本日は、白糠町に住む高齢の方たちのための学習機会を作る目的で開講されている「白洋(はくよう)大学」の集合学習会にお邪魔しました。

今日、参加されていたのは約80名、開会式では校歌斉唱もしました。
DSCF2518.jpg

午前の学習は「らくらく介護術 中級編」ということで車椅子の使い方について学びました。
まずは椅子に座っているところから、人はどのようにして立ち上がるのかということを検証します。
DSCF2523.jpg
頭を前方に傾け、体重移動することで立ちやすくなる。ということなんです。
うむ、言われてみると確かに。

そして車椅子に乗ってみます。
DSCF2526.jpg
大切なのは乗り降りの際のブレーキと手足の位置、なんだそうです。
DSCF2529.jpg
自分で方向を決めながら進んでいくのはかなり大変そうでした。

さらに、スロープや段差の進み方。
DSCF2532.jpg
乗っている方にとっては上る時よりも降りる方が怖いんだそうです。
なので登りは正面から上がり、降りるときは逆を向いて背中から降りるようにするということでした。

こうして午前の部は終了し、お昼となりました。
午後の学習は「アイヌ刺繍教室」
DSCF2540.jpg
「白糠アイヌ文化保存会」の女性の指導のもと、アイヌ文様の刺繍を行いました。

DSCF2542.jpg
基本はチェーンステッチで、模様の端に十文字のステッチを入れるのが特徴です。
DSCF2543.jpg
細かい作業なので、みなさん真剣に頑張っていました。
私もついつい無口になってしまいました(^^;)

そして出来上がりです。
DSCF2545.jpg
右の青いのが私の、です。色合いをもっと考えればよかったなー。

もともとこういうことは好きですし、無心でできるので、ちょっといいかもと思いました。
また違う文様も作ってみたいす。

ということで、本日の学集会は終了しました。
ふだん、なかなか学べないことができるのは楽しいですね♪


そしてオマケ。
昨日の川釣りの写真をいただきましたー♪
IMG_0687.jpg
IMG_0691.jpg
釣れたのはウグイです。
これ1匹のみで満足しました(^o^)/

ではでは。

本日、教育委員会が行っている「ふるさと未来塾」の第2回目が行われました。

今回は川釣りと酪農体験に出かけました。子供たちは夏休みで元気いっぱい!

まず向かったのはこちら
DSCF2442.jpg
茶路川です。すごくいいお天気です。

DSCF2445.jpg
えさの付け方や注意点などを学びます。

いざ川へ~!
いざー!じゃぶじゃぶ
自分のポイントを決め、釣り糸をたらします。
s-DSCF2449.jpg
ほどなくして釣れました!
釣れたー!
やったー!
このあと子供たちは次々と魚を釣り上げました。

私はまずは足だけ入って川の観察
見えるかなー???
ちっさい魚、見えますか?ウグイの子だそうです。

釣りを楽しんだあとは川遊び♪
いっぱい流れてます・・・いいなぁ。
流れて遊ぶ子
大物探し
たもを持って大物を探す子
魚の勉強
釣った魚で学ぶ子

それぞれに楽しんでいました。私はこの間、魚釣りを楽しみました♪
町から15分ほどの場所にこんなにいい遊び場所があったんですねー。
クセになりそうです^^

そして、川遊びを終えて次に向かったのは牧場です。
s-DSCF2504.jpg
中河ノブファームさんにおじゃましました。

ウシの大きさを学ぶ
ここではバターづくりと牛乳豆腐(カッテージチーズ)作りを体験します。
ミルクを振りながら学ぶ
牛乳を生クリームを混ぜたものを一生けんめい振りながら、牛乳豆腐作りを見学します。

バターだよ
できたバターがこれ!

このバターを使って、サンドイッチを作るのです!
s-DSCF2505.jpg
大きな木の木陰、いい風景です。

s-DSCF2509.jpg
ここに用意されたのがとれたての野菜と、牛乳豆腐などなど。
DSCF2510.jpg
青空の下で思い思いのサンドイッチを作りました。

私のはコレ!
ウマイヨ、ウマイヨー♪
すっごい美味しかったです!絞りたての牛乳も甘くて美味しい!
s-DSCF2506.jpg
こんな体験はしたくてもなかなかできないですよね。ほんとに幸せです。

このあと、子供たちは牛についての勉強ということでしたが、私は仕事に戻るため、ここで帰ってきました。
かわいい♪
かわいい子牛もたくさんいましたよ^^

中河ノブファームさんでは、予約をすればこういった体験ができるそうです。
私もまたゆっくりおじゃましてお話を聞きたいと思っています。
詳しくはそのときにでもまた♪

子供たち以上に私が満足した未来塾でした^^

日曜日は厳島神社例大祭の本祭りでした。

私は朝から神輿渡御に参加させていただきました。
DSCF2173.jpg
出発地点は南通り商店街。
マイケル君とリー君
ALT(Assintant Language Teacher)のマイケル君とリー君も裃を着て参加です。

西茶路の町を練り歩きます。
DSCF2195.jpg
将来を担う後ろ姿♪
勇ましい後ろ姿^^
DSCF2207.jpg
獅子舞に頭を噛まれると幸せになるということで、ちびっ子たちが玄関前で待っています。
泣いてます^^
獅子舞が怖くて泣いてしまう子も多かったです。

途中、食事を取りながら町の渡御を終え、南大通に戻ると、今度はパレードです。
DSCF2241.jpg
駒踊り音頭としぐれ音頭の合同パレード。

神輿パレードの先頭は子供神輿♪ちびっ子が一生懸命担ぎます。
DSCF2245.jpg
続くのが西庶路のお神輿
DSCF2250.jpg
DSCF2270.jpg
今回もかわいい後姿をパシャリ♪

このお祭りのために全道から神輿会32団体が集まり、子供神輿を含めて5体のお神輿が並びました。
DSCF2278.jpg

白糠町の郷土芸能「白糠駒踊り」も披露されました。
跳ねる若駒!

パレードの最後はJR白糠駅前を「地ずり」と呼ばれる低い位置で運びます。
これは体力的にそうとうキツいんだそうです。
DSCF2316.jpg

このパレードを終えるといよいよクライマックス!
海中神輿です。

白糠漁港の東の浜に向かいます。
DSCF2327.jpg
海に入る前に気合をいれ、
DSCF2334.jpg
波に向かって進んでいきます。
DSCF2335.jpg
DSCF2351.jpg
DSCF2369.jpg
例年よりも波が高かったそうで、高い波に神輿が隠れてしまう場面もありました。

たくさんの歓声に送られ、神輿が宮入りします。
DSCF2399.jpg
800キロの神輿を担いで80段の階段を上がります。
s-DSCF2406.jpg
ご神体の宮入りです。
DSCF2421.jpg

DSCF2423.jpg
社殿で「還御祭」が行われ、3日間のお祭りが無事に終わりました。

私自身、こうした神事を最初から最後まで見たのは初めてでしたが、とても貴重な体験をさせていただきました。
札幌にいたころは、神輿を見ようとも思わなかったですし、出店を楽しむのがお祭りという感覚だったので、今回のお祭りに参加し、とても勉強になりました。
年々、このお祭りに参加してくれる人が増えているということですが、来年はもっと宣伝して、もっともっとたくさんの人に見てもらえるようにしたいと思います。
DSCF2372.jpg
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

白糠町の厳島神社の例大祭が始まりました。

DSCF1941.jpg
厳島神社は国道38号線に面しているのですが、社殿に登る階段の途中には・・・
DSCF1934.jpg
JRの線路が走っています。遮断機はありません。

私は昨日の神輿の組み立てから見せていただくことができました。
DSCF1938.jpg
これが組み立て前です。

社殿前に運んで作業が始まりました。
DSCF1959.jpg

DSCF1968.jpg
DSCF1974.jpg
脚の部分にさらしを巻き、担ぎ棒と神輿を縄でしっかりと固定していきます。
DSCF1982.jpg
海中神輿のため、一般の神輿にくらべると傷みやすいそうです。

固定が終わったら飾りつけ、縄をかけ、鈴を付けます。
DSCF1993.jpg
最後に撮影!
DSCF2010.jpg

そして夜は宵宮祭
DSCF2074.jpg
DSCF2064.jpg
本祭りに備えます。

お神輿にご神体をうつす儀式は宮司が一人で行われているそうです。

そして、今朝の社殿での例祭が行われました。
DSCF2082.jpg
役場の皆さんも行列に参加です。
DSCF2087.jpg
DSCF2113.jpg

この間に神輿は出発地点に運ばれます。
DSCF2102.jpg

出発地点となるのは、白糠地区の東の端、刺牛(さしうし)の漁師さんの家の前です。
ここで発輿祭が行われました。
DSCF2124.jpg

いよいよ神輿渡御の始まりです。
DSCF2139.jpg
開始後、大粒の雨が降る瞬間もありましたが、現在は太陽も出てきました。

この神輿渡御は丸2日をかけて、白糠の町を練り歩きます。
明日は私も終日、この行列に参加します。海中神輿を見るのは初めてなので、とても楽しみです!

今日はJR白糠駅前で、どさんこワイドの中継がありました。
DSCF2014.jpg
スタッフの皆さんです。
朝の放送から、お絵かきの時間まで数回にわたって中継があり、その都度リハーサル。
DSCF2035.jpg
お絵かきに参加する人の募集をかけたあと、どんどん人が集まっていきました。テレビってすごいですね^^

DSCF2039.jpg
お絵かきをする人は1人ですが、その募集に62人も応募がありました。

そしていよいよ本番です。(私はいなかったのでY君に撮影をお願いしました。)
DSCF2046.jpg

お絵かきは見事正解で賞金1万円獲得だったそうです。
DSCF2055.jpg

番組が終わってからも、応募者を集めてお絵かきゲーム大会などをしたそうです。集まった人たちを楽しませてくれるんですねー。放送が終わったらすぐに引き上げるものかと思っていたので、びっくりしました。

最後にオマケ。私のびっくりです。
中継会場の人の集まりが少なかったときのためにと、役場の女性数名がいちおう待機していたのですが、順調に人が集まっていたので、ほっとしてスタッフさんの後ろでのんびり見ていたところ、「あのー、これを持って立って欲しいんですが」と紹介する予定の「つぶ子ちゃん」を持たされました。
「は?私ですか?」と戸惑っていると、自慢のジーベックをはぎ取られ、カメラの前へ・・・。
DSCF2034.jpg
こんなはずではなかったのに・・・。

お恥ずかしい姿をお見せしてすみませんでした^^;

昨日、新日本プロレスのチャリティーマッチが白糠町総合体育館で行われました。

私はお手伝いとして参戦、いえ参加でした。

マスクを被って出ようかな、とか、レーザーレーサー着ようかな(水泳用だ)、とかさんざん騒いでいましたが、そんな実力はないのでお手伝いに徹することにしました(当たり前だ)。

私が着いた時の会場はこんな状態でした。
DSCF1847.jpg
床に緑のシートを敷き詰めてあります。

ここから出動!って私はたいしたことはしていないんですが。
DSCF1851.jpg
トラックからどんどん荷物を運び出し、
DSCF1850.jpg
リングを作る準備が進んでいきます。

あっという間に会場らしくなっていきます。
DSCF1854.jpg
椅子もきっちり並べて・・・。

DSCF1858.jpg
リングにはロープ

ここまで2時間くらいでしょうか。早い早い。
DSCF1849.jpg
そして夜7時にスタートしました。

私は前半はほとんど受け付けにいたのですが、リングの方からすごい音と歓声が聞こえてきていました。
後半は試合を見せていただきましたが、ファンの人たちの興奮がすごかったです。
DSCF1878.jpg
獣神サンダー・ライガーのチーム

DSCF1906.jpg
そしてそして、タイガー・マスク

やはり人気は新チャンピオンの棚橋選手
DSCF1921.jpg

えーと、後ろ姿ばかりですみません。入り口から撮るとこうなりました。
正面のすがたはご想像ください。

白糠でのプロレス興行は初めてでしたが、大いに盛り上がりました。
プロレスファンはたくさんいるんだなぁと思いました。

選手たちはこの日のうちに帯広まで戻り、次の日には函館に行くということでした。
この会場にもたくさんのダンベルが持ち込まれていましたが、毎日トレーニングを欠かさずに筋肉を維持しているんだそうです。ものすごい努力なんですね。やはりプロです。

試合のあと、私たちはすぐに撤収作業に取り掛かり、終了したのは夜の11時。
皆さん、お疲れさまでした。

しかし、白糠ではまだまだイベントが続きます。

私も体力を維持してがんばります!

気付けばもう水曜ですね(@-@)

サボり過ぎですみません。

今日はプロレス参戦のため、先ほど帰ってきました。

詳しくはあした!


すみません、おやすみなさい…zzZ

今日は西庶路神社例大祭でした。

昨夜の白糠はまたまたどしゃ降りだったので、今日はどうなることかと心配しましたが、お昼近くには小降りになり、ちょっと安心。

クルマで西庶路まで出かけました。白糠市街からクルマで東に15分ほど走ると西庶路です。

西庶路神社です。
これが西庶路神社です。

お神輿を担ぐ人たちが集まっていました。
DSCF1766.jpg

まずは西庶路音頭のパレードがスタート。
いよいよスタート!
DSCF1772.jpg
神社の手前から西庶路駅のある国道方向へ進んでいきます。

そして神輿渡御が始まりました。
DSCF1780.jpg
残念ながら、先頭を飾る予定だった子供神輿は雨のため中止になったそうです。

二体並んでの徒御です。
DSCF1805.jpg
ちびっ子が神輿の上で勇ましく笛を吹いています。
DSCF1803.jpg
たくさんの人が担ぎ手を交代しながら進んでいきます。
DSCF1790.jpg
DSCF1819.jpg
私的にはやはりちびっ子の活躍がよかったなと思います。

こんな微笑ましい光景も
DSCF1818.jpg
かわいいです(^-^)♪


と、ここまでは良かったのですが・・・。

この渡御は西庶路駅まで行き、折り返してから神社に入るということだったので、私はいったん会場から離れ、予定時間に戻ったところ・・・時、すでに遅し・・・。でした !!!○| ̄|_ ガーーーーンッ!!!
雨が強くなったので、時間が早まったのでしょうか。

一番大切なところを見逃すなんて、大失態です。

もう、私のバカバカバカ!

反省...。猛省...。役立たず。


次の週末は厳島神社の例大祭、今度はしっかりレポートさせていただきます(`-´)ゝビシッ!

今日は役場の職員約70名を動員し、白糠町の海岸清掃を行いました。

この漂着物は東日本大震災の津波でさらわれたものが多く、震災後3ヶ月たったころから北海道の太平洋沿岸に漂着し始めました。
隣の釧路港には小型船、音別町にはコンテナとかなり大型のものも流れてきています。

白糠町にもいろいろなものが流れ着いており、私たちの課で、何度か撤去作業もしましたが、数名ではとても手に負える量ではないので、今回役場の人を集めて一斉清掃を行ったのです。
DSCF1739.jpg
DSCF1745.jpg
道の駅「しらぬか恋問」に集まり、町長の挨拶とともに清掃をスタートしました。

恋問(コイトイ)海岸を中心に東と西に漂着物を拾いながら進んでいきます。
DSCF1748.jpg
漁港で使っていたと思われる発泡スチロールのケースやロープがたくさんあります、他にも木材なども多く流れ着いています。

今日は天候が悪く雨の中での作業となりました。
昨夜の土砂降りよりはいいとは言え、雨足の強くなる時間もありましたが、晴れて暑苦しいよりはよかったのかもしれません。

拾う前の状況です。
DSCF1749.jpg

拾った後です。
DSCF1752.jpg

DSCF1753.jpg
最後は集めたものを道路側に寄せながら、スタート地点に戻って終了です。

おそらく回収物は何トンもの量になったと思いますが、それでもまだ全体の数分の一しか終わっていません。
今日やったところにもまた新たなものが流れてくるでしょうし、正直終わりの見えない作業ですが、頑張るしかありません。

白糠町の自慢の海岸を元に姿に戻すための努力は続くのでした。


本日のオマケ
慢性疲労の18歳☆
力有り余る?シソ王子です。
18歳の回復力には毎回驚かされます(@o@)ヒョエー!




昨日、仕事で浜中町へ行きました。

5月に白糠町に生まれて初めて来た私ですから、釧路を越えたことは今までありませんでした。

釧路を抜け、かきの町・厚岸町を通り浜中町へ約2時間の道のりでしたが、とてもお天気がよく厚岸の海岸や霧多布湿原を抜ける道はとても快適でした。

目的地はここ「MO-TTOかぜて」という浜中町の施設です。
DSCF1693.jpg
牛の「モー(MO)」と「かぜて(仲間に入れての北海道弁)」から名づけられたそうです。
広い敷地はキャンプ場などがある多目的広場になっていて、その中にあるのがこの「製品開発加工体験施設」です。
DSCF1694.jpg
普段はアイスクリームやソーセージ作りが体験できるそうです。

今回はここでバター作りの見学・試食会を行ったのです。
DSCF1696.jpg
バターつくりの指導をしてくれたのが、白糠が誇るイタリアンチーズ工房「白糠酪恵舎」代表の井ノ口さんです。
バターを作るための材料や条件等の説明をしながら、実際にバターを作っていただきました。
DSCF1697.jpg
まずは生クリームをバターチャーンという機械に入れて、回転させます。5分ほどで生クリームは脂肪分とバターミルクに分離します。このバターミルクを乾燥させたものが「脱脂粉乳」だそうです、知らなかった(@o@)!
DSCF1698.jpg
DSCF1700.jpg
バターつくりにもっとも大切なのは温度管理だそうです。
ペットボトルに牛乳を入れて振り、バターを作るという体験がありますが、それで失敗するのは手の温度で牛乳の温度が上がってしまうからなんだそうです。

この脂肪分を2,3度水で洗います。
3度目くらいには水がほとんど透明になります。
DSCF1701.jpg
そうして取り出したものが、無塩バターです。お菓子作りに欠かせませんね。
DSCF1703.jpg
味見をさせていただきましたが、口に入れた感じはバターそのもので、塩気がないかわりにミルクの香りがふわーっとしていました。

今度はここに塩を加えてなじませ、余分な水分を取り出します。
DSCF1708.jpg
混ぜていくうちに脂肪分にはじかれた水分がどんどんバットにたまっていくのがわかりました。

水分がなくなったらバターの完成です。
DSCF1715.jpg
型に入れて成型をし、ペーパーで包んで冷凍庫へ保存です。
DSCF1716.jpg
塩を加えたバターは自分がよく知っている味になっていました。

実はこのバターにあるものを加えて釧路地域オリジナルの新製品を作るというのが本当のテーマだったですが、それはまた後日、報告したいと思います(^-^)

白糠酪恵舎は茶路にある工房をさらに大きくしている最中で、代表の井ノ口さんも新しい商品づくりに力を入れているというお話をされていました。
工房におじゃまさせていただくということで許可もいただいたので、近々潜入を試みたいと思います。

8月の終わりには釧路でのスイーツイベントにも参加するということでしたので、それもできたらレポートしたいと思います。また、楽しみが増えましたー♪

プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ