ゴールデンウィーク初日に道の駅「しらぬか恋問」の恋問館で発売となった白糠町のオリジナルアイスクリーム「恋する愛す」の報告です。

発売初日の朝、ディスプレイをするために開店前の恋問館へ出かけました。
ワケあって、実はちょっと遅刻しました〇| ̄|_・・・ああ、反省。

ディスプレイ前の様子はこんな感じでした。
DSCF8106.jpg

ここに、事前に準備したあれやこれやを飾り付け、出来上がったのがこちら。
DSCF8124.jpg
入口正面にどーんと配置してます。

今回のディスプレイの強力助っ人、Yくんとシソ王子
DSCF8121.jpg

冷凍ケースの横には苦労して錆びを取って塗装した牛乳缶と「デカ愛す」を飾りました。
DSCF8123.jpg

そして店内奥の冷凍庫にも。
DSCF8119.jpg

DSCF8120_2.jpg
ここには「アイスの豆知識」を貼りました。
「アイスクリーム」「ラクトアイス」「アイスミルク」「氷菓」の違いについてです。

「恋する愛す」は乳脂肪分の高く、濃厚なまろやかさが特徴の「アイスクリーム」に分類されます。
DSCF8139.jpg
バニラは使っていないので、純粋に牛乳の味を楽しめる「あっさりミルク味」で、ジェラートに近いという感想もありました。

そして、いよいよ開店時間!
DSCF8159.jpg

開店早々、アイスを目的に来店されたお客様が数組。
DSCF8127.jpg

DSCF8157.jpg
まとめ買いしてくださる方も多かったです。

売れ行きは順調で初日だけで400個以上売れたそうです。
この3連休で600個以上。
20個まとめ買いという方もいらしたそうです、ありがたいですね\(^o^)/

初回納入分が売り切れてしまう可能性があるのですが、製造の白糠酪恵舎さんの頑張りでなんとかギリギリ間に合うかというところだそうです。

ぜひぜひ、たくさんの皆さんに食べていただいて「白糠の定番の味」になって欲しいと思います!

今日は新しい写真なしですみません(´・_・`)

道の駅の恋問館で昨日発売になった白糠町オリジナルアイス「恋する愛す」は初日から売れ行き好調だそうです。

シソ王子とYくんも大喜び

まとめ買いをしてくださる方も多く、青ヒゲ店長がGW中の在庫が間に合うのかと、ますます青くなっているという噂です(^∇^)


ということで、お買い求めはぜひお早めに…。

(タイトルは「メリーさんの羊」風に歌ってください♪)

先日、念願だった「茶路めん羊牧場」にお邪魔しました。

何をかくそう私、羊が大好きなのです♪

なので、白糠に来て真っ先に行きたかったのが羊の牧場だったのですが、なかなかオーナーの武藤さんにお会いする機会がなく、たまに写真を撮っていたのは、通りすがり風に隠し撮りしてました<(-_-;)スミマセン

それが今回やっと実現したのです。

羊が間近で見られる~っ!きゃ~っ!!

今の時期は毛刈りの時期だそうですが、このところ天候が悪いのでなかなか毛刈りが進まないんだそうです。
本当は毛刈りを見せてくださいとお願いしていたのですが、まずは子羊だけでも見なくちゃととりあえず一度伺うことにしました。

牧場の入口にはたくさんの羊~♪
DSCF7965.jpg

DSCF7932.jpg

DSCF7933.jpg
大きな声で「メ"エ~っ」と言いながら近づいてきます。か、可愛いっ♪

この日、武藤さんは食肉の加工中ということで、スタッフのKさんにいろいろ説明をしていただきました。
Kさんは茶路めん羊牧場のホームページも担当されていて、羊たちの可愛い写真をたくさん掲載しています。

羊については何も知らない私なので、いろんな質問をさせていただきました。

羊のお産ラッシュは2月中旬からだそうで、ほとんどお産は終わってしまっていたのですが、2日前に1匹だけ遅れて生まれたのがいますよ、と見せていただいたのがこの子。
DSCF7940.jpg
ぎゃ~っ!超、超カワイイ!!!o(>o<)o

DSCF7934.jpg

DSCF7938.jpg
ママとチュ♪

他にも子羊が・・・
DSCF7942.jpg
カワユス、カワユス。
DSCF7947.jpg
たまらんとです。

そして、たまたま来ていたKさんの奥さんともお話し、奥さんが可愛がっているニコちゃんを紹介していただきました。

このニコちゃんは生まれたときは小さくて、長く生きられないかもしれないと思われるほどだったらしいのですが、その後すくすく育って今年4度目のお産をしたそうです。

ニコちゃんと子供たち。
羊のしっぽは本当は長いって知ってましたか?生まれてすぐ切ることが多いのですが、こうして長いままにしておくこともあるんだそうです。私は今まで羊のしっぽは短いと信じてきたので、かなりビックリしました(@@)

かわいい羊たちにたくさん癒してもらったあと、作業中の武藤さんにもお話を伺うことができました。

お肉を丁寧にさばきながら、いろんなお話をしてくださいました。

せっかく大切に育てた羊だから、すべてをムダにしないようにと、お肉だけでなく脂は石鹸に、毛は衣類にと活動されています。

武藤さんのお話を聞いて、もっともっと牧場のことを広めたいなぁと思いました。

白糠の生産者さんは本業が忙しいですから、宣伝まで手がまわらないのが現状です。
これから、私が出来ることはどんどんやっていきたいなぁと思いました。

武藤さんのお肉は5月5日にチーズ工房・白糠酪恵舎で行われる「山の恵みの即売会」でも調理販売されますので、ぜひぜひお越しください。私ももちろん参加します!

山の恵みの即売会(← 昨年の様子はこちら)

先日、「ルパン三世の町」として話題になっている浜中町にお邪魔しました。
ルパン三世の原作者であるモンキー・パンチさんの出身地ということで、ルパン三世を町のキャラクターにして町おこしをしています。

浜中町を訪ねるのは2度目ですが、前回は海藻バターの試作(←クリック)で「MO-TTOかぜて」という施設に行っただけだったので町を見るのは初めてでした。

浜中町役場は国道44号線から茶内駅を通り、霧多布湿原を抜けた霧多布エリアにあります。
湿原を抜けると突然広がる町の光景はなんだか不思議でした。

まず感じたのはとても道路が広いということ。

これが役場に向かう通りです。つきあたりが浜中町役場
DSCF7989.jpg
歩道もすごく広いですよね。

右に見えるのが浜中町総合文化センター
DSCF7992.jpg
ここにもルパンがいっぱい。

実は最初、この文化センターが役場だと思い、間違って入ってしまいました(=_=;)ハズカシイ。

この通りの街灯にルパン一味があふれていました。
DSCF7979.jpg
こ、これは・・・。
DSCF7982.jpg
ルパン

DSCF7984.jpg
次元

DSCF7986.jpg
五右ェ門

そして
DSCF7987.jpg
銭形のとっつぁん!

不二子ちゃんは道路を挟んで向かい側に並んでおります。
DSCF8008.jpg

DSCF7993.jpg

DSCF7990.jpg
なんとバニーです。

まだまだルパンづくしは続きます。

文化センターの外壁に並ぶ面々
DSCF7974.jpg

DSCF7972.jpg

DSCF7971.jpg

DSCF7970.jpg

DSCF7973.jpg

建物の中にもたくさん
DSCF8002.jpg

DSCF7994.jpg

DSCF8007.jpg

DSCF8003.jpg

DSCF8005.jpg

DSCF8004.jpg
複製原画もたくさん飾られていました。

昨年はモンキー・パンチさんが来町して、「マンガ教室」なども行ったそうです。

そして何より話題となっているのがJR花咲線の車輌や町内を走る路線バス、タクシーへのラッピング。
役場で聞いたところ、「バスは今出たばかりですね。」と・・・。
こればかりは動いているものなので見るのはムリか・・・とあきらめムードな私。

が、しかし!

クルマで町内の観光ポイントを見て廻っている途中でバスを発見!
追跡開始です!

辿りついたのは「霧多布温泉ゆうゆ」前のバス停。
やった!バスが停まったあぁぁぁぁっ!

早速、クルマを飛び降りて鉄ちゃんばりに撮影!
DSCF8027.jpg

DSCF8022.jpg

DSCF8021.jpg
撮った!カッコいい~っ!たまらん!

黒い車体というのが目を引きますよね☆

いやぁ、よかった。満足満足。

このほかにも景勝地を周ったのですが、まだシーズンには早く、ちょっとさびしい景色でした。
それはオンシーズンにまた訪ねたいと思います。

こうしてルパンだらけの浜中町ですっかり満足した私ですが、こうした有名なキャラクターを使うにはたくさんの手続きや許可が必要でとても大変なんだそうです。

モンキー・パンチさんは「どうぞ自由に使ってください」ということらしいんですが、アニメや映画になっている以上、そこにはいろいろな著作権が発生しています。それを使用するとなると許可を取るのも1年がかりだとか・・・。役場の方の話を聞き、とても苦労されていることを知りました。

でも、公式に使える町は浜中町だけ。これはすごいアドバンテージですよね。
今年はさらに盛り上がる予定、ということなので私も楽しみにしています。

皆さんも霧多布湿原がきれいになるオンシーズンにぜひ訪ねてみてくださいね。

え~、更新がすっかり滞っていて申し訳ございません。

作業がやっと落ち着きましたので、ここにめでたく再開とさせていただきます。(めでたいのか?)

先週の土曜日、4月21日に白糠町公民館で「土曜サロン」で「おりがみでかぶとをつくろう!」の講座が開かれました。

2月に開かれた「おりがみで作るひな人形」の講座が好評で、そのときに参加したみなさんの「5月の節句の飾りも習いたい!」という要望が強く、今回の講座が実現しました。

ということで、今回はかぶと作りです。今回も講師を務めたのは教育委員会の佐々木さんです。
DSCF8058.jpg
佐々木さんの作品。これはすべて折り紙で出来ているんです。何度見ても、すごい作品です。

もちろん今回作ったのはもっと簡単なバージョンです。
DSCF8063.jpg
2種類のかぶとを作ります。

DSCF8065.jpg
ちびっこはかぶとをかぶってかぶとを作る(早口言葉か)
DSCF8068.jpg
かーわいい♪S宮家のご子息です^^

そして完成したのがこちら!
DSCF8067.jpg
結局3種類作りました。

工作好きの血が騒ぎ、ひたすら折りまくって6個作りました。ふぅ~。

雛人形は玄関に飾りましたが、かぶとはまだ飾っていません。
これ以上、男らしくなったら困るし・・・。


白糠町公民館の図書室では「春のヨムヨムフェア」を開催中です。
読書の促進を目的に、図書室でのゲームや読み聞かせなどを行っています。

私も相変わらず本の虫なので、足繁く通う予定です。

皆さんも読書しましょうね~♪

なかなかブログアップできなくてすみません(汗

あんなことや
DSCF8067.jpg

こんなことや
DSCF8022.jpg

そんなこと
DSCF7954.jpg


書きたいことはたくさんあるのですが、ただいま作業に追われていまして、なかなか時間がありません。
DSCF8088.jpg

詳しくはまた!

この度、全国放送で白糠町の恋問海岸の紹介をしていただけることになりました。

放送内容、時間等はまだ確定ではありませんが、5月下旬の予定です。

その取材が昨日行われました。
DSCF7925.jpg
すごく寒かったので大変だったと思います。

DSCF7922.jpg

DSCF7923.jpg

恋問海岸のほか、鍛高譚や恋問館のオリジナルアイスも紹介していただけるそうです。

詳細が決まりましたら、また詳しくしつこくご報告させていただきますので、ぜひぜひぜひご覧下さい。

これで恋問海岸が有名になったらいいなぁ(´∪`*人)

この週末は山積みになっていた冬物と戦う決意をし、衣替えしましたー。

その様子は、引越しか?というくらいすごい状況になったので、写真はありません。

作業するには音楽が大事!ということで今回選んだBGMはこちら
DSCF7906.jpg
マダーナー(Madonna)のCD-BOX!

なんと11枚組です、値段を11で割ると1枚300円以下の計算です(@@)安っ!
ファーストアルバムはあまりの声の若さにひっくり返りそうになりましたが、私が好きなのはというか知っているのは3.4枚目あたりです。

これを聞きながら、作業を進め、捨てるものあり、洗ってしまうものあり、なんだかんだと1日作業になりました。っていうかまだ終わってません。

収納ボックスを買いに行ったら、欲しいサイズが売切れだし・・・。ショボーン。

そんな私の気持ちを知らないネコたちはこんな感じ。

もこはふと休んだ私のひざを陣取って寝る。
DSCF7908.jpg
寝るなーっ!起きろーっ!

くるみは私が立ち上がったスキに座椅子を陣取る。
DSCF7899.jpg

DSCF7904.jpg
上から見るとまんまるです。アンモナイトです。

そんなこんなで服と戦った週末でした。


そしてオマケ。先週の金曜日の夕日です。
急に部屋の中が紅くなったので外を見たらきれいな夕焼けでした。
DSCF7895.jpg
うーん。キレイ。こういう景色を見ると、白糠はいいなぁと思います。

白糠に移り住んでもうすぐ1年。

今さらではありますが、私がいちばん驚いたのは、実は「そばの色」でした。

釧路地方のおそばのスタンダードは「緑」なのです。ということで白糠のおそばも「緑」が中心です。
s-2011_0722_120717-IMG_0008.jpg

札幌ではまず見かけないというか見かけなくなったというか。
昔のお弁当やレストランでは見た記憶はありますが、今は全くないと思います。

極端に言うと「安いそばの証拠」的なイメージがあったのです。
だから、こちらで初めて見たときはギョッ!(@@)としたのです。

しかし、釧路地方では更科以外は緑がスタンダードで、味もちゃんとしているんです。

では、なぜ「緑」なのか・・・もともとそばの麺にいろんな材料を練りこむ文化があり、色の種類もっとあったんだそうです。しかし、着色料の制限などが厳しくなり、いまの「クロレラ」の緑だけが残ったそうです。

クロレラの緑といっても、その味がするわけではありません。味はいたって普通のおそば。

食べると美味しいんです。でも、緑の麺が当たり前という感覚には、今もなれていないかも・・・。

これはもう好き嫌いの問題ではなく、子供のころからの「刷り込み」です。ピヨピヨ。
おそば好きとしてはもっと経験を積まなくては。

釧路には北海道ミシュランで星を獲得したお店もありますしね。

2年目は「そばを極めたい」私です。

4月2日からNHKのBSプレミアムで放送が始まっている「にっぽん縦断こころ旅2012」
BSプレミアム こころ旅①
俳優の火野正平さんが視聴者の皆さんの投稿を元に、自転車で皆さんの「こころの風景」を辿るという番組です。

今回は千葉県からスタートして北上してくるそうです。

そして、7月には北海道を周るということで、現在、番組では北海道の皆さんの「こころの風景」を募集しているということです。

そこで、皆さんの白糠の「こころの風景」をぜひ応募してみませんか?白糠のいろんな風景を応募すれば、間違いなく火野正平さんが自転車に乗って来てくれるでしょう♪

募集要項はこちら
BSプレミアム こころ旅②
画像をクリックすると拡大します。(これをプリントしてFAXでの応募もできます。)

6月20日までに応募すると採用される確率が高くなるそうですよ、ぜひぜひ!ご応募ください。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ