オータムフェストへの出店が終わった26日、閉店作業を終えた私たちにはまだ仕事(?)が残っていたのです。

焼きししゃもの香りを全身にまとった私たちは猛スピードで着替えをし、次の現場へと向かいました。

それがここです。
DSCF3708.jpg
インターネットラジオUSTREAMの番組「いいべさ北海道」の収録スタジオです。

インターネットを使って生放送をしているこの番組。
LOGO.jpg
札幌在住の外国人が自分たちの目線で北海道の情報を発信していくという内容です。

今回、この番組内で道庁からのお知らせを担当している道庁広報課の田村さんからお話をいただき、白糠町の宣伝をさせていただけることになったのです。

そしてそして、この番組のパーソナリティの1人、進行役を務めているのが、アイシスなのです。
Isis~!

19時の放送に間に合うようにスタジオに着くと準備が着々と進んでしました。
スタジオ!
奥に座っているのがI係長とYくん、少し緊張の面持ち?

白糠町のコーナーはアイシスの希望で一番最後とのこと。

パーソナリティのみなさんの面白トークに笑いながら、出演時間を迎えました。

本番の様子はこちらでご覧下さい。
52分くらいから登場します。

↓こちらをクリック!
いーキタ!いいべさ北海道

9月22日(木)~26日(月)まで「さっぽろオータムフェスト2011」に白糠町が出店しました。

今回、販売したのは焼きししゃもと焼きツブ、鍛高ラムネです。
やる気みなぎるK氏

スタッフは先発隊と後発隊に分かれ、私は後発隊として24日(土)から参加しました。
白糠町のブースに到着しました~。
白糠町のブースに到着すると、すごい美人がお店に立っていました。

この方は2年前に半年間、「田舎で働き隊!」として白糠町へ酪農体験に来ていたANAのCAさんの新村さんです。すごくキレイで見とれてしまいました・・・。
ぱぁ~っ!
そして、私はやっぱりお笑い担当に徹しようと自覚したのでした。

ということでスタッフ入れ替え~!
DSCF3671.jpg

DSCF1720.jpg
真剣な表情をご覧下さい。

私がお店に立って、すぐに来てくれたのがカミングパラダイスのステージゲストとして出演してくれたスーパーパンツさんです。カンドーです(T^T)
1番目のお客様~。ステキですね。
うーん、やっぱり笑顔がステキです♪
悲劇のシソ王子も一緒に撮影
シソ王子も一緒に記念撮影☆
(王子はこのあと悲劇に見舞われることをまだ知らないのであった・・・。)

22日は天気があまり良くなかったとのことで、会場自体へのお客さんの入りがあまり芳しくなかったそうなんですが23日から徐々に回復、24日からは好天に恵まれ、お店の前に列が出来るほどの賑わいとなりました。

(実はこの記事、まだまだ続きがあるのですが、なぜか消えてます!
ギャー!(◎_◎;)
ということで続きはまた後ほど!)

つづくっ!

*********************************************

ということで、つづき。
しかし、なんで記事が消えてしまったんだろう・・・(-_-+)もうっ!

釧路・根室管内のお店の様子です。
浜中町は大所帯!
浜中町は鉄砲汁が人気でした。

ハンバーグ!
別海町は牛のサイコロステーキが早々に売り切れていたようです。
私はハンバーグを買ってみましたが、美味しかったー!

この期間中、フェイスブックでお友達になった方たちもたくさんご来店くださいました。
わたし、ガチャピンのようですね。
札幌の伊達さんと伊達の伊藤さん・・・伊達つながり?
おそらく30名以上の方が足を運んでくださったと思います。ししゃもをたくさん買っていただきました。
札幌に住んでいたころは全く面識のなかった方たちがこうして来て下さるのは本当にすごいことだなと思いました。ありがたいことです(^-^)
皆様ありがとうございました。

私の友人たちも来てくれましたー!
DSCF3678.jpg
このほかにも偶然なつかしい知り合いが来店、ということもありました。

そして可愛い写真(^o^)
おばあちゃんと来店してくれた男の子
ししゃもをパクッ!
ししゃもをパクッ!
おーいしぃ!これ!
おいしい顔をしてくれました~♪こっちまで嬉しくなりますね。

初日と最終日には強力な助っ人登場!
札幌のテレビやラジオで活躍中のIsis(アイシス)です。
お!いた~っ

看板娘!

シシャモーズ!
白糠町で昨年夏まで2年間英語の先生をしていたアイシスは今でも白糠町の人気者。

会場では鍛高ラムネの早飲みを披露して注目を集め、場を盛り上げてくれました♪
そのあとラムネの売り上げがどんどん伸びて、結局完売となりました!アイシスパワー恐るべし!!

最終的には22日は悪天候で客足が伸びず苦戦したものの、あとは好天に恵まれ、ツブとラムネは最終日に完売、シシャモを売り続けて閉店を迎えました。
ほぼノンストップで売り続け、全員声がガラガラ・・・。

撤収後・・・
祭りのあと・・・
がらーんとしてます。

ありがたいことにほとんど休むヒマがなかったので、8丁目会場を1周しただけで終わってしまい、他の会場やお店をじっくり見る時間はありませんでした。
私は今まではずーっと食べ歩く側で、今回初めて売る側となりましたが、たくさんのお店の中からいかに自分たちの商品を選んでもらうかが重要なのだということがわかりました。
ツブやししゃものいい匂いに誘われてというお客さんもいましたし、他のお客さんがおいしいと言ってたからと来店された人もいました。会場内のクチコミもあるんですよね。
いろいろと勉強になりました。

店の裏口から見た大通り公園
日が暮れていきました。
こうして2011年のオータムフェストが終わりました。

が、しかし。
私たちの仕事はここでは終わらないのです。

ということで、やっぱり続く!

いよいよ明日22日からさっぽろ大通公園で開催中の「さっぽろオータムフェスト2011」に白糠町のブースが登場します。
オータム ロゴ

白糠町のブースは大通西8丁目のふるさと市場の西側です。
DSCF3656.jpg

さてさて今年は・・・

まずはししゃも!メス3尾300円(予定)
yakishisyamo.jpg
白糠のししゃもの味は本物!
ししゃもは鵡川が有名ですが、その8~9割は道東産なのです。
太平洋を回遊し、身の引き締まった一番美味しいししゃもが獲れるのが白糠なのです。

「灯台ツブはどうだい?」・・・灯台ツブ3個400円(予定)
02_tsubu.jpg
白糠沖で獲れる灯台ツブは、おいしい三石系の昆布を食べて育っています。
身がやわらかく、アワビをほんのり甘くしたような味が特徴です。
「灯台ツブ」と呼ばれるのはとがった頭が灯台に似ているから、だそうです。


「ごくごく飲ムネ、鍛高ラムネ!」1本150円
IMG_8998.jpg
そして、私たちの努力の結晶「鍛高ラムネ」です。
ほんのり甘い赤シソとすっきり味の青シソ、どちらもおすすめです。
ぜひぜひ飲んでみてくださいね。


白糠町の出店は22日(木)から26日(月)の10:00~18:00まで。
皆様のお越しをお待ちしております!

先月末から白糠酪恵舎では牛乳や乳製品の消費拡大に繋るための、チーズを使用したデザートの創作・販売・調理講習会を展開しています。


その第1弾として8月末に行われたのが「お披露目カーニバル(試食会)」です。
釧路管内の、スイーツに定評のある人気店のパティシエが創作した、6種類のスイーツがお披露目されました。

そして、この第2弾として行われたのがこちら
DSCF3626.jpg
チーズdeスウィーツ販売カーニバルです。

試作会で紹介されたスウィーツを数量限定で和商市場のチーズコーナーで販売しました。

17日9時からの販売だったのですが、消防団員技能競技大会の会場から向かった私が和商市場に到着したのは正午近く。

売り場はすでにこんな感じでした。
DSCF3623.jpg
うーん、スカスカ(T^T)
予想してはいましたが、やっぱりでした。

白糠町の「レストランはまなす」のチーズプリンの美味しさはもう確認済み(◎保証つき)なので、それ以外のもの2品をゲット。
DSCF3633.jpg
全日空ホテル「リコッタのムース 苺とブルーベリーのジュレ」
ブルーベリーの果肉たっぷりのジュレとの相性がばっちりでした。(^o^)ウマウマ~。

DSCF3634.jpg
ガレットカフェイオル「リコッタのチーズプリン」
あっさりしていて食べやすく、あっという間になくなってしまいました(@o@)あれ?もうない!

売り切れてしまっていたチーズケーキとマカロンも食べたかった~(T^T)グスングスン

11月には第3弾「教えてカーニバル(講習会)」があるということなので、できたら参加したいと思います。


そして、オマケ。
この日のお昼ごはんはココで!と決めていた洋食屋さんがあったのですが、行ってみたら改装中・・・。
そこでくじけず、もうひとつ気になっていたスープカレーやさんを目指していったら・・・なくなってました。
タイミング悪いことこの上なし。

でも、その近くに人気のラーメンやさんをぐうぜん発見!
飛び込みました。
ひとりでラーメンやさんに入れない~という女性が多いようですが、私はひとりメシは平気です。
食べ放題と焼肉やさんはさすがに無理ですけど・・・たいがいのお店はだいじょぶです(`o´)」オシッ!

で、お店はここ
DSCF3630.jpg
「豪壱」です。お店は常に人が入って満席状態でした。

注文したのはここで人気の「朱坦坦麺」。
DSCF3627.jpg
辛さはほどほどですが、私の大好きな中国山椒「花椒」が効いていて舌がピリピリしました。

麺の量が思ったより少なかったので腹八分目、次はギョウザも食べてみようと思います。

どーも、ガブです。

このたび、私はとある訓練の潜入レポートに成功しました。
その現場はこちら
むむっ!この赤い車は!
巨大な赤いクルマ・・・

そこにはヒミツ組織が!
DSCF3515.jpg

しかも・・・ボスもいます!^^
DSCF3523.jpg

これは17日に行われた「消防団員技能競技大会」の練習の様子です。
DSCF3537.jpg
この競技大会では釧路管内の消防団員があらかじめ決められた作業の技術とタイムを競います。

この大会のために20日間、訓練をしてきたんだそうです。
この日は大会本番を2日後に控え、町長が激励に来たというわけです。

実はこの前の日の作戦会議の様子も見せていただきました。
ビデオでしっかり研究!
練習のビデオを何度も繰り返し見ながら、いかに秒数を縮めるかを話し合っています。
4年ごとに競技内容が変わるそうなんですが、今年が4年目ということで、他のチームもいろいろな対策を練っているため、実力の差はほとんどなくなっているので、いかにアクシデントなく確実にできるかということにかかってくるそうです。
ガンバロー!おー!
頑張りましょう!の乾杯です^^


そして、いよいよ本番を迎えました。大会は釧路市消防訓練場で行われました。
開会式の様子です。
DSCF3559.jpg
副大会長である町長の挨拶です。
DSCF3560.jpg
白糠消防団です。
DSCF3562.jpg

今回の選手宣誓は白糠消防団の町会議員の折出さんが務めたのですが・・・
DSCF3568.jpg
私の立ち位置が悪く、こんな写真となってしまいました。
慌てて顔が写せる場所に走ったのですが・・・宣誓が終わってしまいました。
せっかくの先生の宣誓だったのに・・。ゴホ、ゴホッ!

さて、いよいよ競技開始です。
競技には「小型」と「大型(消防ポンプ自動車の部)」があり、「小型(小型ポンプの部)」には白糠から2チーム、「大型」には私が練習にお邪魔した1チームが参加です。
小型の競技が先に行われました。白糠のチームは2番目と14番目。
DSCF3578.jpg
DSCF3581.jpg


DSCF3585.jpg
DSCF3588.jpg
DSCF3591.jpg
スタートから30秒間の闘いです。すごいスピードです。
競技中にミスがあった場合、実際のタイムに減点に対して決められた秒数を加算し、その合計で競います。
ですから、競技が終わって自分たちのタイムがわかっても、審査のあとで発表される減点に対して喜びや驚きの声があがります。

小型では白糠のチームが15チーム中4位(白糠第2分団)と6位(白糠第3分団)に入りました。
わー、パチパチ(^人^)

そして大型の競技、トップバッターが白糠です。
DSCF3600.jpg
スタート前はリラックスムード?

さあ、スタートです!
DSCF3607.jpg
DSCF3612.jpg
DSCF3614.jpg
大型は2箇所の的に放水する競技で、50秒くらいの競技です。
DSCF3616.jpg
DSCF3618.jpg
DSCF3617.jpg
緊張の時間があっという間に終わりました。
DSCF3622.jpg

単独の審査結果を聞いたところでは、思いがけぬところで減点があり、加算が多くなってしまいました。
しかし、私は大型の競技の結果はまだ知らないのです。

結果を知らないレポートなんてレポートじゃないだろ!!という突っ込み、ごもっともです(汗

白糠の実技を見た後、釧路市内の別のイベントに移動しなければいけなかったのでそちらに出向いてしまいまして・・・。
もし、結果をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ私にこっそりお知らせください。
どうかよろしくお願いします。

結果については、追記でご報告させていただきますので、ご了承くださいm(_ _)m

途中までの参加ではありましたが、この大会にかける皆さんの様子がひしひしと伝わってきました。
1度きりの競技ですから、練習の成果プラス、天候にも左右されたり、例えば足元が滑ったり、ちょっとした動作の違いが結果に大きく響いてしまう決して簡単な競技ではないということがわかりました。

参加された皆様、本当にお疲れさまでした。


****************************
結果について追記です。

白糠第1分団の大型競技の結果は14チーム中、第5位だったそうです。
なんと!タイムでは堂々の1位!!

ちなみに1位は標茶消防団だったそうです。
タイムでは勝っていたのにと思うと悔しいところですが、タイムと確実性を競う競技ですからね。

ぜひ来年からの新競技でも頑張っていただきたいと思います。

まずはテンプレートを変えてみました、文字を大きめにしております。
いかがでしょう(^-^)


さて、本日もシソ畑に出かけてまいりました。

苗を畑に移してからそのままにしていたビニールハウス。
草ボーボー
ご覧の通り、草ボーボー。わっさわっさ。ボーボー。ボーボボ。

この草を刈ります。
あっついなぁ・・・
草刈機とホーでの作業です。
今日はピーカンのお天気だったので、ハウスの中はすごい気温でした。

けっこうな量の草でしたが、根が深いものが少なかったので1時間もかからずに草刈りは終わりました。
DSCF3550.jpg
この通り、スッキリ!
人の力ってすごいですね。

そして、ここに足場を作り青シソを乾燥させます。
DSCF3552.jpg
これは、どのくらいの時間で、どの程度乾燥するのかを確認するための試験的な作業です。

ジュースだけでなく、シソの効能を生かしたいろんな使い道を考えたいなと思う今日このごろです。


そして、おまけ。
ありがたいことに同じ課のK係長のお母さんが作っている菜園から時々、野菜をいただいております。
先日、ささげをいただいたので胡麻和えを作りました。
DSCF3332.jpg
たくさんいただいたので、たっぷり作ったのですが、美味しくてすぐに食べてしまいました。
本当にごちそうさまでした(^0^)♪

前回に引き続き、シソのお話です。

畑のシソは日々、成長を続けています。
DSCF3501.jpg
赤シソにはピンクの花が咲いています。これがシソの実になるんですね。
DSCF3504.jpg

今日の作業はクエン酸入りの赤シソの搾汁液と青シソの搾汁液作りです。
赤シソはお湯だけで煮出すとえんじ色になりますが、クエン酸を加えると鮮やかなピンク色になります。
DSCF3480.jpg

DSCF3485.jpg
シソ王子が力を込めて搾ります。
DSCF3484.jpg
きれいなピンクですよね~♪
シソ王子の軍手もすっかりピンクに染まっていました。

DSCF3488.jpg
このように滅菌したボトルに詰め、出荷用に冷凍保存します。

赤シソ作業は午前で終わったので、次は青シソ作業。
DSCF3494.jpg

DSCF3492.jpg
青の煮汁は緑というよりは黄色です。
DSCF3496.jpg
これが加工されるときれいなグリーンになるのです。色素って不思議ですね。

青シソのボトルの写真は・・・また・・・撮り忘れました_| ̄|●…ガックリ。

これで搾汁液作りの作業は終了です。今後は葉っぱと株の出荷となります。
毎回思うことですが、シソの香りの中でする作業はとても心地よいです。これも癒しですね。

シソには本当にたくさんの効能があるそうなので、もっと勉強してお知らせしたいと思います。


そして、オマケ。
町内会のお母さんがお昼に作ってくださったおにぎりです。
DSCF3498.jpg
本当に美味しかったです(^o^)ありがとうございました♪

先週は道の駅での販売用にシソの葉を自分たちで取る作業をしていましたが、今週はいよいよ本格的な作業が始まりました。

ラムネや醤油、お漬物の原料として工場に出荷するための「しそジュース(搾汁液))」作りです。

このジュース作りは少人数では進まない作業のため、毎年、庶路の宮下町内会のみなさんにお手伝いいただいているそうです。

まずは朝刈り取った株から葉を取る作業です。
DSCF3460.jpg
私も参加しましたが、いろんな話をしながらの和気あいあいとした作業です。
その中で今年のシソはいい出来だという声があちらこちらから聞こえてきました。嬉しいです^^

そうして集めた葉を集会場の調理場に運び、重さを量って1回分の分量ごとに洗います。
DSCF3467.jpg
1.2キロあるのでけっこうな量です。

これを沸騰したお湯6リットルの中に入れ10分間煮出します。
DSCF3469.jpg
そうすると赤いシソの葉の赤が溶け出し、葉っぱが緑に変わるのです。
DSCF3463.jpg
これは驚きました(@0@)ヘエ~。

そして煮出したものをあらかじめ熱湯で消毒しておいたペットボトルに移すのですが、鍋に残った葉にも重石をかけ、さらに絞ります。
DSCF3465.jpg
シソリーダーが力を込めて頑張っています。
DSCF3464.jpg
最後の最後まで絞り、これで1回の作業が完了です。

ボトルの写真は・・・撮り忘れました・・・_| ̄|●
ペットボトルに入れて冷ましたあとは冷凍保存します。
ご家庭で作る場合は同じように消毒したガラス瓶に入れて冷蔵庫で保存すると1週間くらいは持ちます。
長く保存する場合はペットボトルに入れて冷凍保存するとよいそうです。

今回の搾汁液はお湯で煮出しただけですが、ここにクエン酸を入れると赤の色があざやかなピンクに変わるそうで、それを鍛高ラムネなど色がわかる商品に使うんだそうです。

この作業は今週いっぱい続き、4リットルのボトルに130本分ほど作ります。
1回の作業で6リットルですから・・・90回くらい繰り返すということですね。
本当に大変な作業です。


次はクエン酸バージョンのレポートをしたいと思います。
ちゃんと写真撮らないと・・・(汗

白糠町の南通り商店街を歩行者天国にして行うお祭り「第19回カミングパラダイス」が9月10と11日に開催されました。
商店街の人を中心としたカミパラ実行委員会が約2ヶ月前から準備を始め、とうとう本番を迎えました。

今年のテーマは「音」
音を響かせるイベントやゲームが企画されました。

開会式
実行委員長の挨拶と共にお祭りが開幕です。

パンパンッ!
メインキャラクターのパラ吉の神社・・・2日間お祭りを見守ります。

DSCF3432.jpg
たくさんの出店ブースの前では牛さんが牛乳をアピールしてます。

そんな中、毎年恒例で行っているイベント「鍛高ラムネ早飲み選手権」です。
鍛高ラムネ1本を飲みきって手を挙げた人が勝ちです。
ラムネ早飲み大会 小学生男子の部
小学生、けっこう早かったです(@o@)

ラムネ早飲み大会 大人女子の部
女子の皆さんも頑張ってました。勝ったのは左の女性^^

ラムネ早飲み大会 大人男子の部
大人男子の部、かなり早かったです。

このあと、夜のメインステージ札幌出身のヴォーカルユニット「Super Pants」のライブです。
SuperPants LIVE
パワフルな歌声とお客さんとの楽しいやりとりでステージも盛り上がりました。

客席の人を呼び込んでステージで一緒に歌います。
ラストはパラ吉もステージへ!
最後は「One for All」というオリジナル曲のあと、アンコール曲を1曲歌い盛り上がったステージも終わりました。


そして翌日・・・スタートは白糠の郷土芸能「白糠駒踊り」でスタートしました。
DSCF3417.jpg
シソリーダーのKさんはここでもリーダーを務めます。

DSCF3419.jpg
先頭はシソの民改め「白馬の王子」Yくん、次がシソ王子改め「◎◎王子」Rくん、Rくんは駒踊り初デビューを飾りました。

DSCF3425.jpg
駒踊りを見ていたメインステージのゲストSuperPantsさんとスタッフ、そしてこのために札幌から来てくださった応援隊の皆さんです。
今回、皆さんが白糠に来てくださったのはインターネットのFacebook(フェイスブック)を通じて知り合ったことがきっかけでした。私が札幌にいた頃は全く面識のなかった方々と、こうして協力し合い白糠に来ていただけたことは私にとっても本当に嬉しいことでした。

「こんなに大きなお祭りだと思わなかった!」「本当にいい町!楽しい!」と喜んでいただけましたよ。

皆さんをお送りしたあと、私はちびっこ縁日のお手伝いをしました。
DSCF3428.jpg
DSCF3430.jpg
ちびっこたちは輪投げに夢中♪景品がなくなっても遊び続けていました^^♪

そしてそして、私が体験したかったのはコレです、コレ!
DSCF3361.jpg
ロボキリン!
DSCF3362.jpg
小さな子供たちを乗せて高いところから会場を見せようというものなんですが・・・
どうしても乗りたい!と閉会間際に乗せていただきました^^;
DSCF3445.jpg
手前にうつっているのはキリンの角です。

DSCF3444.jpg
10m以上の高さから見るカミパラ会場です。
快晴とはなりませんでしたが、暑くもなく寒くもない過ごしやすいお天気の2日間となり、お祭りは閉会しました。


このお祭りには美味しい食べ物の出店もたくさんありましたが、私が選んだお昼ごはんはこれでした。
DSCF3436.jpg
女性団体の会で出店していたおそばです。
まさにお母さんの味、とっても美味しくて満足しました。

私にとっては初めてのカミパラでしたが、このお祭りで感じたことは、すべてを手作りで運営する実行委員のみなさんの力がすごいということです。町の人が力を合わせて、アイデアを持ち寄り、デザインもすべて自分たちで、と本当に一生けんめい作っているお祭りで、本当にいい意味で驚いたイベントでした。

もともとは町の子供たちを楽しませるために始めたお祭りなんだそうです、そしてそれは今もちゃんと受け継がれていて、小さな子供たちが安心して遊び回ることができる環境になっています。たとえ小さなお祭りでも子供の手を離して遊ばせるということは都会では決してありえないことです。本当にいい環境だなと実感しました。

さて、来年は20回!
ますますパワーアップしたカミパラでもっともっとたくさんの人を集めたいなと思います。
夢ふくらむイベントです♪

5月から大切に育ててきたシソがいよいよ収穫の時期を迎えました。

8月はこうでした。
DSCF2547.jpg

そして今・・・赤は・・・
DSCF3336.jpg
青も・・・
DSCF3334.jpg

DSCF3335.jpg
ずいぶん立派になられて・・・母はうれしゅうございます/(T^T)うるうる

これをまずは道の駅での販売用に収穫します。
DSCF3338.jpg
株ごと刈り取り、手作業で葉を1枚1枚とっていきます。
DSCF3341.jpg
きれいな葉を選別しながら、もくもくと手作業を続けます。
ひたすらぷちぷちと葉っぱを取っては箱のなかへ・・・実に地道です。

家内性手工業という言葉を思い出しました。マニファクチュアですね。
でも工業ではないか・・・。

そしてこれをビニール袋に詰めて重さを量ります。
DSCF3343.jpg
これ一袋が400g、シソジュース2リットル分です。
2リットルといってもそのまま飲むのではなく、濃縮シロップと同じようにソーダや焼酎で割ったり、ソースにしたりといろいろ楽しめます。

この1袋分を取るのに3株ほど、2人で約1時間かかります。
1日で10袋程度です。けっこう大変です。

そして、これを畑からまっすぐ道の駅に納品します。
DSCF3348.jpg
このようにシソジュースのレシピつきで販売しています。
DSCF3349.jpg
400gで500円、けっこう人気があり、事前に予約という方もいるんですよ。

自分たちが作ったものが商品になるって不思議な感覚です。
でも、それを喜んでくれる人がいるのは嬉しいことですね。

今日から、大葉の販売もしています。
ぜひ、みなさん、私たちのシソをご賞味ください。


今日のオマケ

選別から外れた大葉を使って、パスタを作ってみました。
DSCF3353.jpg
シソぺペロンチーノです。とってもいい香りがしましたよ。


さらに今日はもうひとつオマケがあります(虫がニガテな人は見ない方がいいと思います)m(_ _)m
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ