今年から大前産業さんに栽培していただいているしその苗を町内のみなさんに販売しました。

まずは苗の積み込みをします。
DSCF5383.jpg

DSCF5384_201607081310468ba.jpg
さすがプロの仕事は違うなと思うのは苗の大きさがきれいに揃っていること。

DSCF5387.jpg

DSCF5389.jpg

そして、いざ出発。午前は庶路・西庶路地区です。
DSCF5410_2016070813124721b.jpg

DSCF5408.jpg

DSCF5391.jpg

そして庶路小学校では実習用の苗の贈呈を行ないました。
DSCF5401.jpg

DSCF5405.jpg
この苗を育てて、調理実習で使うそうです。

午後からは白糠地区での販売を行い、合計で約500株が旅立ちました。

さて、鍛高譚に新しい商品が出来ているのはご存知でしたでしょうか?

こちら
S_DSCF3826_R.jpg
これまでの鍛高譚の5倍もの赤しそを使い、そのしそは全て白糠産という「鍛高譚R(アール)」

と、こちら
S_DSCF5449_L.jpg
鍛高譚Rにほんのりとした甘みと炭酸を加えた「鍛高譚Rスパークリング」です。

上の「鍛高譚R」の”R”は「レア」「リッチ」「ルビー」をあらわすそうです。この赤い色を見ると甘いのかなと想像しますが、飲んでビックリ!甘みはまったくありません。
鍛高譚をそのまま濃くしたような味と表現すればいいのでしょうか。

そして「鍛高譚Rスパークリング」は鍛高譚Rに甘みをプラスしてソーダで割った感じです。かなり軽い感じなので女性が飲みやすいと思います。
ちなみに私は女性じゃないので、ちょっと物足りない感じがします。これに「R」をすこし足したいかな?という感じです。
色もきれいで夏にはピッタリですね♪

現在、町内では道の駅「しらぬか恋問」の恋問館とコープさっぽろ白糠店で買うことができます。

ちなみにどちらも北海道先行発売ですが、全国発売は9月6日の予定です。
白糠100%の鍛高譚Rをぜひ宣伝してくださいね♪

数年ぶりにこちらに伺いました。
DSCF4024.jpg

DSCF4023_201605121128028c0.jpg
ベビーリーフの生産をしている大前産業さん。

2012年にべビーリーフでスタートしてから4年、今ではいろいろな野菜を作っていて、ハウスの中には野菜の苗がたくさん!
DSCF4020_201605121128015be.jpg

DSCF4019.jpg
直接、販売もしているそうです。

このビニールハウスをさらに進んでいくと、作業中の方が・・・
DSCF3992_20160512113603590.jpg

DSCF3993_20160512113605c0c.jpg

DSCF3994.jpg
すっごい細かい作業です。

DSCF3997.jpg
これをこうして・・・

DSCF4001.jpg

DSCF4003_20160512114102860.jpg
ここまでが一連の作業です。

おわかりでしょうか。

これ、しその種まき(播種)です。

こんな道具を使うのか・・・。

ひたすらバラまいてた私達と違う・・・・。

ということで、私もお試し。
DSCF4004.jpg
タネを移動させて・・・

DSCF4011_20160512113812bbf.jpg
小さな穴にひとつずつタネを入れる

DSCF4006_20160512113811c24.jpg
多く入ったところは刷毛で掻き出す

DSCF4012_20160512113813557.jpg
そして土の入ったトレーにセットして・・・

DSCF4014_20160512114055f8d.jpg
この穴からタネを落とす

DSCF4015_201605121140571c4.jpg
落ちていないのをチェックして落とす

DSCF4017.jpg
これで完成!

DSCF4018.jpg
名札もつけました^^

今年はしそ活動はなし!と思っていたはずが・・・

やっぱりタネをまいてしまったのでした。

栽培は大前産業さんにやっていただくのですが、
今年もしそレポートいたします。

秋もすっかり深まり・・・ってか、もう冬ですね。

ということで冬前の作業、今年もがんばってくれたシソのビニールハウスの片づけをしました。

森江建設さんの協力で撤去作業を行ないました。
DSCF2916.jpg
骨組みだけを残してビニールやドアなどを全て外します。

そして畑も・・・
DSCF2920.jpg

DSCF2921.jpg
刈り残していた株をすべて抜きます。私もこれを手伝ったのですが、根が張ってなかなか抜けないものもあり、すっかり汗だくになりました。

ビフォー
DSCF2918.jpg
アフター
DSCF2923.jpg
刈れていてもしっかりシソの香りがしていました。シソはすごいなぁ。

ところどころにシカのフンが落ちていて、足跡も・・・。
DSCF2922.jpg
チョッパーの足跡だったらいいのに(ワンピースネタです)

そしてハウスの作業も終わり・・・
S_DSCF2925.jpg

DSCF2931_201511190944015b9.jpg
ホネホネハウスになりました。

プロの仕事は速くて、小1時間で終了~。ほんとうに助かりました。

久しぶりに会ったお隣の黒牛さんたちも元気でした。
DSCF2934.jpg
しっかり見下ろされ・・・。

おもしろかったのがこれ。
DSCF2936_201511190944049a3.jpg
なんか、アタマを振ってるなぁと思ったら。。。

なんと、バラ線を使ってアタマを掻いてました(笑)
かゆかったのね。

ということで、今年もシソ作業もこれにて終了です。

みなさまお疲れ様でした。

9月に入り、忙しさのピークを迎えております。

休みなどありゃしない・・・。

5月から頑張ってきた(私はそうでもないけど)シソ作業もとうとう収穫時期を迎えました。

毎年恒例の搾汁液つくりです。

庶路の宮下町内会のみなさんと西庶路のみなさんにご協力いただいて今年も作業しました。

刈り取った株からの葉取り作業。
DSCF1902.jpg

DSCF1900.jpg

DSCF1901.jpg
総勢38名の皆さんで手早く葉取りをしていただきました。

そし作業場では洗い作業。
DSCF1904.jpg

DSCF1906_201509091519101e4.jpg
煮出す前にしっかりと洗って泥を落とします。

そして、それを煮出す。
KIMG0652.jpg
鍋いっぱいの赤しそです。

これを煮ると赤い色素が溶け出し、葉が緑に変わります。
DSCF1903_20150909151929148.jpg

さらに、これにクエン酸を入れると・・・
KIMG0654.jpg
鮮やかなピンク色に変わります。

そして、青しその場合は
KIMG0660.jpg
そのままの色ですが、

クエン酸を入れると・・・
KIMG0661.jpg

KIMG0662.jpg
葉の色が黄色くなっていきます。ふっしぎ~。

そうして出来上がった搾汁液

赤しそのクエン酸あり(左)とクエン酸なし(右)
KIMG0666.jpg

青しそのクエン酸なし(左)とクエン酸あり(右)
KIMG0665.jpg

これをですね、2日間でこんなにつくりました。
KIMG0664.jpg
4リットルのボトルに全部で80本ほど。

今年のシソ作業はこれでひと段落?か?ほんとにそうなのか?

ご協力いただいた皆様、今年も本当にありがとうございました。

白糠町内の庶路(しょろ)小学校4年生からの要請があり、「しそ」についての出前講座を行ないました。

今回の講師はこの方
DSCF1826.jpg
ジョン先生(笑)

事前に白糠の食についての勉強をしていたらしく、白糠の特産物は?と質問すると次々に答えていました。
DSCF1815.jpg

それを書き出したのがこちら。
DSCF1818_20150903140822426.jpg
白糠にはおいしいものがこんなにあるんです。

この中から「しそ」に注目し、今年はタネから植えて育てたということで、この授業につながったわけです。
DSCF1820.jpg

翌日には実際にしそをつかってジュースやゼリーを作るとのことでした。

こういった授業や実習を通して、もっともっと白糠を好きになってほしいですね。

私は見学&撮影係でしたが、教室の懐かしい雰囲気にしみじみしました。
DSCF1810.jpg

DSCF1811.jpg
地図記号なんてすっかり忘れてました。もう一度学校に通いたいなぁwww

ジョン先生は慣れない講師に大緊張だったようでした。お疲れ様でした。

プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ