今年の6月の末にうちにやってきた子猫のカンタくん
DSCF0003.jpg
札幌からいきなり白糠に連れてこられて泣いてました。

DSCF0636_20121130132141.jpg

DSCF0792.jpg

DSCF0584.jpg
ちっちゃいなりに頑張りながら・・・

DSCF2229_20121130132912.jpg

DSCF2220_20121130132910.jpg

DSCF3619_20121130132916.jpg

DSCF4467.jpg
怒られながら・・・

DSCF2529_20121130132913.jpg

DSCF3611_20121130133200.jpg

DSCF5299.jpg

DSCF2774.jpg
こんなに大きくなりました。現在7ヶ月とちょっと。

ということで、先日去勢手術をし、「カンタくん」改め「カンタちゃん」になりました。

体重はうちに来たとき(800g)の5倍以上、現在4.2キロです。もこよりも1キロ増え、くるみよりも大きくなりそうな勢いです。

一人暮らしでネコ3匹も飼ってどーすんだ!バカ!という激励の声もたくさんいただいております。
でも、ネコがいるから頑張れるのです。

カンタのいたずらっぷりに閉口することもありますが、3匹を養う身として頑張っていこうと思います。

ちなみにカンタちゃんの好物は「毛がに」です。よろしくお願いします!(何をだ?)

11月27日(火)に札幌市内のクロスホテルで開催された「和飲な人時間(ワインなひととき)」というイベントに行ってきました。
DSCF6235.jpg

この「和飲な人時間」は2008年の9月から毎月行われているイベントで私も札幌にいた頃に一度だけ参加したことがありました。
DSCF6241.jpg
今回はこのイベントの主催をされている女性とFacebookで繋がったことがきっかけで白糠食材を使ったコースを作っていただくことになったのです。
DSCF6242_20121129141937.jpg

食前酒として富良野ワインの白のヌーヴォーと白糠酪恵舎のチーズのオードブルが出されました。
DSCF6247_20121129141937.jpg
薄く切ったバゲットにナッツ、リコッタ、スライスしたテネレッロが添えられていました。

普段は道産のワインと道産の食材を中心としたイベントなのですが、今回はワインはサントリーさんの提供で甲州ワインが揃えられ、サントリーの方による甲州ワインについてのセミナーが行われました。
DSCF6265_20121129143935.jpg

DSCF6268.jpg
これはマスカット・ベーリーAのロゼ。ほんのり甘くて美味しかったです。

そしてお料理のお品書きはこちら
DSCF6290.jpg

DSCF6286.jpg
シェフからも説明がありましたが、白糠の食材をふんだんに使ったメニューです。

毛ガニとししゃもは白糠漁協さんからのご協力で今回お出しすることが出来ました。
本当は生産者として、毛がに部会の理事と部会長にも参加いただく予定だったのですが、漁の状況が芳しくないということで欠席となってしまいました。本当に残念。

というワケで、町の紹介については私がやらせていただきました。
そして、鹿肉については地元のハンターさんにご出席いただいて、説明していただきました。
鹿肉の質の良さにシェフも驚いていました。

いよいよ、お料理のスタートです。
DSCF6281.jpg
上から時計回りに
・白糠産毛ガニの濃厚コロッケ
・白糠産生シシャモのグルノーブル
・白糠産毛ガニと白糠酪恵舎モッツァレラチーズのカプレーゼ風

DSCF6293.jpg
白糠産エゾ鹿とフォアグラのパイ包み焼き マデラワインとトリュフのソース

DSCF6288.jpg
これは大好評でした。

DSCF6294.jpg
十勝産インカのめざめのニョッキのグラタン 白糠酪恵舎のスカモルツァチーズを添えて

465525_370659529694849_2026031361_o.jpg
メインはエゾ鹿のモモ肉とロースのロースト 赤ワインのソース

467312_3852051628744_1421526962_o.jpg
デザートは3種類のベリーを使ったチョコレートムース カシスとオレンジのソルベ

コースが終了したあと、各テーブルに感想を聞きにお邪魔したのですが、皆さんとっても満足してくれたようでした。

白糠で毛がにやししゃもが獲れること、そして鹿肉がこんなに美味しいものだと知らなかったとたくさんの方がおっしゃっていました。

抽選会で毛がにのプレゼントもあったのですが、実際に毛がにの大きさを見てもらうと、こんなに大きいのは見たことがないと皆さん本当に驚いていました。
DSCF6300_20121129145532.jpg

会場で販売した白糠酪恵舎のチーズもあっという間に完売。よかったです。

わざわざ東京から来られていた方は「ぜひこういうディナーを東京のレストランでもやってほしい」と言ってくださいました。

白糠の食材を知らなかった方たちから直接感想を聞けるというのはとても貴重な機会でした。そして、まだまだ白糠には食材がありますから、たくさんの可能性を秘めているのだと実感しました。

こういった機会をもっと増やしていけたらなと思います。

ご協力、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

本日29日、HTB(北海道テレビ)で深夜放送の漁師応援バラエティ「漁師めし」に白糠町が登場します。
無題

予告はこちらで見られます。
http://www.htb.co.jp/r-meshi/

2週にわたって白糠町のししゃも漁の様子を紹介していただきます。(放送は今日と12月6日です)

早寝の方は録画して!夜型の方はリアルタイムで!ぜひぜひご覧ください^^

DSC_0055.jpg

ししゃも料理が満載ですよ。

絶対見て下さいね~!!!


明日23日(金)、HBCで放送中の「グッチーの今日ドキッ!」の中で白糠町が紹介されます。

今日ドキ

この番組内の【笑う旅にはしゅうご旅】というコーナーで白糠町のさまざまなスポットが登場します。

放送は23日(金)午後3時50分ころから約20分間の予定です。

祝日の午後、ぜひゆっくりご覧ください。

11月27日(木)と12月6日(木)の深夜の番組で白糠のししゃも漁が登場します。

HTB(北海道テレビ放送)でこの秋からスタートした漁師応援バラエティ「漁師めし」という番組です。

無題
この画像をクリックすると番組情報が見られます。

いま活躍中のお笑いコンビ"アームストロング"が漁船に乗り、漁を体験し、獲れたての魚で漁師めしをいただく。という番組なんですが、今回、白糠のししゃも部会長のところに取材がきました。

DSC_0055.jpg

私は撮影が終わった後で、少しだけお邪魔したのですが、大きなテーブルにびっしりと並んだたっくさんのししゃも料理にびっくり!

DSC_0039.jpg
ししゃもの握りに

DSC_0037.jpg
ししゃも鍋

DSC_0035.jpg
焼きししゃもに天ぷら

このほかにもまだまだまだまだありましたよ。詳しくは番組の中で。
めずらしく私は食べてないんですけどね!

番組の中では歌のコーナーもあります。
DSC_0088.jpg

通常は1回15分の番組ですが、白糠は2週にわたって特集していただけることになりました。

ほかでは食べられない旬のししゃも、そして漁師さんたちとの掛け合いも見どころですので、ぜひぜひご覧ください^^

茶路めん羊牧場は今、秋の出産ラッシュを迎えています。
DSCF6172.jpg

DSCF6175_20121120145625.jpg
子羊がいっぱい!

DSCF6171.jpg
ちっちゃーい!!

DSCF6165.jpg

DSCF6185.jpg

DSCF6163_20121120145626.jpg
さながら、茶路めん羊保育園。可愛くて可愛くてずーっと見ていたい。

実はこの日は雑誌の取材に同行したのです。
DSCF6181.jpg
「北海道生活」という雑誌の来年1.2月号に釧路特集が組まれるということで、白糠では茶路めん羊牧場と白糠酪恵舎が取り上、まずは武藤さんへのインタビュー。

そして、次は白糠酪恵舎さんへ。
DSCF6188.jpg
奥の女性が編集長のYさんです。

DSCF6189.jpg

DSCF6194_20121120145538.jpg
チーズの直売所でインタビューということで、井ノ口さんのお話しをたくさんうかがうことが出来ました。

そこで発見したのがこちら、新商品の「サルーテ」です。
早速、買ってみました。
63875_3660747852076_1002867922_n.jpg
鶴居村の酪楽館で買ったチーズスライサーで薄く削るとこの通り。
305569_3661151262161_1306770070_n.jpg
チーズの周りに胡椒が付いていて、チーズと胡椒のバランスが絶妙でとっても美味しかったです。スパークリングワインやビールに合う味で、「サルーテ」はイタリア語で「乾杯」の意味だそうです。

オススメです♪

今回の雑誌が発売になったら、またお知らせしますね^^

11月の第3木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日!

ということで、今年もレストランはまなすで開催されたワインの会に参加しました。

登場したワインはこの4本
DSCF6135_20121116104018.jpg
左から
CHARLES DEAPIER Beaujolais Villages Nouveau'12
シャルル・ドラピエ

JD Cuvee Speciale Beaujolais Villages Nouveau'12
ジョルジュ デュブッフ

Jean Boisselier Beaujolais Villages Nouveau'12
ジャン ボワスリエ

PHILIPPE COPIN Beaujolais Villages Nouveau'12
フィリップ コパン

詳しいことは・・・わかりませんが。
フィリップコパンはペットボトルでした。びっくり(@@)

そして、はまなすの谷口シェフからのご挨拶
DSCF6141_20121116104018.jpg
こうしているとマジメそうに見えます^^

そして、乾杯♪ 進行役の某道の駅の青ヒゲ店長の思いつきで私が乾杯の音頭をとらせていただきました。

ということで、この日のワインに合わせたお料理の紹介です。

DSCF6137.jpg
今シーズン最後の和天別産ベビーリーフのサラダ

DSCF6143.jpg
音別憩いの郷製バタールのガーリック・トースト~茶路・高橋農園の放牧自然卵のサラダと茶路産馬鈴薯のタラモ・サラダ添え

DSCF6145.jpg
阿寒ポークの菜園風スペアリブ

DSCF6146.jpg
白糠酪恵舎ロビオーラ・チーズのリビエーニ
これ!めちゃくちゃ美味しかったです^^♪ やっぱりロビオーラのソースは最高!

DSCF6147.jpg
十勝牛のタン・シチュー

DSCF6148.jpg
白糠産エゾ鹿肉と5種類豆のフェトチーネ

DSCF6149.jpg
和天別産ルッコラのピザ

DSCF6151.jpg
白糠酪恵舎モッツァレラと茶路めん羊牧場産ラム肉のリゾット

というなんとも贅沢なメニューの数々。いっぱい食べて、いっぱい飲みました~♪♪♪

ボジョレー・ヌーヴォーは味が若すぎるからと飲まない方も増えているようですが、これはお祭りなので楽しんだもの勝ちだと思うんですよね~。

何よりも白糠の美味しい食材と美味しい料理にバンザイ\(^-^)/

ああ、幸せ☆

弟子屈町にある道の駅「摩周温泉」の足湯広場で開催された「道東のうまいもん大集合」に道の駅「しらぬか恋問」の恋問館が参加しました。
20121110umaimmon_20121112163345.jpg

DSCF6075_20121112163345.jpg

DSCF6072_20121112163344.jpg

DSCF6074_20121112163344.jpg
この日はすごーく寒くて雨も降ったりやんだり、時折強い風が吹き。本当に足湯につかりたかったです。

お店はこんな感じ。
DSCF6070_20121112163345.jpg
厚岸、別海、白糠、そして弟子屈のブースが並びました。

恋問館はこちら
DSCF6071_20121112163344.jpg

DSCF6078.jpg
寒い中、お客さまが並ぶ時間もありました。

別海からはジャンボほたてバーガーが登場し、ここでも長い列が出来てましたよ。


私が食べたのは道の駅内で買った「阿寒ポークバーガー」

揚げたてサクサクのポークカツが美味しかったです。

恋問館で一番売れたのはししゃもです。白糠のししゃもは最高ですからね(^-^)v

白糠町駅伝競争大会のゴールを見届けたあと、向かった先はこちらです。
DSCF6030.jpg
茶路川の河畔

ここで第33回ふるさと祭りのカムイノミとイチャルパが行われました。

カムイノミ(神への祈り)
DSCF5919.jpg

DSCF5924.jpg

DSCF5928.jpg

DSCF5923.jpg

イチャルパ(供物を捧げる儀式)
DSCF5951.jpg
ししゃもを捧げます。
DSCF5964.jpg

そのあとは踊りの奉納、苫小牧支部のみなさんの踊り
DSCF5975.jpg
弓の踊り
DSCF5985.jpg

そして刀の踊り
DSCF5992.jpg

続いて白糠支部の踊りです。
DSCF6002.jpg

DSCF6005_20121107105354.jpg
昨年は抱っこされて寝ていたチビッコも今年は踊りに参加です^^ 可愛い♪

そして、弓の踊り
DSCF6017_20121107105806.jpg
チビッコにもしっかり受け継がれていますね。
DSCF6019.jpg

最後は全員で輪踊りです。
DSCF6024_20121107105805.jpg
今回のお祭りには苫小牧のほか、本別、帯広、上士幌からも応援に来てくださったそうです。

お祭りの儀式のあとはチセに戻って食事会
DSCF6055.jpg

祭司からの挨拶、そして乾杯です。
DSCF6054.jpg

ここでアイヌの伝統料理を食べながらさらに友好を深めます。

ししゃもに
DSCF6062.jpg
鹿肉に
DSCF6057.jpg
カニの天ぷら
DSCF6060.jpg
全て手作りのいろんな料理が振る舞われますが、どれも素朴で美味しくて感動します。

8月のふるさと祭り、9月のフンペ(鯨)祭り、そして今回のししゃも祭りで今年のアイヌの三大祭が終了しました。

毎回思うことですが、自然を大切にし、人とのつながりを大切にするアイヌ民族の精神はとても神聖なものだと思います。

そして、もっとたくさんの人に知ってもらいたいなと思うのです。

昨年、ゴールしか見られなかった「白糠釧勝峠駅伝大会と白糠町駅伝競走大会」。今年はスタート地点に行ってきました。

といっても、元シソ担当(?)で現広報担当のS氏の取材車にムリヤリ乗り込んだんですけどね<(^-^)テヘ。

この駅伝大会は白糠町と本別町を結ぶ国道392号の5区40キロを走る「第21​回白糠釧勝峠駅伝大会」と町内の5区9.5キロを走る「第38回​白糠町駅伝競走大会」が同時に開催されます。

まずは白糠釧勝峠駅伝大会のスタート地点へ。
白糠町と本別町を結ぶ国道392号を本別町側から白糠町に向かって5区40キロを走ります。

高校の部1チーム、一般の部男子33チーム、女子2チーム、合計36チームが参加しました。

この日は見事な秋晴れ。
DSCF5880.jpg

スタート地点に向かう選手たち
DSCF5879.jpg

国道はスタートの時間だけ通行止めとなります。

緊張のスタート。
DSCF5881.jpg

ピストルが鳴りました!
DSCF5884.jpg

あっという間に目の前に
DSCF5885.jpg

DSCF5887.jpg
すごいスピードで駆け抜けて行きました。

このあと、30分後に控えている町内駅伝のスタート地点に向かいます。

車から撮影。
DSCF5890.jpg

DSCF5891.jpg

「白糠町駅伝競走大会」のスタートは茶路小中学校前。ゴールまで町内5区9.5キロを走ります。

こちらは小学生の部3チーム、中学生の部3チーム、一般の部9チーム、オープン中学生の部2チーム、オープン一般の部7チーム、合計24チームの参加です。※オープンとは町外からの参加者です。

しかし、私たちが着いたのはジャスト10時30分。スタートした選手たちが走っていく後ろ姿が見えました。間に合わず・・・。

ということで、走る選手たちを追い越し、先頭の選手が走ってくるところを待ちました。

トップの選手は独走
DSCF5896.jpg

そのあとを追いかけます。
DSCF5900.jpg

そしてゴール地点の総合体育館前へ
DSCF5901.jpg

町内の総合トップは白糠中学男子バトミントン部
DSCF5902.jpg

町内女子のトップは釧路市からオープン参加の武修館T&FVチーム
DSCF5903.jpg
すごい走りでした。


そして、ここからは日頃お世話になっている皆様のゴールです。

ランナーのCさん
DSCF5910.jpg

S部長
DSCF5911.jpg

S高校のS校長
DSCF5914.jpg

本当は釧勝峠からのゴールも待ちたかったのですが、別の取材のために会場をあとにしました。

寒い中を全力で走りきった皆様、本当にお疲れ様でした。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ