスの見分け方の説明です。
DSCF8424.jpg

柳だこを出荷する組合の中でもオスとメスを分けて出荷しているのは白糠だけなんだそうです。
DSCF8429.jpg

DSCF8430.jpg
たこまんまとたこソーメン。リアルです。でも美味しいのです。

私は白糠に来て初めてスーパーで売られているまんまとソーメンを見たときにギョッとしました。(海外でパックで売られていた羊の脳みそを見た時と同じくらいの衝撃だったでしょうか)でも、これも地元ならではなんですよね。

そのあとは事務所で現在の白糠漁協の取り組みについてお話を伺いました。
DSCF8440_20130422101610.jpg
私が待っていた良いニュースもあり、嬉しくなりました^^

そして、次に向かったのは茶路めん羊牧場。
DSCF8459.jpg
武藤さんから羊についてのいろいろなお話を伺います。

その横で私は羊を撮影。生後2ヶ月の可愛い子羊もたっくさん!キャーキャー(≧∇≦*)
DSCF8453.jpg
どーん!

DSCF8443_20130422102241.jpg

DSCF8448.jpg

DSCF8446.jpg

DSCF8463.jpg
真っ黒クロスケちゃん。

DSCF8460.jpg

DSCF8467.jpg
頭がズボッと埋まってます(^^;)

DSCF8470_20130422103048.jpg
そして・・・これはモーちゃん?モーちゃんなの?毛が伸びて別人(羊)のようでした。

と、可愛い羊に癒されたあとは青少年旅行村へ。
DSCF8494_20130422103542.jpg
管理人の横田さんにブルーベリーのお話を伺います。

DSCF8495_20130422103934.jpg
雪解けを待って室から外に出されたブルーベリーの苗です。

室に入れるのと入れないのとではどう違うのか。
DSCF8498.jpg

DSCF8497.jpg
外で越冬させたものは枝の先が凍ってダメになってしまうんだそうです。しもやけ状態ですね。

そのあとはメープルシロップについてのお話です。
DSCF8502.jpg
これはシラカバ(右)とくるみ(左)の樹液で作ったシロップ。今年のイタヤカエデのメープルシロップは完売してしまったそうです。

ということで、上の2種を味させていただくことに。
DSCF8499.jpg
シラカバのは不味いというお話だったのですが、私にはとっても美味しく感じました。メープルシロップとはぜんぜん味が違いますが、黒蜜(檀蜜じゃなく)のようなコクのある味わいで大好きでした。ほかの人は「えっ!?」と言ってましたが・・・私、味オンチでしょうか(^ー^;)

さらにシラカバの樹液でおとしたコーヒーもいただきました。
DSCF8503.jpg

DSCF8504_20130422104103.jpg
真水で作るコーヒーより味がまろやかになるそうです。

コーヒー通ではない私にもこれはわかります。私は懲りずにシラカバシロップも入れてみましたが、それも美味しかったです。(シラカバシロップ、ぜったい美味しいと思う。)

横田さんは今後はブルーベリーやメープルシロップの他にもエコを考えたツアーなども企画したいと話していました。ぜひぜひ実現したいですね^^


そして、この日の最後に伺ったのが白糠酪恵舎さんです。
DSCF8506_20130422105605.jpg
工房ではモッツァレッラチーズを袋詰めしているところでした。

DSCF8507_20130422105621.jpg
代表の井ノ口さんはこの日の朝、技術提供先の台湾から戻ったばかりということで、少しお疲れのようでしたが、白糠酪恵舎、そして白糠町を今後どのようにしていくべきかということを熱く語ってくださいました。

その白糠酪恵舎が開催するイベントがこちら!
DSC00393.jpg
白糠町の春の一番最初のイベント「山の恵の即売会」です。

白糠酪恵舎のいろいろなチーズ料理が食べられるステキなイベント☆

茶路めん羊牧場のラム肉はもちろん、今年は昨年オープンした釧路のワインバー「カゼッタ・イーノ」さんもワインのお店を出店します。

ぜひぜひ皆様、足をお運びください。

私ももちろん参加です。取材でね。飲まないけどね。

今年になって初めて白糠町西庶路の泊別にあるシソ畑に行ってきました。

作業は23日からですが、その前に道具の準備をしなければいけないので、その下見に行ってきました。

今のハウスはこんな状態。
DSC00361.jpg

畑はこのように・・・
DSC00362.jpg
何もありません。

あったのはこれ。
DSC00363.jpg
鹿の残した黒豆。

茶色い写真ばかりですみません(´Д`;)ヾ

6月にはきれいな景色をお見せできると思いますので、もう少々お待ちください。


ということで、そろそろ自慢のジーベックを引っ張り出さないと。

作業着と長靴が日常着になる季節が来たんだなぁとしみじみする今日この頃であります。

今年の目標は畑仕事で3キロやせること!(そっちか~い!)
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ