今年も「さっぽろオータムフェスト」に行ってきました!

道内の秋の味覚が集まるイベントとして2008年のスタートから今年で5回目、白糠町は21~24日までの出店でしたが4日間すべて暑すぎるほどの晴天に恵まれました。「アメアメの実」を食べ、史上最強の雨ふらしの技を見せていた青髭海賊団のIさんが異動になったため、晴れたというウワサは事実です(^_^)b

今年、販売したのは「灯台つぶ(焼きつぶ)」「白糠酪恵舎のハイジパン」「鍛高ラムネ(赤・青)」の3品目です。
DSCF4370.jpg

ユニフォームもそろえて準備万端!
初日(金曜日)はK係長、シソ殿下、シソエース、そして私の4人のメンバーで乗り切ろうとスタートしました。

DSCF4369.jpg

DSCF4375_20120927160206.jpg

そこになんと!見た目ビッグな助っ人が登場!
DSCF4373.jpg
「オッケー!」のポーズで決めるイカした男、M山くん(タコよりイカが似合うのです)

これが意外に(笑)助かった!いえいえ、本当に強力な助っ人でした。
ひとり増えるとすごーく助かるということを実感しましたよ。

というのも、今年のオータムは平日も人出が多く、決してヒマではなかったのです。
DSCF4380.jpg
人通りがたっくさん。


そして、翌日は土曜日
DSCF4398.jpg
朝からたくさんの人、人。

ということでたくさんの助っ人が登場!
DSCF4403.jpg
白糠高校の生徒さん2人はハイジパン担当

DSCF4425.jpg
道銀白糠支店の皆さんと元シソリーダーK夫妻はバックヤードと呼び込み担当

DSCF4416.jpg
そして、「田舎で働き隊」元CAさん、Nさんもわざわざ東京から駆けつけてくれました~。ラムネを担当してくれました。

エースと殿下も頑張ってつぶやいて(焼いて)いました。

お店の前には行列
DSCF4406.jpg
もっと長~い列が続いていた時間帯もありマス。

金、土、日とほぼ休むヒマもなく売りまくり、日曜の夕方にはほぼ売るものがなくなってしまいました。

お客さんの数は昨年の1.5倍だそうで、このイベントが札幌の秋のものとしてすっかり定着したようです。どうりで忙しいわけです。

最終日の月曜には、少し余裕が出来て(売るものも数少なくなったため)周りのブースを見て歩くことができました。

阿寒町さんはエゾシカ
DSCF4432_20120927161727.jpg

毎日行列だった厚岸町さん
DSCF4454_20120927161727.jpg

星空の黒牛の標茶町さん
DSCF4459.jpg

海産物たくさんの浜中町さん
DSCF4452.jpg

黒いシンプルな看板がインパクト大の釧路町さん
DSCF4443.jpg

そしてお隣は木古内町さん
DSCF4451_20120927161726.jpg
赤がかわいいオリジナルキャラクターのキーコ君は大人気でした。

こうして見るとそんなに混んでないように感じるかもしれませんが、最終日以外は歩いてもなかなか進めないくらいの人の数でした。

最後にかわいい3ショット
DSCF4462.jpg
最終日に来てくれた札幌学院大学の学生です。

とにかく忙しく、終わってみるとあっという間だった4日間。
おかげさまで持っていった商品は全て完売となりました。

しかし、白糠町を宣伝するという意味では課題もあったなぁと思います。

それは白糠町をアピールするツールが少なかったこと。並んで待っている間にお客様に見てもらえるマップやガイドなどをもっと用意するべきでした。昨年も反省したはずなのに・・・(悔しい)。
来年こそはそこをクリアしたいと思います。

たくさんの皆さんの協力とお客様のおかげでいい形で終えることができました。

本当にありがとうございました♪

アイヌ民族の文化にも様々なものがあります。

そのひとつが、アイヌ独特の道具を使って鮭を獲る「マレク漁」です。
DSCF4281_20120919115320.jpg

木の先に可動式の鉤銛(かぎもり)を付けた道具「マレク」で鮭を獲ります。
DSCF4286.jpg

DSCF4287.jpg

DSCF4243.jpg

DSCF4284.jpg

最初に茶路川の町に近いところにたくさん鮭がいるということで、そこで狙ったのですが、川幅が広く、鮭やマスがすいすいと避けてしまい、ここでは仕留めることができませんでした。
DSCF4244.jpg

DSCF4278_20120919115321.jpg
ということで、場所移動。

もう一本、マレクを作って。
DSCF4297.jpg

DSCF4300.jpg

いざ出陣
DSCF4303.jpg

DSCF4305.jpg

ちなみに、このマレク漁は伝統文化の継承ということで北海道から許可を取っています。一般の方は許可なく鮭を獲ることは出来ませんので、くれぐれもご注意ください。

DSCF4306.jpg

DSCF4311.jpg

テトラポットの上で鮭を探していたら、なんと私の足元にでっかいオスが!

早速、獲ってくれました!
IMG_8954_20120919125749.jpg
よけているのは私です。竿が長いのでジャマにならないようにするのが大変。

IMG_8962_20120919125748.jpg
今年の1匹め!
DSCF4310_20120919125748.jpg
ほんとにデカーい!

そのあとに、同じ場所にメスが!
DSCF4313.jpg

IMG_8969.jpg

IMG_8974.jpg

そして、次はオス
DSCF4316_20120919130130.jpg

獲れた鮭は籠に入れておきます。
DSCF4320.jpg

私はここまでで帰ったのですが、結局、この日は合計で7匹獲れたそうです。
DSCF4258.jpg

カムイノミ(神への祈り)を捧げて行う伝統の漁法。とても興味深く、おもしろかったです。

昨年もおじゃました釧路管内の「消防団員技能競技大会」に今年も行ってきましたー!

昨年はイベントが重なって前半しか見られなかったのですが、今回は最後までじっくりと見ることが出来ました。

まずは開会式、今回で57回目となる伝統ある大会です。
DSCF4136.jpg

DSCF4143.jpg

DSCF4141.jpg
白糠消防団です。

DSCF4144.jpg
棚野町長は町村会長としての挨拶をされていました。

DSCF4161.jpg
そして、選手宣誓。いよいよ始まります。

DSCF4166.jpg
本部席横の放送席には今大会のウグイス嬢、防災課のMさん♪

そして白糠のテントに向かいます。
DSCF4167.jpg
白糠の応援と消防の皆さん
DSCF4168.jpg

お隣の厚岸消防団の応援にはちびっこ消防士がいました♪
DSCF4170.jpg

そして競技がスタートしました。
まずは小型ポンプの部です。白糠は15チーム中、7番目と8番目に出場です。

白糠消防団第2分団のみなさん
DSCF4173.jpg

DSCF4174.jpg

DSCF4175.jpg

DSCF4177.jpg
小型ポンプは約30秒のあっという間の競技ですが、標的落下時間31秒63で加算時間(減点)なし。
この時点で1位となりました。

続いて、白糠消防団第3分団のみなさん
DSCF4183.jpg

DSCF4186.jpg

DSCF4188_20120917101256.jpg
速いペースで進んだのですが、放水前に管そうが外れてしまうというアクシデントがあり、記録は伸びませんでした。

結局、第2分団の記録が最後の最後に阿寒の消防団に0秒13の差で抜かれて惜敗、結果第2位となりました。
DSCF4235.jpg
コンマ13秒ってオリンピックの世界ですよ!


そしてお昼、飛び入りの私もお弁当をいただいちゃいました。
DSCF4195.jpg
豚汁サイコー^^♪

午後の「大型(消防ポンプ自動車の部)」に参加する皆さんはウォーミングアップ中。
DSCF4193.jpg

ここからは前日の練習の様子
霧がかかる練習場で最後の仕上げをしていました。
DSCF4084_20120917103817.jpg

DSCF4086.jpg

DSCF4107.jpg

競技に出るのは5名ですが、そのために何十人もの協力、応援があるのです。
DSCF4096.jpg

DSCF4097.jpg

DSCF4098.jpg

DSCF4090_20120917104537.jpg
シソ殿下もそのひとり、殿下はここでも高貴な(?)笑顔でたたずんでいました(笑)


そしていよいよ大型の本番です。
出場チームは14チームで白糠第1分団は12番目、ここまで大きな記録を出しているチームはなく期待は高まります。ドキドキ。

準備位置にポンプ車が搬入されます。
DSCF4200.jpg

DSCF4203.jpg

DSCF4204.jpg

DSCF4210.jpg
分団長の最終チェック。
DSCF4208.jpg
準備完了!

緊張のスタートです!
DSCF4212.jpg

DSCF4214.jpg
第一放水
DSCF4218.jpg

DSCF4219.jpg
そして第二放水
DSCF4221.jpg
私はカメラを構えていたのでタイムはわからず、写真を撮りながらひたすら祈るしかありませんでした。
しかし、テントに戻ると「たぶん55秒」といううれしい報告が待っていました。

そして、正式発表は54秒75、加算が1秒で結果55秒75です。あと2組を残してはいるもののダントツのトップです。

選手たちが戻ってきました。
DSCF4224_20120917111122.jpg
喜びの握手
DSCF4225.jpg
そして、ひとまずお疲れさまの乾杯
DSCF4226.jpg
ちびっ子たちも頑張ったお父さんに駆け寄ってきました♪
DSCF4230.jpg
その横で「いいなぁ、なんでウチは来ねえんだよ~。」とうらやましがるS氏(笑)
DSCF4229.jpg

そして最後に出場した2連覇中の強敵、標茶町の競技が終わり、正式な結果発表が!
DSCF4236.jpg

DSCF4237.jpg
大型の部では9年ぶりの優勝です!やったー!超ウレシイ!

喜びのハイタッチ
DSCF4231.jpg

DSCF4232.jpg
本当によかった!

このあと、喜びの涙のシーンもありましたが、それは出場した皆さんの思い出にということで。
たった一度の勝負ですから、日頃の努力をしていても、天候などの運に左右されるのもこの競技、この日は時々強い風で放水が流されるという場面もありました。
そんなコンディションの中で優勝したのはすごいこと。

本当におめでとうございました♪

(あとで、ヒミツの壮行会の写真も追加したいと思います^^)

道の駅「しらぬか恋問」のキャラクター『コイタくんとメイカちゃん』が誕生して今年で5周年となりました。昨年は「恋問体操」も出来て、ますます町のキャラクターとして浸透しているコイタくんとメイカちゃんです^^

そこで道の駅のメイクセンターで「コイタくんとメイカちゃん誕生5周年だよ!ぬり絵展」を開催しています。
DSCF4078.jpg

DSCF4074.jpg
シソエースとSさんが一生懸命貼っています。

このぬり絵は白糠町内の幼稚園と保育園の園児の皆さんに塗ってもらいました。
各幼稚園、保育園の組ごとに展示しています。
DSCF4076.jpg

DSCF4079_20120917092703.jpg

DSCF4080.jpg
遊びに来たちびっこもじっと眺めていました。

DSCF4077.jpg
子供のぬり絵はとっても独創性があって楽しめます。

ぜひぜひ、子供たちのアート作品を観にいらしてくださいね。


そして、もうひとつお知らせです。
今年から白糠で始まったベビーリーフの販売が道の駅でスタートしました!
DSCF4072.jpg
茨城の水戸菜園さんとの契約で白糠で育ったベビーリーフが首都圏で販売されているのですが、、これが地元でも買えるようになりました(^-^)/
DSCF4125_20120917093441.jpg
白糠で作っているのは大前産業さん
DSCF4122.jpg
私も早速買いました。最近、暑いせいか、野菜ばかり食べている私にはありがたいです。
DSCF4126_20120917093441.jpg
ということで作ったのがオール白糠産のサラダ
ベビーリーフと宮木農園さんのピーマンとトマトを加えて、山盛りサラダを作りましたー。

うーん、満足満足。
このベビーリーフは50g150円と業務用240g630円の2種類です。サラダ1回分なら50gで十分ですよ。
ぜひぜひお試しくださいね。

今年も白糠町庶路の宮下町内会の皆さんのご協力で、シソの搾汁液を作る作業を行いました。

DSCF4003_20120913111236.jpg
まずは早朝、シソを刈るところからスタートです。
DSCF3992.jpg

DSCF3987.jpg
鎌で手刈りして、あっという間に集めていきます。
DSCF4002.jpg

DSCF4006.jpg
そして、積み込み。さすが、みなさん仕事が早い。

そのあと町内会に戻って葉むきの作業
DSCF4010.jpg

DSCF4012_20120913111815.jpg
30人以上の方にご参加いただきました、本当にありがたいです。

枝から取った葉はすぐに計量して洗います。
DSCF4013.jpg

DSCF4014.jpg
泥やムシを取りながら3度洗いします。

6リットルのお湯を沸かし、そこに1.2キロの葉を入れて煮出します。
DSCF4034.jpg
鍋に入れるとすぐに赤いシソの葉から赤い色素が抜け出し、緑色に変わります。
DSCF4041.jpg
クエン酸を入れたものはきれいな赤に発色します。

DSCF4030.jpg
この怪しいオンナは私です(エースが盗撮しました)こんな姿でNHKのニュースにまで出ました。本当にスミマセン。

さてさて、この10分間の煮出しが終わったら火から下ろして搾りの作業に入ります。力仕事は男性チームにおまかせです。
DSCF4016_20120913115459.jpg
鍋からあけて
DSCF4020.jpg
消毒済みのボトルに入れます。

DSCF4026.jpg
取り出した葉も、余すところなく搾り出します。

その結果、赤シソから3種類
DSCF4052.jpg
左から、赤濃縮(シソの量が倍)、赤クエン酸入り、赤クエン酸なし

青シソからクエン酸なしと
DSCF4053.jpg
クエン酸入り
DSCF4054_20120913115511.jpg
4リットルボトルで合わせて計125本の搾汁液ができました。わーい(^0^)/すごーい!

この搾汁液がまた鍛高ラムネなどに変身していきます。

シソ、がんばれー!

そして宮下町内会の皆様、今年も本当にありがとうございましたm(_ _)m

白糠町の南通り商店街を歩行者天国にして行う秋の恒例のお祭り「第20回カミングパラダイス」が9月8と9日に開催されました。

今年は20周年ということで、イベントも盛りだくさんの内容でした。

8日の朝はお天気で月が見えるほどでした。
DSCF3709_20120910110412.jpg

DSCF3710_20120910110411.jpg

DSCF3713.jpg
着々と準備が進みます。

午前中は暑いくらいのお天気だったのですが、午後からはだんだん霧が出てきて涼しくなりました。

そして午後3時にイベントがスタート!
DSCF3758.jpg
カミパラ実行委員長やはたさんの挨拶、力こもっていてカンドーしました。

DSCF3768.jpg
町長の祝辞

そしてオープニング恒例の立正保育園の太鼓で幕開けです。
DSCF3777_20120910110824.jpg

DSCF3782_20120910110823.jpg

DSCF3787.jpg
今年は大道芸人さんたちも登場!

夜は白糠ゆかりの歌手の皆さんのステージ
DSCF3815_20120910111532.jpg
「タコくんとイカさんの恋物語」を歌ってくれているヒートボイス

DSCF3828.jpg
喜多嶋麻鈴さん

DSCF3855.jpg
夏木えいじさん

それぞれお祭りのステージを盛り上げてくれました。

この日の最後は白糠小学校のグランドでの打ち上げ花火。

だったのですが・・・

・・・

・・・

霧でほとんど見えないまま終わってしまいました〇| ̄|_残念...。

こうして1日目が終わりました。


そして2日目。
スタートは10時でしたが、8時半頃から雨、雨、雨・・・。ふえ~っ。
DSCF3870_20120910113424.jpg

伝統芸能駒踊り、雨の中でがんばってました。
DSCF3880.jpg

DSCF3882.jpg

そして、今年のメインイベントが始まりました。昔、白糠で行われていた「産業まつり」の復刻イベントです。

まずは「野菜の詰め放題」
DSCF3892.jpg
白糠産のカボチャ、ニンジン、じゃがいもを3分でビニール袋に詰め込みます。
DSCF3900.jpg
カボチャを真っ先に取り、そのあとニンジン、じゃがいもを詰めていくのが鉄則だったようです。

そして、次は秋鮭のつかみ取り「シーハンター」
DSCF3912.jpg
白糠漁協のさけ定置部会の協力で26匹の鮭が提供されました。
DSCF3915.jpg

ここで盛り上げてくれたのが、この男の子。じっと鮭をにらんでいます。
DSCF3932.jpg
すごい元気で水槽に入る前にはTシャツも脱いで用意万端
DSCF3933_20120910114530.jpg

DSCF3937_20120910114530.jpg
水の中を元気に走り回っていると思った次の瞬間
DSCF3936.jpg
あまりの水の冷たさに水槽から飛び出て固まっていました。

結局、一番最後に鮭をつかみ
DSCF3939.jpg
記念写真。実はメスが欲しかったのですが、掴んだのはオスだったらしく・・・この表情です。

会場は笑いで溢れていました。

そして、3つめが「丸太切り競争」
DSCF3941.jpg
この丸太を2人で切ってタイムを競います。
DSCF3943.jpg
カミパラの焼印が可愛い♪

2組ずつ3回、計6組が参加しました。
DSCF3947.jpg

DSCF3952.jpg

DSCF3959.jpg

優勝は一番ベテランのご夫婦
DSCF3966.jpg
長年連れ添っているだけあって、息もぴったりで好タイムだったようです。

このあと、だんだんと雨がひどくなり、どしゃ降りになったり小降りになったりのくり返しで、イベントの終了じには白糠でも稀にみる大雨となりました。

スタッフの皆さん、雨の中本当にお疲れ様でした。

雨の中お越しいただいた皆様も本当にありがとうございました。

このあとはカミパラで撮った皆さんの写真です。

気付けばシソの話題を1ヶ月以上も取り上げていませんでした。

「ブログ、シソばっかりだな」と言われないようにと気を付けていたら、こんなに開いてしまいました(^^;)

前回(7月19日)の畑の様子はこちら
20120719_DSCF0608.jpg
ここから1ヶ月半

地道に水遣り、草取りをしながら育てた結果
DSCF3651.jpg
こんなに大きくなりました~。

といっても赤シソは昨年よりは生育状況が良くありません。

青シソは昨年よりは背丈は小さいですが枝ぶりはよいです。
DSCF3649.jpg
ということで、本日、「しそ醤油」の原料となる青シソが出荷となりました。

まずはK係長がチュインチュインと切り倒していきます。
DSCF3653.jpg

それを集めて~
DSCF3655.jpg

トラックに積み込み
DSCF3659.jpg

DSCF3660.jpg
これで約160株

DSCF3661.jpg
これを旭川までS主幹とシソエースが運びます、日帰りで。

気をつけて行ってらっしゃ~い。


そして、我が家のニャンコ情報です。

6月の終わりにうちにやってきたカンタ
DSCF2529_20120906090438.jpg
こんなチビスケでしたが、
DSCF3611.jpg
約2ヶ月でこんなに大きくなりました。シソに負けない成長っぷりです。

体重も800gだったのがいまは2.4キロ。なんと3倍です。

昨日、無事に2回目のワクチンも終わりました。

やんちゃぶりも相変わらずで、もこがくつろいでいると・・・
DSCF3628.jpg

DSCF3619.jpg
襲います(笑)

私が寝ていても
DSCF3646.jpg
乗ります。

もこの場合はそそくさと逃げますが、私は遊びます。
DSCF3642.jpg
ヨーダ風

DSCF3647.jpg
うさぎ風

ま、退屈しない毎日です。

あとはカゼさえ治れば完璧。

今回の風邪は本当に長引いてます、もう10日。熱はあっという間に下がったのですが、喉の痛み、咳、頭痛、そして結膜炎といやな症状が続きます。治りかけが一番うつりやすいということで、いまだマスクの日々です。

週末にはカミパラが控えているので、それまでにはマスクを外したいなと思う私です。

皆様、くれぐれもお体をお大事に。

9月2日のブルーベリー体験のあと、片付けをして役場に戻る途中、事件が起こりました。

2台体制でトラックとバンで走っていたところ、トラックがハザードを上げて停止。

どした、どした?と確認をしたところ、トラックのタイヤが見事に変形していました。原因は不明。
DSCF3597.jpg
殿下!たそがれてる場合じゃありません!

ということで早速、スペアタイヤへの交換作業開始~。
DSCF3605_2.jpg
ここで活躍したのがクルマやさんの息子、シソエースJ氏。

DSCF3602.jpg
力を発揮!

しかし!
DSCF3606.jpg
トラックに食べられてしまいました(T^T)

というのはウソ(当たり前だ)で、ジャッキアップ中。
DSCF3607_20120903113318.jpg

DSCF3609.jpg
なぜかジャッキがこんなにちっちゃかったのです。

みんな汗だくで作業し、なんとかスペアタイヤに交換終了~。
DSCF3610.jpg
殿下は撮影のために手を添えているだけです(これもウソ)。

というわけで、思わぬトラブルに見舞われつつ、無事に帰ることができました。

シソエースほんとうにお疲れ様でした。

エースは力を使いすぎたのか、いまは手首が痛いと訴えております。くれぐれもお大事に。

現在、白糠町では地元のいろいろな食材や観光資源に着目した観光プランの造成を試みています。

そのひとつとしてこの夏はブルーベリーの体験プランを実施しました。

上茶路の青少年旅行村の管理人である横田さんが栽培してるブルーベリーを収穫、ジャム作りをするという体験です。

8月19日と9月2日の2回、行いました。
この日の上茶路は9月とは思えないほどの晴れ!
DSCF3509.jpg

DSCF3595.jpg
ハウスの中にはブルーベリーがたくさん!わくわくしますねー。

まずは青少年旅行村の散策、森の中はとっても気持ちがいいです。
DSCF3513.jpg

ツリーハウス
DSCF3515_20120903105217.jpg

DSCF3517.jpg

DSCF3518.jpg
何もない自然の空気を楽しむにはいい施設です。

私は目の前にツーっと下りてきたこいつを発見!にょ~。
DSCF3527_20120903105533.jpg
さんざん観察して木に戻っていただきました。
DSCF3529.jpg

DSCF3532.jpg
どんぐりの帽子(^-^)

横田さんのガイドで森の中の木々や鳥、虫などの生態を学びます。
DSCF3546.jpg

DSCF3549.jpg
暑い日は森の中が最高です。

森から戻ったら、次はブルーベリーの収穫ですが、その前にブルーベリーの説明
DSCF3553.jpg

DSCF3556.jpg

そしてハウスに向かいます。
DSCF3564.jpg

ハウスの中で試食をしながら摘み取っていきます。
DSCF3565.jpg

私はハウスを出てバッタさんと会議
DSCF3576.jpg
連れて帰りたい思いをぐっと堪えました。

収穫のあとはジャム作りです。
DSCF3582.jpg

DSCF3583.jpg
煮るのは約10分、果実味をそのまま味わうにはこのくらいの時間で十分だそうです。

そして皆さんで試食。
DSCF3590.jpg
クリームチーズとジャムを載せたクラッカー、そしてブルーベリーと牛乳をミキサーにかけたオリジナルジュースを味わいます。
DSCF3586.jpg
みなさん、とても気に入ってくれて、自分が摘み取ったブルーベリーとジャムのお持ち帰りのほかにも横田さんが収穫したブルーベリーを追加で買い足すほどでした。

満足いただけたようで本当によかったです。

ちなみに8月にはちびっこも参加してくれました。
DSCF2924_20120903111556.jpg

DSCF2925.jpg
このご家族もまた参加したいとお手紙もくださいました。

今回の体験を通して、私たちも学ぶべきところがたくさんありました。いかにこの町でしか味わえない楽しみを見出して提案していくか、これからももっと考えて行きたいと思います。


この季節はイベントが重なることが多く、体が3つ欲しい私です(ただし健康体に限る)。

日曜日に白糠のアイヌの三大祭のひとつである「第17回フンペ祭り」が行われました。

フンペとはクジラのことで、パシクル沼に上がったクジラの伝説が残っています。そのフンペのお祭りです。


私は午後から別のイベントが入っていたのでウレシパチセでのカムイノミ(神への祈りの儀式)だけ参加させていただきました。
DSCF3437.jpg

シントコサンケ:儀式で使用するトノト(御神酒)の品定めです。
DSCF3447.jpg

DSCF3452.jpg

アペフチカムイ(火の神)にトノトを捧げます。
DSCF3461.jpg

DSCF3467_20120903101229.jpg

DSCF3470.jpg

DSCF3497.jpg

DSCF3505.jpg

ここからは広報M氏からお借りした写真
パシクル沼でのカムイノミと古式舞踊の奉納の様子です。
IMG_8384.jpg

IMG_8451.jpg
昨年もカミパラと重なって参加できなかったのですが、今年も半分だけ。

来年は全部参加できるかな(^-^)
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ