東京しらぬか会の翌日は文京区にある本郷商店会の「本郷いちょう祭り」に釧路管内ブースのひとつとして出店しました。
会場は東京大学のすぐそばの本郷台中学校のグランドです。東京は住宅街の中に学校が埋もれているので毎回びっくりします。ビルの谷間にグランドが見える、みたいな・・・。
IMG_0047.jpg

「田舎で働き隊」として白糠で半年間酪農のお仕事をされ、現在は白糠応援大使のNさんも札幌でのオータムフェストに引き続き、今回もお手伝いに来てくれました。
IMG_0056.jpg
Nさんの美しさにお客様もうっとり。

お祭りの会場では伝統芸能も披露されていました。
IMG_0064.jpg
大蛇に

天狗?
IMG_0069.jpg

阿波踊り?
IMG_0076.jpg

IMG_0080.jpg

釧路管内のブースは大変な賑わいでした。
IMG_0072.jpg
厚岸町のアサリ汁

IMG_0073.jpg
バケツ牡蠣

IMG_0074.jpg
標茶町の飲むヨーグルト。これ大人気でした^^

などなど。

開始早々、けっこうな雨に降られたものの、出品した商品はすべて完売。
東京の方にとっては美味しいものが揃う嬉しいイベントですよね。

そして私にも嬉しいことがありました。
IMG_0081.jpg
埼玉に住む高校時代の友人がお母さんと娘さんと一緒に来てくれたのです。
約20年ぶり?昔から可愛くてモテモテなMさん、変わってませんでした。

さてさて、その翌日は飛行機の時間まで東京見物でした。
IMG_0096.jpg
銀座!

のあとは浅草に向かい、夢の(私だけ?)合羽橋に行きました。
ということでカッパ
IMG_0099.jpg

カッパ
IMG_0101.jpg

なんだかシュール
IMG_0102.jpg

なんで?(笑)
IMG_0100.jpg

有名な料理サンプル
IMG_0103.jpg
めっちゃ高くてびっくりしました。これだと軽く3万円くらいします。ひょえ~。

浅草、合羽橋は東京の可愛い友人が案内してくれました。

ということで、普段はクルマ生活の私はすっかり歩き疲れましたが、無事に東京出張がおわりました。

翌日はしっかり筋肉痛・・・翌日だったから、まだいいか(笑)

あ、タイトルですが、せっかく東大のそばにいたのに赤門を見ないで帰ってきてしまったのを激しく後悔しているというお話しです。

10月27日(土)に東京近郊在住の白糠出身者が集まる「東京しらぬか会」が開催されました。
DSCF5845_20121030154244.jpg

まずは総会が行われました。
DSCF5844.jpg

今回は町長が欠席でしたので、経済部のO部長が町長のメッセージを代読しました。
DSCF5848.jpg

私はパワーポイントで白糠のこの1年の様子を紹介しました。
PPT.jpg

そして、白糠出身の演歌歌手、夏木えいじさんの歌のコーナー
DSCF5850_20121030154244.jpg
2曲披露してくれました。

最後は白糠特産物の抽選会で終了となりました。

今回は35名の方が参加してくださいました。地元を離れても応援してくれる皆さんに感謝ですね。

白糠町では今後の観光ツアー造成のためにいろいろな体験型メニューを考えているところですが、今回は秋のプランということで「秋鮭まるごと体験」を実施しました。

町内外から9名の方にご参加いただき、1人で1匹の秋鮭を捌き、切り身といくらの醤油漬けを作る体験をしていただきました。
DSCF5669_20121024164649.jpg

DSCF5659_20121024164650.jpg
約4キロのメスです。立派!

道の駅の白糠漁協直売所のT店長の指導のもと、鮭を捌いていきます。
DSCF5674_20121024164649.jpg
アタマを取って
DSCF5678_20121024164649.jpg
お腹を開いて
DSCF5679_20121024164649.jpg
出たーっ!大きな筋子!きゃー(歓喜の声)

DSCF5681_20121024164648.jpg
めふんを取り、身を切っていきます。
DSCF5711.jpg

DSCF5718.jpg
立派な切り身の出来上がり


次はいくら作りです。
DSCF5729_20121024165101.jpg
網を使って、筋子をほぐします。
DSCF5745.jpg
流水で洗ったらチェック!

DSCF5748.jpg
醤油を入れて
DSCF5750.jpg
出来上がり!あとは待つだけ。

今回参加された方全員が鮭を捌くのは初めてということでしたが、みなさん頑張っていました。
「楽しかった」と喜んでくださったのでよかったです♪

見ていた私もしっかり勉強しましたよー。しかし実際出来るかどうかは別(笑)

でも、よく切れる出刃包丁が欲しくなりました。

いつか鮭をもらったら(なぜ、もらう前提?)頑張ります。

先日、白糠漁協青年部の研修会があり、そこでお話をさせていただきました。

依頼をいただいた時に、私なんかの話でいいのか?というギモンでアタマがいっぱいになりましたが、まぁガンバルしかないと腹を決めたのでした。

DSCF2004.jpg
ひぃ~、緊張・・・。

漁業についてのデータ的なことは私にはわからないので、自分が思うことをお話しさせていただきました。

白糠の産物をいかに広めていくか・・・。

白糠全体を元気にするにはどうしたらいいか・・・。

皆さんからもお話を聞きながら、進めていきました。
DSCF2001.jpg

私が一番知りたかったのは、皆さんがいまどういうことを感じていて、どうしたいと思っているのかということでした。

そして、いろいろな話をする中で、これから力を合わせていけば白糠はもっと力のある町になると実感しました。

今回の研修会をきっかけに私にもやりたいこと、やるべきことが見えました。

もっと頑張らねば!と気合を入れ直したのでした。




10月20日(土)に釧路の別保公園で行われた「越冬市」に行ってきました。

実は10月のアタマに釧路に行った際に偶然釧路町の方とお会いし、このイベントについて教えていただいていたのです。
DSCF5627_R.jpg

別保公園もすっかり秋の景色になっていました。
DSCF5629.jpg

イベントの規模としては大きなものではなかったですが、釧路町特産の野菜や牡蠣などのブースが出ていました。
DSCF5623.jpg

今回の私の目的は釧路町の生姜で作った焼酎「寒霧里美人」です。そして新生姜。


しかし、ブースに新生姜はなく、「生姜はいったん売り切れで、あとで畑から来るんですけど何時になるかわかりません」と言われ・・・


「新生姜はないのか・・・しょうがないな・・・ショウガだけに・・・」と思っていたところに生姜が運ばれてきました。


超ラッキーーー!!!ということでゲットしましたv(^-^)v
DSCF5642.jpg
焼酎は「寒霧里美人」で新生姜には「霧美人」という名前が付いています。


この生姜を薄切りにして・・・。火を通して・・・。
DSCF5646.jpg

DSCF5647.jpg
新生姜の「ガリ」と「ハチミツ漬け」を作りました。

ハチミツ漬けのシロップを炭酸で割るとジンジャーエールになるそうです。

寒い冬には欠かせない生姜、食べるのも飲むのも楽しみです♪

先日、研修会に参加するために鶴居村に行ってきました。

鶴が居るから鶴居村
DSCF4768.jpg
この日もたくさんの鶴の姿がありました。さすがです。


研修会の前に村を少し周ったのですが、立ち寄った「村民の村」ではある事件が・・・。
夏の間、オートキャンプ場として賑わっている施設で、今は誰もいないはずだったのですが。

意外な管理人が走ってきました。
DSCF5470.jpg
ドドド~ッ!
DSCF5468.jpg
牛のみなさん・・・。なぜ?

ここは牧場ではないはず。しかも・・・。

だるまさんが
DSCF5472.jpg

ころんだ!
DSCF5473.jpg

だるまさんが
DSCF5474.jpg

ころんだっ!
DSCF5475_20121022104549.jpg
じりじり近づいてくるではありませんか・・・。

どんどん
DSCF5478.jpg

どんどん
DSCF5480_20121022104953.jpg

DSCF5479_20121022104953.jpg
最終的にはクルマを囲まれたので静かに退散しました。

はぁ~、びっくりした。どうやら近くの牧場から逃げ出した牛さんらしいです。

そのあとは鶴居村観光協会の事務局長Hさんとお会いしました。
DSCF5487.jpg
お邪魔したのは事務局長さんの奥様がオーナーのカフェアンドレスト「ハートンツリー」です。
DSCF5497.jpg

DSCF5485.jpg

DSCF5493.jpg
丘の上にあるとってもステキな雰囲気のお店で、窓からはきれいな夜景やタンチョウの姿もよく見えるそうです。

オーガニックなお料理や手作りのパンやケーキが人気だそうです。
DSCF5505.jpg

DSCF5500.jpg

DSCF5499.jpg

ここでHさんと町の現状や今後の活動などについていろいろな話しをさせていただきました。頑張っている方のお話を聞くのは本当に勉強になります。

町どうしの協力は今後の町おこしには欠かせない課題です。少しずつでも実現していかなければと思いを新たにした1日でした。

10月12日の金曜日、午後から降りはじめた雨は徐々に激しさを増し、夜には激しい雷と土砂降りとなりました。

雷も近く、家が揺れるほど。そのたびに雨音が激しくなっていました。

窓の外を見ると・・・。
DSCF5409_R.jpg

DSCF5416_R.jpg
家の周りの道路はすべて冠水していました・・・〇| ̄|_ なんてこと。

通り過ぎる車は車体の底ギリギリくらいの川の中を走っているような状態で、長ぐつをはいている人も足首の高さより高い水の中をこぐように歩いていました。

うちは2階なので床上浸水ということはないですが、1階が玄関のおうちの皆さんは心配だったと思います。

私は外に出ず、窓から眺めていただけでしたが、JRと国道38号は土砂崩れで通行止めになり、その近隣約80軒避難指示が出ていました。

結局、床上浸水した家屋も30軒ほどあったそうです。

釧路の知人もたまたま釧路に帰る途中で通行止めにぶつかり、白糠で立ち往生となってしまったようです。帰ったのは夜中になってしまったと思います。

私はたまたま家にいたので無事でしたが、出かけていたらと思うと本当にこわいです。

今年の異常気象はなんなんでしょう。

竜巻、雷、集中豪雨・・・。規模が違いすぎます。

いつ何が起こるかわからないとまた実感させられた出来事でした。


家では猫たちが雷の音に時おり驚きながらも自由に過ごしていました。

まるで緊張感のないうちの猫たち。
DSCF5421.jpg
ひざの上のくるみ

DSCF5436_R.jpg
顔をかくすもこ
DSCF5437.jpg

DSCF5440.jpg
自由すぎるオトコ、カンタ
DSCF5448_20121015134104.jpg
ちょいちょいっ。

この週末、唯一出かけたのは日曜のお昼「レストランはまなす」へ。
DSCF5434.jpg
「ラムボールスープカレー」辛さ5「昇天」
白糠産の野菜がたっぷり入っていて大満足でした。

注文をしたら驚かれましたが、札幌では「すすったらその場で死ぬ」というほど辛いスープカレーを好んで食べていたいた私にはまだまだ平気な辛さでした。次回はもっと辛くしてくださいとお願いしてみよう(笑)

恋問館まつりが終わってほっとひと息ついた夜中の3時、私は白糠漁港にいました。
DSCF4961_20121011085920.jpg
昨年からサケの定置網漁の漁船に乗ってみたいと言い続けていた私。やっとそれが実現したのです。
役場のKさんがお話しを進めてくれました(^-^)

ふだんは夜中の3時に寝ることはあっても決して起きることのない私ですが、頑張りましたヾ(`・ω・´)ノ起きれた!

定置網が仕掛けてある場所まで漁港から約2km
DSCF4966.jpg
炭火にあたりながら向かいます。外はまだまだ真っ暗です。

心配だった船酔いは見事な凪と船が大きいので無事でした。ということで網の場所に到着。
DSCF4973.jpg
灯りをつけて作業開始です。

DSCF5042.jpg
仕掛けた網をなんと!手で手繰り寄せます。私、すべて機械だと思っていたのです。

漁師さんたちが掛け声をかけながら網にかかったサケを寄せていきます。
DSCF5045.jpg

DSCF5027.jpg

そしてカゴに追い込み、引き上げます。
DSCF5029.jpg

DSCF5030.jpg


なんと、ここに珍客が!
DSCF5012.jpg
船頭さんも数十年ぶりに見たというウミガメです。超カワイイんですけど!飼いたい!(ムリ!)

ということで、さっそく記念撮影!パシャ!
DSCF5007_20121011090537.jpg
カメは縁起物だそうなので、ご利益あるかな^^

今年は海流に変化が大きいらしく、いつもは見られないような魚が多くかかるということで、このカメさんも迷い込んでしまったのでしょうか・・・。

このあとも網を仕掛けた場所2箇所で引き上げをしました、この日はまずまずの成果だったそうです。
DSCF5053.jpg

DSCF5067.jpg
少しずつ夜が明けてきました。

港へ向かいます。
DSCF5073.jpg

DSCF5095.jpg

DSCF5099.jpg

DSCF5102.jpg

乗せていただいたのは第十八龍宝丸です。
DSCF5113.jpg

他の漁師さんたちにも報告しようということで、カメさんも一緒に帰ってきました♪
DSCF5121.jpg

DSCF5130.jpg
セカンドバッグのようなカメさん(笑)

カメさんはこのあと再び船に乗って沖へと戻されました。いつか竜宮城に招待してくれるかな~^^

そして、市場が空くのを待って荷揚げ作業です。
DSCF5131.jpg

DSCF5141.jpg

DSCF5139.jpg

DSCF5152_20121011093116.jpg
オスとメス、そして大きさで選別します。
DSCF5154.jpg

DSCF5144.jpg

DSCF5157_20121011093250.jpg

DSCF5159.jpg
こんなにきれいな顔のサケを見たのは初めてかも。

そして計量です。
DSCF5168.jpg

DSCF5170.jpg
ここで市場での作業は終わり。お疲れ様でした。

このあとサケは全国へと旅立っていくわけですね。

そして私は漁師さんたちの番屋にお邪魔しました。
DSCF5178.jpg

ここではお母さんたちが朝食の準備を進めていました。
DSCF5175.jpg

図々しく私も一緒に漁師めしをいただいちゃったわけです。
DSCF5179.jpg
どーん!

どどーん!!
DSCF5181.jpg
この日は川カレイのお刺身。お刺身は漁師さんたちが造ります。
なんばんと醤油で食べたのですが、これがたまらない味でした。もちろんサンマも超うまい!イクラもいただきさらにウマイ!!

ということで、私、ゴハンのお代わりまでしちゃいまして、一生懸命働いた漁師さんよりも一杯食べさせていただきました。スミマセン(-_-;)

ここで私とKさんはお暇したのですが、漁師さんたちは少し休憩を取ったあとはまたお昼まで次の漁の準備などをするそうです。大変ですね。

私は大漁まつりの遊覧航海と遊漁体験でしか漁船に乗ったことがなかったので、本当の漁を見たのは今回が初めてでした。ほんとうに貴重な体験でした。

魚がお店に並んでいるのは当たり前なことではなく、漁師さんたちのおかげなんだと実感することができました。これからもっと感謝してお魚を食べようと思います。

白糠にいると「いただきます」の意味が分かってきますね。

第十八龍宝丸の皆さん、そしてお話を進めてくださったKさん、本当にありがとうございました。

10月7日に白糠町の道の駅「しらぬか恋問」で「恋問館まつり」が開催されました。

昨年はテントが飛ぶほどの突風が吹き荒れましたが、今年は見事な快晴に恵まれ、イベント開始前からたくさんのお客様で会場が賑わいました。
DSCF4833.jpg

ふだん道の駅で扱っている商品の生産者さんたちも揃っています。

白糠漁協直売所
DSCF4835.jpg

珍味工房やまなさんとノースベリーランド
DSCF4839.jpg

白糠酪恵舎
DSCF4842.jpg

茶路めん羊牧場
DSCF4841.jpg
茶路めん羊牧場からは羊さんたちも参加。子供たちに大人気でした。
DSCF4827_20121009145459.jpg

今年も炭焼きサンマは100円
DSCF4837.jpg

そしてイベントスタートです!
DSCF4844_20121009145459.jpg

まずは砂浜で「こども宝探し」。砂浜に埋めた82個のカプセルはあっという間になくなり、宝の交換に長い列ができました。
DSCF4847.jpg

続いて「鍛高ラムネ早飲み選手権」
手本(?)を見せるヒゲ店長・・・手本になってなかったというウワサも。
DSCF4850.jpg

栓を開けるところからのタイムを競うので、うまく開けられるかどうかも重要なポイントになります。
DSCF4852.jpg

DSCF4859.jpg
炭酸に苦戦しながらガンバってました。

「恋問館商品券争奪!しらぬか〇×クイズ」
DSCF4875.jpg

ここでお昼の食事タイム
DSCF4905_20121009152146.jpg
海岸でゆったりくつろいだり
DSCF4873.jpg
子ども縁日も大盛況でした。

午後のイベントは「しその葉つかみ取り」からスタート
DSCF4871.jpg
このためにシソの葉を摘む作業が地道に行われていました。鹿撃ち名人のNさんも地道にプチプチ。
DSCF4884.jpg
そのシソの葉はあっという間に売り切れました。

そして、タコ君とイカさんの恋問体操が始まりました。
DSCF4892.jpg
元気なタコ君が2人

DSCF4894.jpg
先生が振り付けの指導をしているところに・・・

なんと!

DSCF4911.jpg
優勝を決めたばかりの日ハムのBB君が登場!

DSCF4912_20121009153514.jpg
会場が一気に盛り上がりました。

BB君は北海道の各市町村を周り、交流を広めているんだそうです。

さっそく体操にも参加♪
DSCF4928.jpg

DSCF4929_20121009153513.jpg
キレのある動きを見せるBB君、さすがです!

DSCF4932.jpg
皆さんとの記念撮影にも快く応じてくれました。

このあと、人気の「ししゃもの詰め放題」があったのですが、私はししゃもの乗ったワゴンの準備をしていたので写真はありません・・・。残念。

そしてお祭りの最後は紅白もちまき、当たり券で景品が当たるのでお客さんもたくさんです。
DSCF4936_20121009153513.jpg

ここでもBB君が登場
DSCF4946.jpg

DSCF4951.jpg
暑いくらいの陽気の中、おまつりが無事終了しました。

お祭りはやっぱり晴れに限りますね。と超雨男(I主幹)が異動してしまった今だから言えることです(笑)

最後にオマケ

子ども縁日のひとつ「恋問ショット」
DSCF4819.jpg
ここにある秘密が・・・

DSCF4820_R.jpg
「チラッ!」

ちなみにここに当たると特賞の「お菓子詰め合わせ(特大)」がもらえたのでした^^

さて、現在、毎週木曜日と金曜日にアルゼンチンタンゴのレッスンをさせていただいているのですが、この度大阪在住のタンゴ仲間が白糠町に遊びに来てくれることになり、せっかくなのでタンゴのサークルの皆さんにペアで踊るところを見ていただきましょう。
と白糠町の教育長と教育委員会社会教育課にお話をしたところ、社会福祉センターで行われている土曜サロンの特別講座として一般公開という形にしていただき、10月4日の夜と10月5日の午前に簡単なレッスンとデモンストレーションをさせていただきました。

うーん、すごいことになったな。と緊張・・・。

大阪から来てくださったIさんは私が9年前に初めて東京でデモンストレーションをしたときにペアを組んでくださった恩人。今回も快く公開の話を受けてくださいました。
Iさんはコンテストに出た経験もお持ちのベテランですので、大きな胸をお借りしました。ほんとうにありがとうございます。

ということで、4日の夜の公開前に1時間だけ集中レッスン。
IMG_0050.jpg
(写真は全て役場企画財政課のMさんに撮影していただきました。)

あっという間の本番、ひ~っ!
IMG_0217.jpg

1曲見ていただき、基本の歩き方レッスン
IMG_0143.jpg

このあと4曲躍らせていただきました。
IMG_0277.jpg

IMG_0290.jpg
木曜日のサークルの皆さんと記念撮影。

そして5日も1時間だけ練習、すぐに本番。
IMG_0327.jpg
基本レッスンと。

デモンストレーション。
IMG_0460_20121009135637.jpg

IMG_0470.jpg

IMG_0526.jpg
白洋大学の健康ダンスの皆さんと記念撮影。お花までいただいてしまい、鬼の目にも涙でした(T^T)ウルウル

今回、この企画をしてくださった教育委員会社会教育課の皆様に本当に感謝しています。

また、動画に写真に照明にと尽力してくださったMさんにも心から感謝です。

わざわざ見に来てくださったたくさんの皆様にも心からお礼を申し上げます。

本当のアルゼンチンタンゴがどういうものかを皆さんに知っていただきたいと思っていたので、こういう形で見ていただけたのはほんとに嬉しく思います。
皆さんがどう感じてくれたのか、タンゴをもっと好きになるきっかけづくりが出来たのか、少しでも興味を持ってくれたらいいなと思います。

それにしても、本当に緊張しました~。
いつもこのブログを見てくださっている皆様にはいつも作業着姿ばかりお見せしていますが、たまにはこういうこともしていると知っていただければ幸いです(^^;)
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ