昨日とはうって変わっての晴天。でも、風は冷たいんですよねー。

そんなときは、畑です。って、昨日はあまりに寒かったのでシソの様子が気になって仕方がなく、畑作業をリクエストしました。

前回、雑草取りをしたのが25日ですからねー。そろそろ様子見ないとねー。

ということで、成長っぷりをご覧ください。
わかる?わかる?
ちなみに前回はこちらかいわれ?
大きくなってます~♪♪♪ 赤シソはそれらしい色がついてきました。

青も順調~♪♪♪こっちもマジ育ってるっす。

でもやはり雑草がすごいので、「このやろ」とつぶやきながら雑草取りに励みました。

そうそう、畑に着いてみると、ハウスのビニールに穴が開いていました原因は不明です。
でたーっ!待望の2ショット!
穴の上から補強用のビニールテープを貼ります。
満面の笑みで作業する若手二人の生き生きとした様子をしばしご覧ください(笑

一方、シソリーダーのKD氏はクールに水撒きをしています。今日も耕運機の調子がイマイチだったので大変そうでした。
いつもクールな?KD氏
ちなみにKD氏は大葉に愛情を注いでいます。

シソ王子とY君はAKBと青ちりめん、私は赤ちりめん。

なぜかというと、それぞれ自分が種を蒔いたから。(注:AKBの種はありません)

自分が蒔いたという責任感と愛着でおのずとひいきにしちゃうんですねー。

こんなに愛情を受けているシソさんたち、立派に育つんだぞーーー!

つづくっ!


週明けの今日は午後から「白糠町転入教職員町内視察研修」がありました。
この春から白糠町の小中高校の先生になった方と、役場の新採用の職員が集まり、白糠町について学びました。

わたしにとっては小学生たちと学んだ「ふるさと未来塾」につづいて2つ目の研修です。

講師を勤めてくださったのは白糠町教育委員会の文化振興係長です。
大人30名以上のバスツアーとなりました。町内のいろいろな石碑や文化財をめぐります。

DSCF0218.jpg
ウレシパ・チセ(アイヌの村の中心施設)ではアイヌ文化について説明を受けました。
DSCF0219.jpg
貴重な資料などもたくさんあります。アイヌ伝統を受け継ぐお祭りや民族音楽のライブもここで行われているそうです

そのあとは白糠町を代表する郷土芸能「白糠駒踊り」の発祥の地や農業・畜産発祥の地の石碑をめぐります。

西庶路コミュニティセンターには昔の炭坑についての「石炭資料室」があり、当時の様子を再現したコーナーや昔の道具なども展示されていました。
DSCF0228.jpg

DSCF0230.jpg
年表などをじっくり読み始めると時間が足りないくらいでした。

もともと歴史は得意ではなかった私ですが、白糠町の歴史はアイヌ文化と深く関わっていてとても興味深いです。もっと詳しく勉強しようと思います。


今日の白糠町はすごく寒くて、私には3月くらいの寒さに感じました。コートにマフラー、それでも寒い。
道東の四季、なめたらいかんですね。

余談ですが、昨日、床暖房のスイッチを入れたらエラーのブザーが鳴って動きませんでした。ボイラー工事でお世話になっている会社に電話を入れ、今日見てもらったところ・・・。
センサーのコードが切れていたとのこと。
しかも何箇所も・・・。

犯人確定。コイツ。もこ。
なにさ
数日前、ボイラーのある玄関に隠れたまましばらく出てこなかったのです。

しかも、普段からコードを見ると噛み付いていて、携帯の充電コードを3本ダメにされた過去がございます。
もこは玄関出入り禁止確定~。

さきほど、98%くらい書き終えたこの記事が・・・消えました。
あんなに頑張ったのに・・・。どこにいったの?カムバーック!

気を取り直してもう一度。

5月5日に書いた「住宅事情」という記事の中で、「うちは上水道も下水道も通っていますがうんぬん」と書きましたが、そこにまつわる出来事がございました。

水道の検針票が数日前に玄関に入っており、詳細を見ると、上水道には使用量と概算金額が書かれていたのですが、下水道のところにはすべて「*」印が入っていました。
「ああ、引っ越してきてそんなに使ってないからかなぁ」と思っていたのですが・・・。

その後日、職場で「水道の検針票届いてましたよー。上水道はいくらいくらで、下水道のところは「*」になってたんですよねー。使う量が少ないからですかねー。」と話したところ、わたしの隣の座っている元水道課のY君が「え?ほんとですか?それは・・・気になりますね。」と水道課に確認に行きました。

そして、戻ってきてひと言「「あそこには下水道通ってませんでした。」

え?・・・通ってない?・・・じゃあ、私の...はどこに?

私「でも、水洗だよね。」

Y君「見た目水洗でもそれがどこに処理されているかってことなんですよ。」

私「全部、上水道でまかなってるとか?」

Y君「それはないですねー。」

私「そういえば、私、トイレ使ってないかも(大ウソ)」

Y君「いや、もし汲み取りだとしたら、家の周りにこのくらいのフタ(栓)があるはずなんですけど。」

き、記憶にございません。

Y君「どうなってるんでしょうね、大家さんに聞いてみた方がいいかも。」



と、ドキドキしながら、家に帰ると・・・ありましたよ・・・「このくらいのフタ」


その「このくらいのフタ」には「汚」と書かれていました。間違いない。

いやぁ、無知ですねぇ。トイレも人も見た目だけで判断しちゃいけないって教訓です。(ホントか?)

汲み取りの申し込みの方法を聞かなくちゃ。


と、いつもでしたら写真を載せるところですが「フタ」の写真を見せるのもどうかと思いますので、ここで「ねこ紹介」をしたいと思います。私と一緒に白糠町に引っ越してきた2匹です。

特技は散歩です。
2006年1月生まれの「くるみ(♀)」です。体重5キロのデブちんです。性格は「おネコ好し」

これが基本姿勢です。
2006年7月生まれの「もこ(♀)」です。体重3キロ「頭脳戦ならおまかせニャ」

2匹とも里親募集で出会いました。

くるみは人が大好きで、人なつっこい「営業部長」。

もこは超人見知りで、知らない声や音が聞こえただけで気配を消します。一度隠れるとなかなか見つかりません。でも、くるみに対しては体力勝負以外は強気(笑

こんな2匹と暮らしています。
今後もたまに登場すると思いますので、どうぞよろしくお願いします。


ううぅ~っ、引き続き筋肉痛です・・・<(-_-;)イタイ、イタスギル、ワタシ
カラダなまりすぎです、反省。

さて、草刈りを頑張ったあとにはお楽しみが待っていました。
DSCF0193_S.jpg
おいしい日本酒を飲みながらの「ホッキのしゃぶしゃぶ」パーティですー。

このホッキよく見ると・・・DSCF0192_S.jpg
内側にやわらかい卵をかかえているんです。白子のようにとろとろしています。
これは今時期だけの貴重なものなんだそうです。
私ももともとホッキは大好きですが、卵を持っている時期があるなんて初めて知りました(@o@)

もちろんお刺身で食べても美味しいんですが、今回はこれを昆布だしのおなべでしゃぶしゃぶで食べるのです。
DSCF0194_S.jpg
さっとお湯をくぐらせて食べると、これがまたおいしいーーーーーんですっ!
DSCF0195_S.jpg
みんなおいしい顔になっちゃいます♪
おなべの中でダシを吸ったお豆腐もいいお味になっていました。

そして、もうひとつの目玉がこちら
DSCF0187_S.jpg
サクラマスの煮付けです。カマサイコー!ワタもおいしく煮付けられています。

身もこんなに!DSCF0188_S.jpg

DSCF0189_S.jpg
味がしみてて最高でした。
漁師さんであり、ハンターさんでもあるMさんのお父さんの手作りだそうです。

普段食べられないものばかりでお腹を満たしました。
日本酒の写真は取り忘れました・・・食べるのに夢中で・・・。

めいいっぱい働いたあとにこんなに美味しいものを食べられるってほんとに幸せですねぇ。
海の幸を満喫させていただいた夜でした♪
お誘いいただいた皆様、本当にありがとうございました。


次の記事は「山の幸」です!つづくっ!

ただいま、全身のいろんなところが筋肉痛です。
時間とともに痛いところが増えていく・・・。
もう若くないから、反応もイマイチ遅いのか。ひぃーーーっ。


筋肉痛の原因はこちら
草刈民子です
キャー!カッコいい!私!(笑 金属探知機ではございません。

この日の作業は上茶路にある「青少年旅行村」のキャンプ場(テントサイト)の草刈り作業です。
このカッター、発動機ついてるのでけっこう重いんですよ。しかも振動がすごい。

白糠町は海沿いと山ではぜんぜんお天気が違います。この日も海に近い役場の方はガスがかかって寒いくらいでしたが、山の方はぴかーんと晴れていました。
ひろーいキャンプ場なのです。
このように木の周りに笹がたくさん生えているので、それを刈ります。

ブッシュバスターズの皆さん
暑いくらいの晴天の中、午前と午後で約3時間、5人がかりでやっつけましたー。

そして、そのあとは草刈機をスコップに持ち替えて次の作業
どかーん。
キャンプ場に行く道の水はけをよくするために土管を埋めることになったので、そのための穴掘りです。
大きな石やアスファルトの塊が埋まっている土を掘るのは超~キツイ作業となりました。
穴掘り王に、オレはなる!A(穴)H(掘り)O(王)、AHO、いやいや。
私の力では歯が立たないので、男子のみなさんにほとんどやっていただきました。非力でホントすみません。
シソ王子Rくんは体力の衰えを全く見せずに笑顔で頑張ってました、さすがルーキー。

みなさんが作業の間、何もしないのも申し訳ないので、旅行村のきれいな写真を撮ってきました。(けして逃げたわけではございません。)
心洗われる新緑です♪
いまは新緑がきれいな季節、新芽が太陽の光ですごくきれいに光っています。奥には茶路川が流れています。

これは発芽から開花まで10年以上かかるという貴重なお花、ユリ科のエンレイソウ
10年かかって咲くってすごい
花の直径は6~7センチくらいかな?

これは野生のスミレ
可憐ですねー。
これは2センチくらい、普通に歩いていたら気付かないくらい、すごくちっちゃいです。

すもももももも
これはすももの木、白い花がたくさん咲いてました。

この青少年旅行村ではたくさんの貴重な植物や生物を観察することができます。
紹介したいとっておきの施設もあるので、それはまた後日。


今週はこのほかにも釧路空港へつながる道の花壇整備や、
道東圏の各町ごとの花壇が並びます。
道の駅「しらぬか恋問」の花壇整備もしました。
ここにも雑草がかなり・・・。
ここに幼稚園の子供たちがお花を植えます。
恋問のこの花壇では幼稚園の子供たちがお花を植えるイベントが行われます。

こうして準備を進める白糠町ではこれからがお花の季節、きれいな町並みになるのが楽しみー(^o^)

えー、Gabです。

ブログ更新をサボっていてスミマセン(汗

PC不調のため、画像処理が滞り気味なのと、

大変ありがたいことに夜間の給油(アルコールともいう)回数が増えておりまして・・・(^_^;)えへへ

ネタはたまる一方です。

今夜から集中連載する予定ですので、みなさまお付き合いよろしくお願いします。

えー、私、ちょっとボケております。
ipadを使ってる時にデスクトップのマウスを動かし、「あ、間違った」というのはよくあることだったのですが、昨夜はついにデスクトップの画面にタッチして「あれ?動かない」って思いました。アホです。ふぅぅ。
というわけで(?)、心機一転、テンプレートを変えてみました。前のは文字がうすくて見えにくかったのでこっちの方がいいかなと。いかがでしょうか(*^_^*)

さて本題、5月12日に種をまいたシソですが、暑かったり寒かったりの艱難辛苦を乗り越えて、
芽がでましたーーー!
きれいに並んでます♪
かいわれ?
わーい!わーい!(^o^)
小さいかいわれみたいなのが「シソの芽」です。まだギザギザしてないんですねー。

で、これをご覧ください。
雑草め~!
芽と一緒に雑草がわさわさと生えています。今日の作業はこの雑草取りです。
すごく細かい作業なのです。
この作業がけっこう大変、ちまちまと小さな雑草を抜いていくのです。
シソ王子はAKBに夢中w
シソ王子Rくんはこの通り、笑顔ですw

しゃがんだままの作業は腰にきますねー。休憩しながら頑張ってこんなにきれいになりましたー。
きれいになったよ♪
しかし、また2,3日もすると同じくらい雑草が生えるんだそうです。出たら抜く、の繰り返しです。
でも、シソのために頑張る!

そして今日、シソ畑に向かう途中、やっと見ました!
シカ!
やっと、見れた~!
道路に出てこようとしていたところに遭遇したのですが、カメラを構える頃には遠くに離れてしまいました。
ひとりで運転しているときに出てきたら、果たして私はどうするんだろう・・・。他のみんなは「あ、また出た」くらいの感じだったのがすごいなーと思いました。
私もそうなれる?うまく対処できるのかなぁ。

あ、昨日予告していた「飲んだ話」は明日、改めてm(_ _)m

えー、先ほどゴハンを炊いたのですが久々に焦がしてしまい、ちょっとブルーです。炊飯用の土鍋でゴハンを炊いているのですが先に作ったおかずに夢中で、ゴハンのことを忘れてしまいました_| ̄|○…ガックシ
実に優秀な換気扇のおかげで焦げた臭いにもまった気付かなかったんですよ。ああ、失敗。明日のお弁当は焦げくさいです。


さて、気を取り直して昨日の報告です。
昨日22日は教育委員会の清掃ボランティアに参加しました。
お掃除隊集合です!
白糠町立総合体育館前に集合してスタートです。
5,6名のチームになって町内のゴミを手分けして拾い集めます。
私は幼稚園チームとALTの皆さんと一緒に体育館周辺の清掃に参加です。
ALTのみなさん♪
ALTとは「Assistant Language Teacher」の略だそうで、幼稚園、小学校、中学校で外国語を教える先生たちのことです。いまは中国のユ・レイさんとアメリカのリー君とマイケル君が白糠町で頑張っています。

現在、uhbのU型テレビで木曜日のパーソナリティとして出演中のアイシスという女の子も昨年の夏まで、この白糠町でALTとして英語を教えていたんですよ。時々、英語の先生をしていたというお話も番組の中でしていますので、よかったらご覧ください。

で、話を戻しまして、清掃です。
ゴミ見っけ!
町内会の方たちも清掃活動を行っていることもあって、そんなに大きなゴミはありませんでしたが、タバコの吸殻がいたるところに落ちていました(>_<) 本当にマナーは守って欲しいですねー。
札幌ではマンションも多いため、町内会の制度自体があいまいになっていますが、白糠町ではしっかり活動しているなと感じます。もう何年も見ていなかった回覧板もあるそうです。

あ、また話が反れた?でもないか。
体育館周辺の清掃を終えた私たちは道路わきのゴミを拾いながら、次の集合場所に向かいました。
けっこう拾いましたよー。
そこにはトラックが待っていて、みんなで集めたゴミがけっこうな量になっていました。

ゴミの回収が済んだら、いよいよメインイベント(でいいのかな?)
焼肉パーティです!
久々のバーベキュー!
鳥じん、うまいっす!
たくさんの肉や魚、畑で採れたニラや行者ニンニクなど盛りだくさん!
地元の「とみやストアー」オリジナルの「鳥じん(鳥のジンギスカン)」がとても美味しかったです。これは道の駅「しらぬか恋問」でも販売されています♪

やっぱりたくさんの人たちと飲む昼間のビールは美味しいですね♪(ちゃんと仕事もしたしっ!)
盛り上がりましたー♪
たらふく食べてたらふく飲んで笑って、大いに盛り上がりました!私にとってはいろんな方と話ができる貴重で楽しい会でした。

と、ここまでは良かったのですが、ついつい美味しい日本酒まで飲んでしまった私は調子に乗って、うちのご近所のIKさん宅にまで上がりこみ2次会にまで参加しましたが、さすがに酔ってしまい家に戻ったらバタンキュー(古っ!)でした。
IKさん、ほんとにすみませんでした。可愛い奥さまが作るおつまみが美味しすぎてつい飲みすぎてしまいました。またお邪魔します(笑

いいタイトルのくせに結局飲んだって話になってしまいましたが、たぶん、明日もこんな話です(笑

うー、毎日いろいろなイベント(あんなことやこんなこと)があり、書きたいことが山ほどあるんですが追いつきません(-_-;)
ブログもういっこ増やそうかな(笑

白糠町では未来を担う子供たちに町についてのいろんな知識を学んで、郷土を大切にしてもらうための「ふるさと未来塾」を白糠町社会福祉センターで毎年開講しています。
年に5回の未来塾で、いろいろな体験学習ができます。ということで、この土曜日に第1回目が行われるということを知り、白糠町初心者の私も子供に混ざって参加させていただくことにしましたー。(見た目はオトナ、キモチはコドモ!コナン君とは逆ですのでお間違いなくw)

さて、開講式
SN3J0183.jpg
私もご挨拶させていただきました。

今回参加したのは、白糠小学校、庶路小学校、茶路小学校から集まった14名
SN3J0185.jpg
まずはフルーツバスケットで負けた人が自己紹介をするゲームで緊張をほぐします。私は子供たちのスピードに負けないように緊張しましたけ・・・。

そして午前の学習スタートです。
SN3J0188.jpg
地元食材でイタリアンをはじめとしたいろいろなお料理を作る「レストランはまなす」のオーナーシェフ谷口さんに習う調理実習です。三角巾とエプロン姿が可愛い。

今回作るのは白糠酪恵舎のチーズ2種を使った「じゃがいものニョッキ」と「カプレーゼ」
SN3J0191.jpg
ニョッキのソースはロビオーラというウォッシュチーズと生クリームで作ります。カビを洗いながら熟成させていくから「ウォッシュチーズ」というんですね。学習、学習。
SN3J0193.jpg
ゆでたじゃがいもを裏ごししているところ。なかなかの手際です。
SN3J0195.jpg
ゆでたニョッキをすくいあげてソースに入れています。
モッツァレラチーズと使ったカプレーゼも同時進行で作ります。

完成したのがこちら!
これ、ハマリます。
出来上がり~。
じゃがいもを少しゆですぎてしまったので、変形ニョッキとなりましたが、こんなふうにちぎって作ることもあるんだそうです。実際、ソースがよくからんでいてとっても美味しかったです。
ロビオーラのソースもすごく美味しくて、チーズが苦手と言っていた子たちも喜んで食べていました♪
SN3J0199.jpg
カプレーゼもオトナが好むものかなと思っていましたが、これも大評判でした。すっかり満腹になり、あと片付けをすませたら、午後の学習へ出発です。

午後のテーマは「旧白糠線めぐり」です。
SN3J0202.jpg
役場裏の線路跡をたどるところからスタートです。途中はバスに乗りながら、駅があったところをめぐって行きます。

1964年(昭和39年)に白糠~上茶路間で開業した白糠線は、炭坑のあった上茶路からの石炭輸送と森林開発を目的として運転されていました。
SN3J0207.jpg
これは上茶路駅のあと。ホームが形を残しているのはここだけです。

1972年(昭和47年)に上茶路から北進間が開業しました。もともとは足寄まで延伸の予定だったそうです。
しかし、1970年に炭坑が閉山となってしまったため、石炭輸送がなくなったため、旅客数も減り、足寄への延伸計画も中止、日本一営業係数の高い(100円稼ぐのに3077円かかる)赤字ローカル線となり、1983年(昭和58年)に廃止となってしまいました。日本で初めての廃止路線でした。
桜咲く道を歩いていきます。
北進駅のあった場所に向かっているところ。国道から歩いておりて行きます。
ここに駅があったのかぁ~。
白糠から8つの駅と1つの仮乗降場の33.1キロの路線あとをたどる学習もここが最後です。北進駅のあとにはもう何もありません。
出発前に列車が走っていたころのVTRも見せてもらっていたこともあり、とても感慨深いものがありました。

帰りのバスの中では今日の学習内容を含めた白糠町についてのふるさとクイズを解きながら福祉センターに戻り、第1回が終了となりました。
私にはとても勉強になった体験学習でしたが、子供たちの心には何が残ったのかなぁ・・・。学習を重ねることでもっともっと町を好きになってほしいですね。

次回は7月、楽しみです!


今日は懐かしいものを食べました。

お昼前に教員委員会の方から「今日のお昼は何か決まってるかい?」と声をかけられ、「月に1度の給食の試食会があるんだけど、参加しませんか?」と。

給食!!!なんてステキな響き☆☆☆

お断りする理由はありませんっ!2つ返事で参加させていただくことにしました。

お昼になり、向かった先はここ
SN3J0163.jpg
白糠町学校給食センターです。
町内の小中学校の給食をここで作っているそうです。

SN3J0170.jpg
試食会場はガラス張りになっていて、作業の様子が見られるようになっています。

そしていよいよ試食!
SN3J0164.jpg
きゃぁ~~~っ!懐かしいっ!!

今日のメニューは野沢菜ごはん、牛肉コロッケ、大根とひじきの炒め物、お味噌汁、そして牛乳です。
SN3J0167.jpg
教育委員会のみなさんと楽しく美味しくいただきました。毎日でも食べたいですねぇ♪

私がもうひとつうらやましいと思ったのが、これです。
これ欲しいっ♪
太陽の手、駒踊り、漁船などが描かれたお茶碗です。
プラスチック製の食器が環境ホルモンの影響で使えなくなったことから、こういったせとものの食器に変えたんだそうです。本当にいいなぁ。欲しい(笑

教員区委員会では月に1度、こうして試食し、子供たちが日頃どういうものを食べているのかを確認し、意見や要望などがあればセンターの方たちに伝えているそうです。給食費はちゃんとお支払いします。

もうひとつ、給食のメニューを見て思ったのは、どういった食材を使われているかは書かれていますが、アレルギーについてはそれほど書かれていなかったということです。というのは、札幌の甥っ子の給食メニューを見たときにアレルギーのもとになる食材について、驚くほど細かく書かれていた記憶があったからです。その時に「今はこんなにタイヘンなのかぁ」とちょっと悲しく思ったこともあったので、逆に今回はほっとしました。
もちろん、アレルギーを持った子供がいないわけではないと思いますが、少なくともあれもダメ、これもダメという状況ではないんだなと感じられました。

秋には町で収穫されたもので給食を作る「ふるさと給食週間」があるそうです。
すごい楽しみですねー。って、もちろん食べる気マンマンですよ!
そのときは子供たちと一緒に食べれたらいいなぁ。
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ