白糠のこの時期は春サケ定置網でトキシラズが揚がります。

しかし、ここ数年、海流の変化なのか水温の上昇なのか、これまで白糠で揚がらなかった魚種がかかっています。

それがブリとマグロです。

特にブリはメインのトキシラズを超える水揚げだそうです。

白糠漁協さんの写真をお借りしました。
S_19667524_741699279325384_8111811169749721091_o.jpg

S_19780380_742670765894902_8373645784963870053_o.jpg

S_19693685_742670735894905_8290935684298735442_o.jpg
ブリだらけです!ブリは英語でYellow Tailというそうですが、まさに尾が黄色いですよね。

ただし、冬のブリと違って脂のノリが少ないため、高値にはならないそうです。

ということでお刺身を食べてみたのですが・・・
S_20139620_10208579188311941_8743617049030923692_n.jpg
冬のブリを想像して口に運ぶと、、、驚くほどさっぱりしています。脂の乗ったブリが苦手という人はこちらをオススメします。

そして、マグロ!白糠で揚がるのはクロマグロの幼魚(3歳以下)のメジマグロです。
S_19801024_10208577050458496_6296244904454734877_o.jpg
市場で見つけた白糠産メジマグロを買ってみました。

実は昨年も同じ時期にお刺身でいただきましたが・・・
S_20155719_10208577048218440_1227314052332023242_n.jpg
やっぱり美味しい!ほどよい赤身と脂の乗り加減が絶妙です!食べ飽きしない味!

これはお酒がすすんで仕方がない・・・

実はこの前後にも食べていまして・・・

「魚介とワインK」さんで白糠出身の今シェフの「まぐろのうに和え」
S_20228574_10208577045498372_156917253158327753_n.jpg
贅沢なメニューです。

「ガストーラ」さんで、「トーン バスケーズ(まぐろのバスク風)」
S_20156104_10208577045578374_5269536457599527727_n.jpg
さっと火を通したマグロに辛味のあるトマトソースと唐辛子が効いていました。

白糠産マグロ三昧で「海の日」を過ごしました。

地元のものを味わえる幸せ、これを超えるものはないだろうなとしみじみ思います。

ああ、幸せ♪

白糠の旬をいただく。

嬉しいことに、白糠では1年中、季節ごとに旬を味わえます。

これってすごく幸せなこと。

地元にいると当たり前?

いえいえ、最高の贅沢です。


白糠に来て初めて知った「ミルクラム」も年に一度の貴重な食材。

7年目となる今年もいただきました。

Farm Restaurant Cuoreでは、オープンして3年目の今シーズン、初めて「ミルクラムフェア」を行っています。

シェフ渾身のコースをご紹介します。
ミルクラムコース0

ミルクラムのタルタルの炙り 冷製カッペリーニ
ミルクラムコース1
タルタルの下に極細の冷たいパスタ。
「タルタルとパスタ?」と驚きましたが、食べてみると納得!さっぱりとしていて前菜にふさわしいひと皿でした。

自家製全粒粉のプチパン
ミルクラムコース2
ソースを残さずいただくのにこのパンが活躍します♪

ミルクラムのハギス 白糠産越冬ジャガイモのマッシュ 釧路の白カブとパプリカ
ミルクラムコース3
ハギスとは羊の胃袋に内臓をつめて茹でたスコットランドの伝統料理。
食べると、独特の食感と旨味に驚きます。
ずーーーっと食べていたい味。
スコットランドではウイスキーのお供になるのだとか、それも納得できる味です。

これだけでじゅうぶんメインになるお料理。絶対にまた食べたいひと品です!
「ハギスランチ」あったらいいなぁ。
(シェフ、お願いします!笑)

あ、ついつい力が入ってしました。

もとい。
次はこちら。

ミルクラムの脳みそと胸腺のムニエル 春菊のソース
ミルクラムコース4
こういうものを食べられる自分は大人になったんだなぁと感じたひと皿です。
2つの食感の違うムニエルと春菊の香り豊かなソースがぴったりで、思わずニヤニヤしてしまいました。

ミルクラムのトリッパと大根のブロード煮 白糠の山みつばと赤しそ
ミルクラムコース5
いろいろな内臓を大根とともにおいしいスープで煮込んだもの。優しい味です。
上にのった山みつばも美味しかったのですが、私としては赤しその新芽(スプラウト)に感動しました。
しっかりとしその香りがしていてスープととても合っていました。
お皿に添えられてるアリサ(唐辛子のペースト)を加えると、味がグッと変わります♪

ミルクラムと白糠産ホウレン草のラザニア 酪恵舎のモッツァレッラ
ミルクラムコース6
小さめのグラタン皿に作られたラザニア。
ひき肉とトマト、ほうれん草とモッツァレッラというこれ以上の相性がないほどの組み合わせでした。

そしてメイン。
ミルクラム(モモ、ラック、バラ)のアロスト 3種の塩と白糠産天然クレソン
ミルクラムコース7
実は肺とレバーのソテーものってます。
桜色のミルクラムが目にも美しいひと皿ですが・・・

これ、豪華過ぎはしませんか?シェフ。

最後は・・・
スイカのグラニータ 羊乳の塩ジェラートと共に
ミルクラムコース8
これはですね・・・塩の効いた羊乳ジェラートとスイカの味が合いすぎて、心の中でかなり叫んでました。
このジェラート、すごく贅沢なバターを食べているような感覚でした。

「スイカに塩をかけるイメージで発想しました」とシェフは言っていましたが、まさに。
いや、それ以上でした。

それにしても、私がスイカ食べたがってるの、なんでわかったんだろう(笑)


このコース、驚きの連続でした。
想像しないお料理が出てくるのって、本当に楽しいです。
「こんな食べ方もあるのかぁ」とワクワクします。

そしてそして、品数が多いのでけっこうなボリュームでした。
実はひとりで全部は食べきれず、大食家のだんなさんにかなり助けてもらいました。
女性の場合は、「少し少なめに」とお願いしておくといいかもしれませんね。

そのくらい満足する内容です。

こんなに近くでこんなにすごいお料理が食べられる。

ぜひぜひ地元の人にも味わって欲しいなぁ・・・・と切に願った夜でした。

あぁ~、またすぐにでも食べたい(笑)

このコースは完全予約制で、なくなり次第終了とのことですので、ぜひお早めに^^
18402881_837880089704683_942451796840131885_n.jpg
Farm Restaurant Cuore 01547-2-5030

やっと暖かくなって・・・きたような、こないような。

でも、確実にストーブをつける日は少なくなりました。(そんなレベルです)

さてさて、白糠でも春の旬のものが食べられる時期になりました!

まずはこちら!
18402881_837880089704683_942451796840131885_n.jpg
茶路めん羊牧場直営のFarm Restaurant Cuoreでは、この時期にしか食べられない貴重なミルクラムのコースが始まりました!

以下、CuoreのFaecbookページより
6月1日〜30日までの1ヶ月間、「ミルクラムフェア」を行います!
ミルクラムは生後2.5ヶ月〜3.5ヶ月の仔羊で、通常はママ羊のミルクのみで育った仔羊なのですが、茶路めん羊牧場では牧草や穀類も食べて育っております。
離乳前の仔羊は繊細な肉質で、淡いピンク色の綺麗な肉食と、かすかなミルキーな香りが特徴のこの時期限定の大変貴重なお肉です。
1度召し上がると忘れられない味となる仔羊かと思います。
ちなみにフランスではアニョー・ドレと呼ばれ、高級食材として扱われます。
Cuoreではこちらのミルクラムを余すことなく使った贅沢なコース料理を1ヶ月間提供致します。
お1人様¥10000(税別)で内容は
・アミューズ
・自家製パン
・前菜3品
・パスタ
・メイン
・ドルチェ
となっております。
前菜はとても貴重なミルクラムの内臓料理、メインのミルクラムのローストはなんと1人前200g‼︎
ドルチェは羊乳を使用したもので、オールミルクラムコースとなっております!
ミルクラムコースは完全予約制となっておりますのでご注意を。
1名様〜ご予約受付いたします!
ご予約は01547-2-5030まで!


18403668_838925216266837_3754500359369924379_n.jpg
そして、Farm Restaurant Cuoreは5月19日に発売となった「ミシュランガイド北海道2017特別版」で「良質な料理を手ごろな価格で食べられる」という評価の「ビブグルマン」を獲得しました!
オープン3年目にしての快挙!です!

これでますますたくさんの方が白糠に訪れることでしょう^^ 町のためにも本当に嬉しいことです。

そして、もうひとつ。

昨年から釧路の食材にスポットを当てて白糠酪恵舎が主催している「やっぱり釧路は美味しいぜ!!」のオヤジバージョンが6月23日(金)に釧路のANAクラウンプラザホテル18F「ビギンズ」で開催されます。
ana20170623.jpg


(↑画像をクリックすると拡大します)

「若手ばかりに任せておけん!」と井ノ口代表がプロデュースしたこの企画。
通常の企画よりちょっと豪華な内容となっております。
井ノ口代表がANAクラウンプラザホテルの楡金総料理長、茶路めん羊牧場の武藤さん、釧路フィッシュの平野さんとともに「おやじ」の力を結集して道東食材のフルコースディナーとトークで盛り上げます。
会費はフルコース・ワンドリンク付きで8,000円(税・サービス込み)
お申込窓口は以下の通りとなっております。
大人の方も、大人じゃないかもしれない方もぜひぜひご参加ください。

■申込(4つのいずれかでご予約ください)
 ANAクラウンプラザホテル TEL:0154-31-4111
 白糠酪恵舎   TEL:01547-2-5818
 茶路めん羊牧場 TEL:01547-2-4623
 釧路フィッシュ TEL:0154-57-5946
 申込締め切り 6月19日

毎年この時期に行なわれる白糠消費者協会の料理講習会に参加させていただきました。
DSCF6947.jpg

DSCF6949.jpg

今年は「北海道米消費拡大事業」に則り、北海道米料理講習会ということでお米を使ったお料理3品を学びました。

講師は町内の中国料理「海舟」の中西料理長です。
DSCF6954_20161104163515f8f.jpg

2年前に牛乳・乳製品をテーマにした講習会でも講師をつとめ、その時はこんなお料理を習いました。
料理の季節、季節の料理 ←クリックすると開きます。

今回はお米がテーマということでこの3品を作ります。
「白糠タコつぶステーキ丼」
「白糠産秋あじ イクラのせチャーハン」
「おこげときのこのスープ」

DSCF6961_20161104163517b04.jpg

ステーキ丼に使うタコとつぶを軽く焼きます。
DSCF6963.jpg

そして熱々の中華なべでチャーハンを作ります。
DSCF6967.jpg

DSCF6966.jpg

中華料理はスピードが命!ということで完成
S_14902884_10206735105051012_8551368581391362478_o.jpg

そしてスープはこちら
DSCF6970.jpg

中華スープにきのこの旨味を効かせます。
DSCF6972_20161104164503038.jpg

DSCF6971.jpg

このスープに入れるおこげを揚げます。
DSCF6976_201611041645058eb.jpg

DSCF6978_20161104164507753.jpg
揚げたてをそのまま食べても美味しかったです^^

そして、ステーキ丼のあんを完成させます。
DSCF6979_20161104164508d9f.jpg

片栗粉をダマにしないように注意するのがポイントです
DSCF6980_20161104164719f9d.jpg

ということで完成!
DSCF6982_20161104164721e0c.jpg

おこげは食べる直前にスープに入れます。
S_14918929_10206735104811006_8998347617993563697_o.jpg

S_14890607_10206735104290993_8004289324886769292_o.jpg

DSCF6984_20161104164722c5d.jpg
みなさんで話をしながら楽しくいただきました。

といってもお米ばかり3品ということでボリュームもすごい。半分だけ食べてあとはおみやげにという方が多かったです。

私はペロリとたいらげましたけど?なにか?

手早くおいしく出来るのが中華料理ですが、それもコツがわかっていないとうまく行きませんよね。

どうしたらチャーハンがパラパラになるのか、あんのとろみはどこまでつけばよいのか、ちょっとした細かいヒントがたくさん詰まった講習会でした。

私も忘れないうちに復習することにします。

10月24日、待ちに待った白糠ししゃも漁の解禁日でした。

太陽は出ていたのですが肌寒くピリピリと冷える日で、昼前くらいから風が強くなったため、早めに港に戻ったということで、通常は夕方に行なわれるせりが、この日は14時開始となりました。
KIMG6068.jpg

初せりを前に白糠だけでなく釧路市の水産会社のみなさんも集まり、初水上げのししゃもを吟味していました。
KIMG6067.jpg

KIMG6063.jpg

そしてい今シーズンのししゃもの初せりが始まりました。船団ごとに箱が分け、そこでせりをしていきます。
KIMG6080.jpg

高いほうから値を読み上げ、落札したいところで声を上げるという方式です。
KIMG6088.jpg

これから11月20日までの1ヶ月足らずで今年の分のししゃもをとるわけですからすごいことですよね。
台風の影響が心配されましたが、初日、2日目の水揚げはまずますで魚体も昨年と同じくらいとのことでした。

初物が私の口に入るのはいつか・・・。いつなんだろうか・・・。

さて、こちらは・・・
KIMG6064.jpg

KIMG6060.jpg
ししゃもといっしょに揚がった魚さんたち

KIMG6062.jpg
きゅうりやガンズがいますよ。わかるかな?

そしてこちらも
KIMG6075.jpg
ちかです!

白糠には「ししゃもよりちかが好き!」という人も多いので、侮れませんよ。これも食べたい!

今年もすでに「ししゃもはいつから?」という声をいただいているので、またししゃも発送作業が忙しくなりまそうです。

まずは市場調査から始めないと!ということで、今年もししゃも売りまくる所存です!!
プロフィール

Gab

Author:Gab
縁あって白糠町で働くことになり、
2011年5月に引っ越してきました。

白糠町、そして釧路管内の魅力をたくさんご紹介したいと思います。

※現在、ブログへのコメントは承認制とさせていただいておりますのでコメントの表示に少し時間がかかる場合があります。
どうかご了承下さい。

知らぬかった!カウント
合計カウント数
現在の閲覧者数    
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ